シンママ実業家👠オーガニック専門家🌴ayanoの呟き

\すべてのママをhappyに/「健康」と「お金」は幸せになるための2大条件。 経歴20年の起業コンサルタントとして、最先端オーガニックを学んだオーガニック専門家として、健康とお金を最短で手に入れる方法をお伝えします。

歯も自分で治す■歯磨きも歯医者も虫歯を防げません

薬は体に悪い。

 

だからなるべく病院には行かず

 

自然治癒力で治してます。

 

そういう人が私の周りでも

 

少しずつ増えてきました。

 

だけどそういう人に限って

 

デンタルグッズを買い漁ってたり

 

 

「歯だけはね」と

 

月に1回のお掃除だとか

 

予防のために定期検診をとか

 

真面目に歯医者に

 

通ってたりするんです。

 

 

 

ん?

 

歯も身体の一部ですよね。

 

自然治癒力

 

働きますよね。

 

歯だけは自分で治せない?

 

 

 

その「歯だけは特別」というか

 

木を見て森を見ず」の考え方が

 

どんどんと歯をダメにしていること

 

全身に悪影響を及ぼしていることに

 

気付いてほしいと思います。

 

 

実は私も子どもの頃から

 

虫歯にならないためには

・毎食後丁寧に時間をかけて歯磨きしなきゃ

・それでも虫歯になってしまったら

 すぐに歯医者に行って治してもらわなきゃ

・虫歯がなくても定期的に検診を受けなきゃ

と思って(思い込まされて)きました。

 

そして、虫歯は削って銀歯を詰めて

何年か経てばその銀歯は取れるけど

そりゃ毎日使うんだから

取れても仕方ないし

詰め直す時はまたさらに削り直して

きれいにした方がいいんだろう

なんて。

 

歯医者に言われるがまま

治療を受け続けてきました。

歯医者とは一生つきあっていくもの

それが普通だと思って

(思わされて)きました。

 

 

実はこれこそ

 

洗脳でした。

 

 

 

「歯磨きしてるのになんで

 虫歯になるんだろう。」

(そういう体質だから仕方ないのかな)

 

 

そう思ったことありません?

 

 

 

実は長年抱いてきたこの疑問

 

その答えが私なりに見えてきてます。




<木を見て森を見ず>


 

テレビでは


「食後の歯みがきで虫歯知らず」
フッ素で虫歯予防」
デンタルリンス歯周病菌撃退」
デンタルフロスを使おう」など


挙げればキリがないくらい
虫歯予防に関するコマーシャルを
目にします。




まずですね、そもそも


これらが本当に効果があるなら


虫歯や歯周病になる人が

 

こんなに多いはずありません。

そして

・虫歯に気付いたらすぐに

 受診しましょう。

 

・なにもなくても予防のために

 検診を受けましょう

という歯科業界からの

 

プロパガンダ


私は声を大にして言いたい。


「歯医者に1年365日毎日通っても

 せっせと検診を受けても

 虫歯も歯周病も予防できません



 

これ聞いて少しでも

 

疑問や抵抗感があれば


アナタは確実に

 

洗脳されてます。



でもそれも仕方ない。

かつて学校教育に組み込まれた


3・3・3運動。

「食後分以内に分間、1日回磨こう」という運動。

 

 

結果日本は世界に冠たる

 

“歯磨き大国”になったといわれます。
 

学校教育はいつも

洗脳の片棒を担ぐんです(泣)

 

 

ところで平成28年の歯科疾患実態調査に

 

「8020」達成者が過去最高の

  50%を超えた

 

とあります。

 

 

”80歳でも自分の歯が

 20本以上残っている”

 

これ自体は素敵なことなので

 

きっと歯科業界としては

 

予防歯科」の成果なんだって


言いたいんだろうけど・・・



これこそ「木を見て森を見ず」。

 

 

 

口腔内の健康が

 

全身の健康につながる

 

ということは

 

日本歯科医師会や日本口腔保健協会も

 

訴えているわけですが

 

 

ならば8020達成者の増加は

 

全身の健康を手に入れている人の増加

 

となるはずですよね。

 


ところが、みなさんご存知の通り


日本国民の病気は年々増加し


複雑化の一途を辿っています。

 

高齢者は寝たきりで介護されて

 

亡くなっていくのが当たり前・・・

 

そんな世の中です。

 



何を言いたいかといえば


今行われている予防歯科


全身の健康には


それほど効果的ではないのでは?


ってことです。




確かに


「口は全身を映す鏡」です。


だからといって

 

鏡だけをいくら綺麗にしても
鏡に映っている物自体は

綺麗になりません。

アプローチの仕方がおかしい。


 

 

ほとんどの歯医者は

 

木の枝や葉をよく見ます。


いやむしろ

 

そこしか見ていません。


葉が変色し枯れてきたら
色を塗ったり
その部分をちょん切って
人工の葉をつけたり
枝が折れればバッサリ切って

添え木をしたり。

とにかく人工物を使って
元の状態を「再現」します。

その見せかけの治療で

真の問題解決になるのか。


木の葉が枯れたり


枝が折れるのは

 

葉や枝に問題があるからだ

 

と考えるのは浅はかです。

 



まずはその木が


どんな空気の中で

 

どんな水や土壌で育ち


どんな栄養分が

 

過不足しているのか


また


どんな森にある

 

どんな木なのかを


知る必要があるはずです。



歯だけまたは歯茎だけをみて


その場しのぎの処置をしても


真の健康にはつながらない。

 

 

 

 

そう思いません?




<虫歯の原因>

 

 

そもそも虫歯になるのはなぜか?

 

ここを履き違えているから

(間違った情報に洗脳されてるから)

 

おかしな行動に出ちゃうんですよね。

 

おかしな行動とは

毎食後念入りに歯磨きしたり
デンタルグッズ買い揃えたり

予防のためとかいって
歯医者に定期的に通ったり

ちょっと不具合が出たら

すぐ歯医者に駆け込んだり

などなど・・・です。

 

 

 

歯磨きすればするほど

 

歯医者にかかればかかるほど

 

虫歯や歯周病が増える!?

 

 

実はこれが

 

真実かもしれないって・・・

 

考えたことありますか?

 

 

ジョセフ・フィリップスというアメリカの歯学博士は言います。

「西欧諸国では全成人の90%がある種の歯周病に罹患している。

 一般的にはブラッシングとフロッシングが推奨されるが

 私は市販のうがい薬、特にアルコールを含むものを

 使用することはお勧めできない。

 水銀充填と歯肉手術につながる問題がある。

 もしブラッシングとフロッシングが本当に有効なら

 歯医者を訪問する患者がこれほど多いはずがない。」

参考資料

 

 

さらに日本でも志村則夫氏が

(元東京医科歯科大学助教授・歯学博士)

 

「食べたら磨く」は間違いだと

 

異議を唱えています。

 

 

彼曰く歯みがきは

 

1日1回が健康的」だそう。

 

巷で推奨されている

 

「1日3回や5回の歯磨き」は

 

逆効果ってことです。

 

 

しかも昨今の予防歯科においては

 

フッ素導入を進めています。残念ながら

 

これでは虫歯や歯周病

 

減ることはありません。

 

(フッ素は虫歯だけでなく

 癌や脳機能障害、甲状腺機能障害など

 あらゆる病気をも引き起こします)

sagittarius-leo.hateblo.jp

 

ちなみに・・・

 

日本で初めて歯医者となったのは

アメリカ人であり(イーストレーキ)

彼が日本人に歯科医学を教えたとされてますが。

 

彼はフリーメイソンであり

(こういう話嫌いな人はとばしてね)

 

日本人の歯をボロボロにするために

悪質極まりない歯科医学を教えた

という見方もあるようです。

 

 

 

そもそも歯は虫歯になっても

 

削りさえしなければ

 

自動修復できるんです・・・。

 

歯を削って詰め物をしてしまうからこそ

 

虫歯は治らず、最終的には

 

抜け落ちてしまうわけで。

 

歯並びですら自分で

 

変えられます。

 

 

 

もう気付いてきましたか?


リピーターを増やし続ける


歯科ビジネスが

 

今の歯科医療(予防歯科)には

 

隠されているってこと。

 

 

そういえば

野生動物や先住民族

一切歯磨きをしなくても

歯周病になりませんよね。

 

私は歯磨きは歯周病の予防とは

関係ないと思ってます。

 

 

そして歯磨き粉ですが、これは

 

基本的には使わない方がいいと思います。

(私は塩か水しか使いません)

 

でもこれまでしっかり

 

歯磨き粉を使うことが

 

デフォルトになってる人に

 

いきなり使うなというのは

 

難しいと思うので・・・

 

使う場合には必ず内容成分を

 

確認してほしいと思います。

 

 

決して抗菌剤やフッ素

 

ラウリル硫酸ナトリウム

 

入っているものは

 

使わないでください。

 

 

歯ぐきの粘膜に炎症を起こし

 

かえって歯周病の原因となります。

 

 

 

歯磨きはなるべく簡単に

 

長い時間やらないこと。

 

せいぜい2分程度、そして

 

1日1回で充分。

 

 

 

衝撃を受けるかもしれませんが

 

世間で推奨される歯磨きは

 

虫歯や歯周病の予防効果が

 

期待できないどころか、むしろ

 

害になり得るものです。

 

 

あなたの洗脳

 

解けてきてますか?

 

 

 

 

<虫歯も食事から>

1938年に出版された
W.A.プライス博士の著書には

食生活と口腔内環境の密接な関わりが

記されています。

 

 

 

プライス博士が訪ねた

スイスの高原地帯の現地人の

口腔内と顎、顔つきの調査では

外界から隔絶して

古くからの伝統食を守っている集団と

近代化して自動車道も開通し

精白小麦粉で作られたパンなどの

多くの文明食に接してきた集団とを比較したところ

 

伝統食の集団の虫歯の罹患率

ゼロか極端に少なく

文明食に依存していった集団の

顎は細くなり歯もぼろぼろとなり

身体的にも全身健康への欠陥が

如実に現れていたとのこと。

 

 

これはまさに現代の

 

食生活の狂った日本人の姿を

 

予言してくれていると思います。







<身体は繋がってる>

虫歯ができたら・・

歯茎が腫れたら・・・


それはあなたの免疫が


異常事態だというサインです。

 

決して歯や歯茎だけに

 

問題があるのではありません。


 

例えば歯茎に炎症がある場合
その炎症は歯茎だけのはずはなく
全身のどこかにも必ず

炎症が起きています。

それは肝臓かもしれないし
腎臓かもしれません
血管かもしれません。




対処療法で歯だけを削り

 

詰め物をして

 

治った気になってたんじゃ

 

すぐに再発します。

 

炎症が起きている場所だけ見て

 

炎症を抑えることだけに

 

躍起になるのではなく

 

身体全体を観察し

状態を整える

 

必要があります。



例えば炎症が起きる身体は必ず


食事に問題があるはずなので


虫歯予防のためには

 

食事を改善するのがまず基本




さらには

 

虫歯で痛いのなら

 

動くな

食うな

寝ろ

 

です(笑)

 

 

 

痛い=治癒反応です。

 

薬で止めるなんて

 

もったいない!!

 

こちらで詳しく書いてます↓

sagittarius-leo.hateblo.jp

 

 

確かに


急性的な症状を

 

一時的に抑えることは


歯医者の仕事かもしれないし

 

それが必要な場面もあるでしょう。

 

でもそれってあくまで

 

症状を無理やり抑え込んだだけ

 

 

 

虫歯を削って詰めて

 

「虫歯を治した」と思ってる人は

 

大間違い

 

大きな勘違いです。

 

 

 


歯だろうが

 

臓器だろうが

 

皮膚だろうが・・・

 

最終的に「治す」のは


自分です。

 

自らの自然治癒力のみ。



虫歯や歯周病になったら


それはまず


「免疫異常」であり
「栄養異常」であり

生活習慣病」であることを

 

意識してください。

 

「歯医者予約しなきゃ」

 

じゃないんですよ(笑)

 

 

 

もちろん!

 

ストレスも虫歯を作ります。

 

いつもイライラしたり

 

イヤなことを我慢ばっかりして

 

窮屈な生き方してると

 

虫歯になります。

 

心の状態も虫歯と関係してますから。

(上述した志村則夫氏の素敵な動画もシェアします)

 

 

 

 

 

<全ての症状がメッセージ>
 

虫歯になったから削る。

胃が不調だから胃薬を飲む。

頭が痛いから鎮痛剤で抑える。

 

それがいかに浅はかな行動か

 

まずはそこに気づくことです。

 

 

私たちの身体は

 

びっくりするくらい

 

お利口で優秀です。

 

 

身体のどこに

 

どのような症状が出たか

 

しっかり意識してください。

 

そこには完璧なまでに用意された

 

メッセージが隠されています。

 

すべての症状は

 

あなたの身体があなたに

 

大切なことを伝えようとして

 

起きています。

 

 

 

 

「食べないで」かもしれない。

 

「がんばらないで」かもしれない。

 

「もっとたっぷり寝て」

 かもしれない。

 

「もっと笑って楽しんで」

 かもしれない。

 

 

 

 

そんな身体からのメッセージを

 

ちゃんと受け取れるようになること

 

それが

 

健康への近道だと思います。

 

 


で、最も大切なことはこれ!

 

あなたの身体は

 

頭のてっぺんから

 

足の先まですべて

 

あなた自身で治せます

 

むしろ

 

あなたにしか治せません

 

ってこと。

 

そして真の医者とは

その治そうとするあなたの

サポートに徹する者のことを指します。

 

 

 

 

 

 

では最後に・・

 

 

 

多くの方の意識から

 

排除されてしまっている

 

超超大切なポイントを

 

確認したいんですが・・・


そもそも

 

人間の身体は
病気になるように

できてません。

 

 

自然に沿った

 

身体(魂)が望む通りの生き方をしてれば

 

病気に(虫歯にも歯周病にも)

 

ならないんです。

 

 

つまりね・・・

 

 

 

歯磨きをしないから

 

虫歯になるのでも

 

歯医者でケアしないから

 

歯周病になるのでも

 

ありません。

 

 

 

すべては自分次第。

 

病気を作る(虫歯になる)のも自分。

 

病気を治す(虫歯を治す)のも自分。

 

だから・・・

 

アナタが信じるべきはアナタ自身で

 

アナタが頼るべきもアナタ自身です。

 

 

 

忘れないでくださいね。

 

 

 

 

 

合掌お願い
 
 
 
 
手裏剣人気記事手裏剣

①位 

sagittarius-leo.hateblo.jp

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

アナタの周りには
「地球にも人にも動物にも優しい」
そんなアイテムが溢れてますか?

真の健康美に必要なのは
真のオーガニックの力です。

人の為だけではありません。

オーガニックの素晴らしさ、それは
関わる生命全てが幸せでいられる
ということ。

organicを日常に!

アイテム紹介blog

organicアイテムshop

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

私たち1人1人の力は小さいけれど

 

地球の未来に貢献する方法があります!!

 

それがオーガニックです。

 

 

健康美を手に入れる

 

自然環境・地球を守る

 

動物愛護に協力する

 

児童労働問題を解決する

 

収入を得る

 

 

 

これら全てを叶えてくれるのが

 

オーガニック。

 

 

関わる生命すべてが幸せになれる

 

オーガニックビジネス

 

期間限定無料セミナーで公開します。

セミナーはこちら