シンママ実業家👠オーガニック専門家🌴ayanoの呟き

\すべてのママをhappyに/「健康」と「お金」は幸せになるための2大条件。 経歴20年の起業コンサルタントとして、最先端オーガニックを学んだオーガニック専門家として、健康とお金を最短で手に入れる方法をお伝えします。

「人間の体は機械であり生命力などない」〜現代医療を信じるあなたへ〜

 

私は定期的に

 

牛乳の有害性についての講演を

 

させていただいてますが

 

先日ある幼稚園で

 

保護者の方もいらっしゃったので

 

いい機会だと思って

 

園児たちに

 

こんな質問をしてみました。

 

 

 

風邪をひいたり

ケガをしたりしたら

どうする〜?

 
 
 
 
 
 

そしたらほぼ全員が

 

「病院に行く〜」

「お薬を飲む〜」

 

と答えました。

 

 

 

見事な洗脳だ!

 

と感心しました。

 

 

 

 

中に2人だけ

 

「寝る!」

 

と答えてくれた子がいて

 

私はすっごく嬉しかったんですが

 

周りの子どもたちに

 

「え〜お医者さんに行かないと

 治らないよ〜」

 

と言われてました。

 

 

 

 

ざ、残念すぎる・・・

 

 

 

 

 

これこそが同調圧力・・・

 

 

大人社会で起きていることは

 

しっかりと

 

子ども社会にも反映されてるな

 

と痛感しました。

 

この後非難は覚悟で

 

「薬は風邪もケガも治さないよ」

 

という話をしましたが・・・

 

牛乳についての有害性は

 

理解してもらえても

 

まだまだ

 

現代医療を信じている方は多く

 

一部の保護者の方から

 

激しい反感を買ったことは

 

言うまでもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

<医学の父、ヒポクラテスの格言>

 

 

人は自然から遠ざかるほど

 病気に近づく

 

病気は食事療法と運動によって

 治療できる

 

食べ物で治せない病気は

 医者でも治せない

 

人間は誰でも体の中に

 百人の名医を持っている

 

私たちの内にある自然治癒力こそ

 真に病を治すものである

 

健全なる体を心掛ける者は

 完全なる排泄を心掛けねばならない

 

 

に起きる事はすべてに影響し

 に起きる事もまたに影響する

 

食べ物について知らない人が

 どうして人の病気について理解できようか

 

患者に発熱するチャンスを与えよ

 そうすればどんな病気でも治してみせる

 

人間がありのままの自然体

 自然の中で生活をすれば

 120歳まで生きられる

 

病気は人間が自らの力をもって

 自然に治すものであり

 医者はこれを手助けするものである

 

 

 

何よりも、人間が生まれながらに持つ

 

自然治癒力を重要視する

 

まさに現代医学(西洋医学)に逆行する

 

人本位の素晴らしい言葉たちです。

 

これらは

 

現代人の健康に対する考え方を変え

 

本来の自分らしい

 

生き方を取り戻すために

 

必要不可欠な考え方だと思います。

 

 

一度よーく考えてみてください。

 

 

 

 

実はすべての病気を治しているのは

 

薬でも医者でも

病院でもありません

 

あなた自身(の自然治癒力)です。

 

 

 

 

あなたは風邪をひいたとき

 

薬を飲んでるかもしれない。

 

 

 

骨折すればギプスをしたり

 

湿布を使ったりしてるかもしれない。

 

 

 

 

でも!

 

 

 

 

薬が

 

風邪を治しているのでしょうか?

 

ギプスが折れた骨を

 

くっつけているのでしょうか?

 

 

 

薬もギプスも湿布も・・・

 

全て補助役として使われるだけです。

(補助になればまだいい方で

 根本的治療の邪魔になるだけ、の場合がほとんど)

 

 

薬を飲んで治ったと思っている人

 

それは治ったのではありません。

 

症状を不自然な形で

 

無理矢理抑え込んだだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで自然治癒力

 

という言葉ですが、実は

 

医学大辞典にも広辞苑にも出てきません。

 

 

 

医大の教育でも

 

自然治癒力を説くカリキュラムは

 

存在しないそう。

 

つまり現代医療にとって

 

この言葉はタブーってことです。

 

自然治癒力」の大切さを口にし、

 

薬物の過剰な処方を控える医者は、

 

東洋医学かぶれ」とみなされて

 

はじかれる。

 

だから医者はうかつにその言葉は喋れない。

 

 

 

大学病院に勤務する友人が

 

そう話していたのを思い出します。

 

 

宗教は、対立する宗教の欠陥を指摘して 

反証する傾向があるが 


『現代医学教』は薬を使わない医者を 

「投薬の儀式を拒否した異端者」と見なし
反証の機会すら与えずに排除する

『現代医学教』の戒律は非常に厳しく 

アメリカ医師会の倫理規定では、
医学博士の学位を持つ者は 

「現代医学を信じない者」との親交はもとより
言葉を交わしてもいけないことになっている 

 

こうして医者は嘘をつく」 

ロバート・メンデルソン著より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、自然治癒力というものは

 

全く目に見えないものです。

(私の大好きな目に見えないシリーズですっ笑)

 

 

 

 

その見えないもので

 

病気を治すなんて

 

胡散臭いという考え方が

 

現代医療にも、また一般にも

 

広く存在しています。

 

(目に見えるものしか信じられないなんて

 つまんないなあ〜)

 

 

 

とくに現代医療では

 

薬物に頼らず病気を治す手法は

 

正当な治療法ではなく

 

インチキ治療法

 

と捉えられています。

 

 

 

その証拠に

 

医者は必ずこう言います。

 

「お薬をちゃんと飲まないと治りませんよ」

 

って。(それこそ大間違いですけど)

 

 

 

こういう動画を子どもに見せるのは断固反対です

洗脳以外のなにものでもありません

 

 

 

現代ではどんな病気でも

 

自然治癒力で治った事例は

 

科学的根拠がない

非科学的で

でたらめな治療法

 

として片付けられます。

 

 

 

 

 

つまり

 

現代医学にどっぷり浸かった医者たちは

 

「自然治癒」を教わっていないから

 

分からない。

 

自分の知らないものは否定する。

 

自然治癒力

 

目に見えないから

信じない

 

という言い分。

 

(この世の中

目に見えてるものなんてほんの一握り。

目に見えないものの方が圧倒的に多いのに・・・)

 

 

 

 

 

もっと悲しいのは

 

本当は自然治癒力の素晴らしさに

 

気づいているのに

 

それを公言して人々を

 

真の健康に導くよりも

 

カネを手に入れることを選ぶ

 

という医者がいるってこと。

 

 

 

くどいようですが何度でも言います。

 

病気を治しているのは

 

自らを癒す内なる力

 

自然治癒力です。

 

 

 

 

なのに、現代医療の世の中の常識

 

病気は

医者」が

薬」を使って

「病院」で治す

 

ということになってしまっています。

 

 

 

 

 

上にも紹介しましたが、2500年前

 

古代ギリシャの医学の父と崇められている

 

「医聖ヒポクラテス」は

 

 

 

「人は生まれながらにして

 100人の名医(自然治癒力

 を持っている」

 

と言い

 

医者はそれを

 

手助けするだけ

 

と唱えています。

 

 

 

またトーマスの

この言葉も納得。

 

 

 

 

 

 

 

自然治癒力」は

 

人間、動物、植物等

 

あらゆる生き物が

 

生まれながらに

 

備えているもので

 

「自己再生機能」

 

「自己防衛機能」

 

という二つの機能を合わせ持っています。

 

 

 

 

病気にしても怪我にしても

 

弱った体を自然に

 

「再生して治す機能」と

 

さまざまな病原菌、ウイルスから

 

「体を守る機能」であり

 

これが「免疫」です。

 

 

 

 

病気を治すということは

 

いかにこの自然治癒力を引き出して

 

それらに頼るかであり

 

医師や薬

 

病院に頼ることではありません

 

 

 

 

<病気を作るのも治すのも自分>

 

私たちは「より便利に・より効率的に」

 

を求め続け

 

あらゆる科学技術を駆使してきました。

 

そしてその代償として、

 

最も大切なことを忘れつつあります。

 

 

それは

 

全ては自分が作り出し、そして

 

自分が壊す(消す)ことができる、という

 

ものすごくシンプルな原則です。

 

 

病気もそうです。

 

 

 

作るのは自分。

(原因は自分の中(内側)にある。)

 

治すのも自分。

(生まれながらにその力を持っています。)

 

 

 

 

<洗脳から目覚めよ>

 

アメリカで民衆の医師と讃えられる

 

ロバート・メンデルソン博士は言います。

 

 

・現代医学の神は「死神」であり

 病院は「死の協会」である

 

・医学で評価できるのは
 1割の救命医療のみ。

 

・現代医学を構成する

 医者、病院、薬品
 医療機器の9割が

 この世から消えてなくなれば
 人々の体調はたちどころに
 よくなるはずだ。

 これは私の確信である。
 

・現代医学は
「オカルト」に陥っている。

 

 


この「オカルト」に陥っている

 

現代医学を盲信する人々はまさに

 

現代医学という宗教の「信者」であり

 

この「信仰心」によって

 

現代医療が支えられているといえます。

 

そして

現代医学・現代医療は

 

「グローバル製薬企業」

 

に支配されています。

 

 

 

つまりどういうことかというと

 

「患者が治るか、治らないか」

 

という視点ではなく

 

「製薬会社が儲かるかどうか」という

 

その一点で治療法が決められるってこと。

 

 

 

ほら、思い出してみてください。

 

病院に行って

 

薬が処方されなかったことって

 

ほぼないでしょ?

 

 

つい最近の経験ですが

私、階段から落ちまして(笑)

 

骨折してるかも、と思って

レントゲンを撮ってもらいました。

 

幸い大丈夫だったんですが。

 

私としては「折れてるか折れてないか」

が分かればほかに用はなかったのに

 

やれ

痛み止めだ

抗生物質

湿布薬だと

 

わんさか処方してくれる。

 

挙げ句、次の受診の予約まで。

頼んでない(苦笑)

 

 

「薬は一切いりません

 

 気長に治るの待ちます」

 

と笑顔で言うと

 

「え?何しに病院に来たんですか?」

 

と怪訝な顔して

 

迷惑そうに仰いました。

 

ね、これがお医者です。

(こうじゃない方もいると思いますけど)

 

 

 

レントゲン代だけでは儲かりません!?

 

薬を拒否する患者は厄介者扱い!?

 

ま、そりゃそうだ

 

いかに人々を薬漬けにするか

 

が重要なんだから。

 

 

 

患者を薬漬けにする
(化学物質漬け)

薬は病気を治さないんだから

いくら薬を飲んでも治らない

治らないからまた病院にかかる

(医原病が増える)

さらに薬を処方する

 

 

エンドレスな負のループ完成。

 

これ、自分で気づかない限り

 

死ぬまで続きます。

 

 

 

 

 

もちろん現代医療のすべてを

 

否定するわけではありません。

 

現代医療には有り難い側面もあります。


でも今や、本物の誠意ある医師たちは

 

「現代医療で行なわれている手術や投薬は

 必要なのは2割であり

 8割は不必要なものだ

 

と伝え

 

現代医療から身を守ってください

 

と訴えています。



この事実を理解できない(しようとしない)人は

 

当然のことながら

 

現代医療が「医療ビジネス」に爆走する

 

「オカルト」だということが分かりません。

 

また

 

自分が金儲けに奔走する『現代医学教』の

 

熱烈な信者になっていることに

 

気づくこともできません。

 

 


現代医療においては、国を挙げての

 

プロパガンダ

    (組織ぐるみで行われる宣伝)

・洗脳

 

が強烈に実行されており

 

その最大の舞台は

 

みなさんの大好きな

 

テレビ

 

です。

 

 

 

 

 

 

こういった洗脳から目を覚ますには

 

ある程度の覚悟ともちろん

 

努力が必要です。

 

でも

 

目を覚まさない限り

 

いつまでも私たちは

 

国家や権力の奴隷・家畜と化して

 

金を貢ぎ続けることになります。

 

 

 

そればかりか

 

命まで捧げることになります。

 

 

 

 

 

 

それでもいいですか?

 

 

 

 

 

 

最後にこの方の言葉を紹介します。

 

近代医学の父 ルドルフ・ウイルヒョウ

 

人間の体は

機械であり

物であり

自分で治す生命力は

あるはずもない

 

病気を治すのは

 

医学であり

医者であり

医薬だ

 

 

 

きょ、キョーレツ(苦笑)

 

この自然治癒力

 

全否定した考え方が

 

今の全世界の現代医学を

 

根底から支えています。

 

 

 

 

地球上に生きる動物の中で

 

人間が一番賢くないんですが

 

他の動物たちに教わりましょう。

 

自然界の動物たちは

 

グルメなんかじゃなく

 

体調が悪くなれば飲まず食わず

 

ただひたすらじっと動かず

 

身体を休ませます。

 

これこそが単純かつ簡単で

 

最も回復力を高める方法だからです。

 

 

 

人間はどうですか?

 

 

 

体調が悪くなれば

 

栄養ドリンク片手に病院に走り

 

注射と薬で症状をひたすら抑えながら

 

忙しく働き、それを美徳とする。

 

休まないことがまるで

 

すごいことのように。

 

どれだけ愚かなのか・・・そして

 

どれだけ自然から離れた

 

生き方をしているか・・・

 

痛感します。

 

 

 

全ての病気は文明病です。

 

根底には化学物質があり

 

不要な医療で複雑化されているだけ。

 

だとすれば

 

この世から病気をなくすために

 

なにをすればいいか

 

もう明らかですよね。

 

 

 

 

ヒポクラテス

・ロバート・メンデルソン

・ルドルフ・ウイルヒョウ

 

 

さて、

 

あなたの心が共鳴するのは

 

誰のどの言葉ですか?

 

 

 

 

 

 

合掌お願い

 

 

 

 
手裏剣人気記事手裏剣

❶位 5Gで完全ロボットへ!?

 ❷位 テレビは洗脳装置

❸位 人も菌もとにかく消す

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

アナタの周りには
「地球にも人にも動物にも優しい」
そんなアイテムが溢れてますか?
真の健康美に必要なのは
真のオーガニックの力です。

人の為だけではありません。

オーガニックの素晴らしさ、それは
関わる生命全てが幸せでいられる
ということ。

organicを日常に!

アイテム紹介blog

organicアイテムshop

 

 

身体本来の機能を呼び戻すには・・・

 

これまで取り入れ貯めてきた

 

有害物質を排出(デトックス)すること

 

です。

 

 

そして、

 

これから体に入れるものの選別が

 

重要になります。

 

健康美を手に入れる

 

自然環境を守る

 

動物愛護に協力する

 

児童労働問題を解決する

 

収入を得る

 

 

 

これら全てを叶えてくれるのが

 

オーガニック。

 

 

関わる生命すべてが幸せになれる

 

オーガニックビジネス

 

期間限定無料セミナーで公開します。

セミナーはこちら