シンママ実業家👠オーガニック専門家🌴ayanoの呟き

\すべてのママをhappyに/「健康」と「お金」は幸せになるための2大条件。 経歴20年の起業コンサルタントとして、最先端オーガニックを学んだオーガニック専門家として、健康とお金を最短で手に入れる方法をお伝えします。

『Stop添加物』〜リン酸塩〜 え?この飽食の時代に栄養失調!?!?

 

私は基本サプリは取らない派ですが

 

自分が抱えている

 

心身の問題に必要な栄養素が

 

食事から充分に取れない場合は

 

補充的に摂取した方がいい時もある

 

という考えです。

 

加えて

 

震災以来、体が要するビタミンミネラルや

 

デトックスに必要な栄養素は

 

間違いなく増加傾向にあるので現代

 

サプリメントが必要な方がいることは

 

否定できないと感じてます。

 

 

 

そんな中でやはり1番の問題はこれ。

 

食べれば食べるほど

 

栄養失調に陥るという

 

現代の恐ろしい食糧事情です。

 

 

 

アナタの身体は大丈夫ですか?

 

 

 

<新型栄養失調>

 

新型栄養失調、聞いたことあります?

 

 

現代人が知らず知らずの内に

 

陥ってしまう状況であり

 

特に、恐ろしいほど

 

若い世代に多いといわれます。

 

 

 

 

私も、コンビニ食ばかりの若者や

 

ファーストフード

 

お腹を満たす子どもたちの

 

栄養失調については本当に

 

心配してましたが・・・

 

 

 

 

いったい何がどう悪いのか。

 

 

 

そもそも、こういった食事においては

 

栄養バランスの欠如によって

 

体調不良を引き起こすだけでなく

 

多くのアレルギーや慢性疾患

 

複雑にしていることも問題です。

 

 

 

さらには

 

集中力

思考力

判断力

記憶力

 

にも 大きく影響することが

 

懸念されます。

 

 

 

 

 

特に脳機能は

 

6歳までに80%が完成する

 

と言われているので

 

乳幼児期の摂取栄養素の大切さは

 

本当に重要です。

 

 

もちろん知能指数だって変わってくるだろうから

教育ママたちは特に注目すべきテーマだと思います。

有名進学塾に通わせたり、いい家庭教師をつけたり

そんなことより大事なのはこっちですね。

 

 

 

 

 

<お母さん休め、母危篤>

 

ちなみに

 

子どもたちが大好きなメニューというのは

 

残念ながら

 

子どもたちの脳の発達にも心身の健康にも

 

よくないものが多いと言われます。

 

 

 

オカアサンヤスメ 

ハハキトク

 

ネーミングに若干の

 

悪意を感じてしまいますが・・・。

 

 

確かにこれらのメニューって

 

どの家庭でもよく出てくるものですね。

 

しかも

 

有名な「孫は優しい」とは

 

全く違った食事ともいえます。

 

 

 

 

ただ、これも一概には言えないわけで

 

「キトクメニュー(短縮しちゃいます)」でも

 

無添加無農薬の野菜と

 

餌や飼育状況に気を配った新鮮なお肉で

 

バランスも考えながら

 

本物の調味料を使って作れば

(ニセモノ調味料に関してこちら↓)

 

sagittarius-leo.hateblo.jp



 

 

 

栄養たっぷりの

 

素晴らしい食事になり得るし

 

 

「ヤサシイメニュー(こちらも短縮)」でも

 

農薬たっぷり、放射能まみれ

 

汚染された環境で育った野菜や魚であれば

 

身体にはマイナスに働くわけで。。。

 

 

 

なのでここでは一般的な調理方法と

スーパーに安価で並ぶお手軽食材を使った例として

お話をします。

 

 

 

とまあ

 

「キトクメニュー」はおすすめできません

 

とお伝えするわけですが

 

よくない、とはいうものの、それでも

 

「キトクメニュー」を作ったほうが

 

まだマシと思えるのが

 

コンビニ食&ファーストフード

 

です。

 

 

 

 

 

<コンビニ食の実態>

 

「コンビニフードの何がダメなわけ??」

 

っていう人は一度

 

この本を読むことをオススメします。

 

 

カンタンに言うと

 

コンビニ弁当の問題点は

 

栄養などないゴミ弁当だってこと。

 

つまり

 

有害物質の宝庫

 

だと思ってもらえばいいかと。

 

 

 

コンビニ弁当ってのは

 

栄養素が大幅に欠如しているだけでなく

 

少量の栄養さえも吸収が阻害されるという

 

ラクが潜んでいます。

 

 

 

 

そのからくりの正体とは

 

添加物として使用されている

 

リン酸塩です。

 

 

リン酸塩は単体では

 

毒性はないとされています。

 

 

でも実際、体内で大量に存在すると

 

食品中の他のミネラルと結びついて

骨密度の低下

腎臓疾患

治療力・免疫力低下

精神異常 など

健康への悪影響を及ぼす

 

といわれています。

 

 

 

<表示のカラクリ>

 

で、このリン酸塩は食品表示上で

 

どのように表現されているかというと

 

pH調整剤です。

 

 

他にも 

 

「膨張剤」

「乳化剤」

「かんすい」

イーストフード」

「メタリン酸Na」

 

 なんていうものもあります。

 

 

 

菓子パンなんかだと

 

4重使用のものなんかもあるようです。

 

今度コンビニに行ったらぜひ

 

チェックしてみてください。

 

 

 

さらに、化粧品なんかでも同様ですが 

 

何かの加工に使った場合は

 

その記載表示を免れるという

 

キャリーオーバーというカラクリが

 

適応されていることもお忘れなく。

 

※カラクリについてはこちらに記載あります。

 

sagittarius-leo.hateblo.jp

 

 

 

 

 

例えば、魚肉のすり身に添加される

 

リン酸塩なんかは

 

表記しなくていいんです。

 

すり身には骨抜きにした魚の身を

 

くっつける糊として

 

加工品が使われるんですがここに

 

ピロリン酸ナトリウムっていう名前の

 

リン酸塩が混入されてます。

 

 

 

 

饅頭なんかも原材料のところに

 

小豆って書いてあればいいですが

 

小豆餡 って書いてあると

 

この

 

リン酸塩が隠れていることが。。。

 

 

 

 

 

 

 

<危険な食べ物だらけ>

 

私は缶詰や瓶詰め、レトルトなど

 

保存のきくものは極力避けてますが

 

これ以外にもさらに深く知っていくと 

 

世の中NGな食べ物ばかりだなー・・・って

 

悲しくなります。

 

 

 

そうそう、みなさんの中に

 

市販のお弁当に入っている肉は

 

どうしていつまでも柔らかいんだろう

 

って

 

疑問に感じた方いませんか??

 

「お店の人の腕がいいからでしょ」って

 

昔私は思ってました(笑)

 

んなわけないですよね。

 

 

理由はカンタン。

 

加工の過程において

 

精製油脂やら化学調味料

 

肉に注射しているから・・・

 

 

あの嫌な感じの食感には

 

があるんですね。

(私は感じるんです・・・異様な舌の感触

 

あ〜なるほどねって感じです。

 

 

さらに・・・

 

 

市販のお弁当に使っている油脂は

 

実は恐ろしい代物です。

 

 

 

何度揚げても色が変わらず長持ち、とか

 

シリコーン添加で泡立ちがないとか

 

高度に精製してありますとか。

この意味を考えてくださいね。

 

一般的な外食産業で使用する一斗缶入りの食用油には
ほとんどシリコーンが入っています。
 
これが入っていると例え油の中に水を落としても
油跳ねがありません。
それほど表面を覆う力が強くそのお陰で
大量の揚げ物を投入しても静かな油面を保ちます。

(フライヤーから油が溢れない)

シリコーンがなぜ問題なのかと言うと
この物質自体が元々身体に合わなかったり
食べ過ぎた場合

胃や体調の不調を訴えたりするからです。

外食で揚げ物を食べて調子が悪くなったりするのは
酸化した油を使用されていた可能性もありますが

シリコーンが原因である可能性も否定できません。
安全性については検査機関によってまちまちです。

シリコーンはジメチルポリシロキサンとも言い 
治療薬や検査薬にも使用されています。
腸にガスがたまるような時に処方されたり
胃の検査等々に使用されます。
実際にそれらを摂取して具合が悪くなる人がいる訳で
積極的に摂るような物ではないと私は思います。

またシリコーン入りオイルを体内へ入れた時と
通常のオイルを体内へ入れた時では 
実際に身体の反応が違うケースが多々あるとの
報告もあります。

少量の油へ微量に添加しているだけでも
強力に泡立ちを押さえる効果があるのに
身体に対してまったく影響がないなんて
そう考える方が
不自然です。

 

 

ま、そんなこと以前に

食材の栄養素のほとんどが溶け出してしまって 

食品に残っていないという事実もありますが・・・。

 

 

 

こんな食事を頻繁に続けてたら、そりゃ

 

栄養失調にならないわけがありません。

 

しかも、こういったものに使われる油は

 

もれなく

 

トランス脂肪酸バリバリでもあるので

 

sagittarius-leo.hateblo.jp




当然

 

慢性疾患慢性の炎症症状や

 

もちろんアトピー症状にも

 

よい影響があるわけありません。

 

 

つまり、決してこういった

 

ジャンクフードたちを

 

毎日の食事の基本には

 

しないでください。

 

そんなことしてたら

 

健康ではいられません

 

間違いなくね。

 

 

 

 

 

<食材の栄養素>

 

よく

 

「現代の野菜は昔に比べて

 栄養価が低い」

 

と言われます。

 

これに関しては

 

色々な意見があるようですが

 

これも私は一概には言えない

 

と思ってます。

 

 

 

 

栄養価については下のようなグラフを

 

目にすることがあると思うんですが。

 

 

野菜に入っているミネラルやビタミンって

 

確かに昔に比べて

 

半分以下のものばかりです。

 

 

 

 

でも、ちょっとストップ。

 

こちらの流通グラフ、見てください。

(ちょっと古いですがご勘弁を)

 

(ネットより)

 

昔(1968年)の流通では

 

夏が劇的に落ち込んでます。

 

でも現代(1998年)では年中横ばいです。

 

 

 

つまり、ここで何が分かるかというと

 

昔は野菜は

 

旬の時期しか流通していないのに対して

 

現代はビニルハウスや技術の進歩で

 

年中いつでも流通してるってこと。

 

 

 

これこそがポイントです。

 

つまり

 

旬の時期なら今でも

栄養素は高い

 

ってこと。

 

 

 

年間で平均値をとるから

 

数値が落ちてしまうだけであって

 

今でも旬の野菜の栄養素含有率は

 

50年前と比べても

 

1割減くらいに留まるそうです。

 

 

 

だから

 

旬のものを食べましょう

 

なんです。

 

 

 

 

 

ここで1つ気がかりなことがあります。

 

日本の土壌問題、つまり

 

野菜でもなんでも、

 

放射能の問題がつきまとう

 

という現実です。

 

sagittarius-leo.hateblo.jp



 

なので、こういった放射能

 

デトックスのことにも配慮して

 

玄米を筆頭に

 

塩・味噌・醤油などの調味料には

 

十分気を配りたいな、と思います。

 

 

sagittarius-leo.hateblo.jp


 

 

実は、スーパーに並んでいる

 

大量生産の調味料は

 

コンビニフードと

同じような代物

 

です。

 

 

 

 

パッケージの内容成分を見て

 

ごちゃごちゃとたくさん

 

聞きなれないカタカナ文字が

 

並んでいるようなものは要注意。

 

 

 

例えば

 

本物の塩っていうのはただの海塩だし

 

味噌も醤油も

 

シンプルな原材料からできてます。

 

さらに材料がどれも

 

オーガニックだと素敵ですね。

 

 

 

ちなみに私は

 

味噌は2年以上熟成のもの

 

を選んでいます。(手作りもしてます)

 

 

醤油の原料によく使われている

 

「脱脂加工大豆」

 

にも注意してください。

 

 

 

これ、添加物たっぷりの黒い液体で

 

体内のミネラルやらビタミンを

 

無駄に消費してしまいます。

 

 

 

 

 

 

というわけで

 

新型栄養失調

 

に陥りやすい飽食の現代

 

多くの人が抱える不快な症状の多くが

 

手軽なコンビニフードや

 

ジャンクフードによる

 

ミネラルビタミンなどの必要栄養素の欠乏で

 

起こっているということ。

 

 

そして

 

 

その改善をはかるには

 

すぐさまサプリではなく

 

まずは毎日の食から改善していく。

 

ここを意識してください。

 

 

そのバックアップとして

 

調味料に意識を向けると

 

効率的だと思います。

 

 

 

 

 

旬の食材で作った食事

 

 

本物の調味料の使用

 (↑食材の放射線危険度を引き下げてくれます)

 

 

 

 

 

ここまでを実践した上で

 

それでも足りない場合初めて

 

サプリメントの必要性

 

を考えればいいと思います。

 

 

 

新型コロナの感染者数が増え続け

(これはPCR検査自体の問題点もあり

 本当に感染者数が増えていると私は思ってません)

 

5Gやケムトレイルなど

 

化学物質に汚染されまくりの現代

 

これまで以上に食事には

 

意識を向ける必要があります。

 

 

 

夏休みとなるとお母さんたちの

 

負担が増えることも理解できます。

 

でも、子どもにお金だけ渡して

 

「コンビニでなんでも買ってね〜」

 

というのを毎日続けるのはやめてほしい

 

・・・です。

 

 

 

免疫力が大事な今だからこそ

 

お母さんのが必要とされてます。

 

お母さんの素手でにぎった

 

塩おにぎりでかまいません。

 

そこに梅干しがあれば最高(笑)

 

 

そのひと手間が、間違いなく

 

子どもたちの未来を救います。

 

 

 

 

 

 

 

合掌お願い

 

 

 

 
キラキラ人気記事キラキラ

①位 

sagittarius-leo.hateblo.jp

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

アナタの周りには
「地球にも人にも動物にも優しい」
そんなアイテムが溢れてますか?

真の健康美に必要なのは
真のオーガニックの力です。

人の為だけではありません。

オーガニックの素晴らしさ、それは
関わる生命全てが幸せでいられる
ということ。

organicを日常に!

アイテム紹介blog

organicアイテムshop

 

 

身体本来の機能を呼び戻すには・・・

 

これまで取り入れ貯めてきた

 

有害物質を排出(デトックス)すること

 

です。

 

 

そして、

 

これから体に入れるものの選別が

 

重要になります。

 

健康美を手に入れる

 

自然環境を守る

 

動物愛護に協力する

 

児童労働問題を解決する

 

収入を得る

 

 

 

これら全てを叶えてくれるのが

 

オーガニック。

 

 

関わる生命すべてが幸せになれる

 

オーガニックビジネス

 

期間限定無料セミナーで公開します。

セミナーはこちら