シンママ実業家👠オーガニック専門家🌴ayanoの呟き

\すべてのママをhappyに/「健康」と「お金」は幸せになるための2大条件。 経歴20年の起業コンサルタントとして、最先端オーガニックを学んだオーガニック専門家として、健康とお金を最短で手に入れる方法をお伝えします。

『Stop添加物』~カラメル色素~


 

 

お腹がすいたらコンビニのお弁当や

 

お湯を注ぐだけ

 

レンジでチンするだけの

 

加工食品を買う・・・。

いつでもどこでも

手軽に安価に

 

「食事」が手に入る現代日本


そんな便利な生活と

 

切っても切り離せないのが

 

食品添加物かもしれません。



現在使用されている食品添加物

 

全て厚生労働省

 

「安全」だと

 

認めているもののみ。

(ネットより)

 

じゃあ「安全」という根拠は

一体どこから来るか?

それは

物質分析や動物実験などを介した

科学的データから来るもので

摂取してもすぐには

 

なにも起こらないよ〜

 

というのが国の言い分です。

 

つまり

ヒトへ投与して

安全性を確認することがないまま

使用が許可されているわけで


まさに

私たちの身体で「人体実験中」。

例えば

マウスは1g摂取したら死んじゃったから

成人男性だったら50gまで大丈夫でしょ

 

みたいな?!

 

 

マウスだろうが人間だろうが

 

地球上に生きる生命体

 

という意味では同じです。

 

マウスにとって有害なのであれば

 

もちろん

 

人間にとっても有害でしょう。

(殺虫剤も同じです。

 虫を殺すと書いてるけど

 もちろん大量に曝露すれば

 人も殺します。

 虫だけに有害で

 虫だけを殺す成分なんて

 ありえません!)



そしてなにより意識を向けるべきは

 

なんのために

 

添加物が使われているのか

 

という点です。

 

・賞味期限を延ばすため

・見栄えをよくするため

・美味しくするため

 

こういった表面的な理由ではなく

 

その裏にある

 

真の意図に考えを及ばせることが

 

とっても大切です。

 

・賞味期限を延ばすのはなんのため?

・見栄えをよくするのはなんのため?

・美味しいと錯覚させるのは
 なんのため?

 

こう考えると

 

添加物によって笑顔になるのが誰かが

 

自ずと分かるはずです。

 

 

では今日は一見「健康そうな」

 

でも絶対に口にしたくない添加物の代表

 

「カラメル色素」について

 

シェアします。

 

 

            
                      
カラメル色素

<着色料>

 


                    
                      
発がん性があります。

 

アメリカの環境保護団体EWGが

 

特にハイリスクと指定した

 

最も危険な食品添加物リストにも

 

ピックアップされています。

 

 

・インスタント食品

カップ麺   
・コーラ

・ダークビール       
・アイスクリーム        
・うなぎのかば焼き 

・加工黒糖やザラメ       
・カレールー

・シチュールー        
・缶コーヒー     
・コーンフレーク  

・醤油

・酢

・練り物の薬味        
・ソースやたれ など
                    
多くの食品の

 

着色や風味付けのために

 

添加されています。
                    
                      
                    
カラメルとはキャラメルのことで

着色料の中で最も使用量が

 

物質です。


日本国内の総需要量の

 

80%以上を占めます。                    
 

                     
食品には、
                    
「着色料(カラメル)」

                              
「カラメル色素」
                                 
と表示されています。

 


カラメル色素には4種類あって、

 

それぞれ製法が異なります。
                    
                      
①カラメルⅠ

 糖類を加熱して作る昔ながらの方法


                    
②カラメルⅡ

 糖類に亜硫酸を加えて加熱
                


③カラメルⅢ

 糖類にアンモニウム化合物

 加えて加熱


                 
④カラメルⅣ

 糖類に亜硫酸と

 アンモニウム化合物を加えて加熱

 

 

特に問題なのは、③と④。
                    
                      
アンモニウム化合物を加えて

 

製造する過程で

 

 

発がん性物質が生成される

 

と報告されています。

(The National Toxicology Program (NTP)2007年)

 

 

 

                     
現在の日本では

 

どの製法で作られたものであっても

 

「カラメル色素」と

 

まとめて表示される上

                  
ほとんどは

 

カラメルⅢかⅣが使用されている

 

とのこと。
                   


                      

 

また、上白糖を、カラメル色素で染めて
                   

三温糖」と売り出している

 

メーカーもあるのでご注意を!

 

 

 

ちなみに・・・コカ・コーラ社は

アンモニウム化合物(THI)の特許を持っています。

 

コーラの色が物語ってますね。              
                                          
                           
ちなみに

 

「カラメル色素」は

 

摂取基準が定められていて

日本の(カラメルⅢ、Ⅳの)

 

一日摂取許容量は

 

160~200㎎/kg/日となっています。


なので例えば体重50kgだと

 

「8000~10000㎎」です。

 

一方米国カリフォルニア州では

 

同じ体重50kgの人で

 

64㎎となっています。

 

日本と米国との意識の違いが伺えます。

 

 

 

では私たちは普段の生活の中で

 

一体どれくらいの量のカラメル色素を

 

摂取しているか。

 

日本の「カラメル色素」使用(需要)量は

 

「約19,000トン」といわれています。

参照

 

 

 

日本の現在の人口を約1億人と仮定すると


単純に計算して一人当たり

 

年間「190g」の消費となり


これを一日に換算すると

 

約520㎎を口にしていることになります。  

 

 

 

もし

 

一日摂取許容量を超してないから大丈夫!

 

と思ってるとしたら・・・

 

その考え方、捉え方は大変危険です。

 

そもそも日本の規定ではなく

 

カリフォルニア州の規定で考えれば

 

完全にアウトです。

 

それに・・・

一日摂取許容量が設定されるという事は

その物質が何らかの有害性があるか

またはその疑いがあるからだってこと。

 
こっちに意識を向けましょう。
 
 
 
でね
 
100g摂取したら
死んでしまうんだけど
 
99gまでなら大丈夫だから
気にせず食べてね
 
 
と言われて
 
納得できます?
 
 
 
今、添加物に関して
 
なにも意識しないってことは
 
この言い分に納得してる
 
ってことなんですよ。
 
 
 
さらにですね。
 
みなさんご存知の通り人間の身体には
 
デトックス機能が標準装備されてます。
 
有害なものが入ってくれば肝臓で解毒し
 
老廃物として体外へ排出します。
 
はい・・・
 
だったら添加物じゃんじゃん
食べても平気でしょ。
 
 
 
 
違います。
 
人間の身体には確かに
 
優秀な解毒機能ついてますけど
 
それがちゃんと働くのは
 
身体が正常に機能できている
 
場合のみです。
 
 
つまり・・・
 
いくら微量であっても日々せっせと
 
添加物を摂取し続ければ
(有害物質)
 
確実に解毒機能は落ちます。
 
当然ながら
 
身体の機能は解毒のみではないので
 
解毒にばかり
 
エネルギーを消費してしまえば
 
他の生体機能が落ちてきます。
 
結果
 
身体のあちこちに不具合が起こる
 
 
 
 
そうなれば当然解毒機能はさらに落ちる。
 
負のスパイラル完成。
 
 
 
 
 
「カラメル色素」からじゃないと
 
取れない栄養素があって
 
しかも
 
その栄養素が必要不可欠だ
 
というのであれば話は別ですが
 
 
そうじゃなければ
 
なにもわざわざ有害なものを食べて
 
身体に負担かけること
 
ないでしょうに、と思うわけです。
 
 
 
 
 
 
一見健康そうだけど
 
絶対口にしてほしくない添加物として
 
 
もあります。
 
 
 
正式名称は「硫酸アルミニウムカリウム」。
 
危険度的にはカラメル色素といい勝負です。
 
 
 
主に使用される食品は
 
・天ぷら粉
・蒸しパン類
・ビスケット
・クッキー
・ドーナツ
・漬物
 
など。
 
 
 
(ネットより)
 
 

ミョウバンは人間が大量に飲みこむと

 

下痢、嘔吐、さらに

 

消化管の炎症を起こしたり

 

チョコレート色粘液物質の吐出、血尿、

 

その他肝臓や腎臓障害を

 

引き起こしたりするといわれます。

 

またアルツハイマー病との関連を

 

指摘する意見もあり

 

筋肉痛

けいれん

食欲不振

言語障害

認知症

精神障害などを

 

引き起こすこともあるそうです。

 

ミョウバンだけじゃなく他にも添加物がひどい・・・)

 

ちなみにミョウバン

特に子どもに対して有害とされるため

お菓子への使用を自粛するよう

厚労省がメーカーに対し通達を出しています

平成25年6月21日)。


つまり


「有害」とされているのに

 

使用禁止になっていないんです!

 

 

 

名前の通り、ミョウバンには
      (硫酸アルミニウムカリウム
 
アルミニウムが含まれています。

アルミニウムなんて
 
人間の体にとって不必要だし
 
むしろ毒性が懸念されることから
 
摂取量を厳しく定められている
 
危険な鉱物です。
 
はい、みなさんご存知
 
有害無益なワクチンにも
 
入っております。
 

 

では実際ミョウバンにはどのくらい

 

アルミニウムが入っているか。

 

市販のミョウバン

 

焼きミョウバン」が多いので

 

そちらでアルミの質量を出してみますね。

 

焼きミョウバン分子式

 

AlK(SO4)2 です。

原子量はそれぞれ

Al (アルミニウム)= 27
K (カリウム)= 39
S (硫黄)= 32
O (酸素)= 16

 

高校化学思い出して(笑)


これを分子式に当てはめ

 

焼きミョウバン全体の

質量を出します。

27+39+(32+16×4)×2=258

258が全体の質量となります。

さらに全体の質量から

 

アルミニウムの割合を出します。

27÷258=0.104


ということで

 

アルミニウムの含有率は

 

約10%となります。
※不純物を考慮しても大体このくらいのはずです。


つまり100gの焼きミョウバン

 

約10gのアルミニウムが含まれる

 

となります。

 

 

ではミョウバンといえば漬物

 

ということで

 

一般的なナスの漬け物に使う材料を

 

レシピサイトより抜粋しました。

 

・茄子500g

・水 600cc

・塩 大さじ3

・焼きミョウバン 大さじ1(5g)

5gの10%がアルミだから

 

0.5g=500mgです。

 

WHOによれば、アルミニウムの

 

摂取許容量は

 

2 mg/kg体重/週なので

 

体重50kgであれば一日約14mg


この漬物を1回で食べれば

 

完全アウト。

 

 

 

 

ちなみに原材料表示に

 

「膨張剤」と記載すると

 

ミョウバン以外にも

 

ピロリン酸4ナトリウム

アジピン酸など

 

41種類の化合物が使用できます。

(一括表示が許されているから)

  

 

食品添加物については

 

もちろん理想は

 

一切摂らないことです。

 

 

ただこれまでどっぷり

 

早い

安い

旨い(と思わされてる)

 

の食事に染まってきた人にとって

 

いきなり添加物を完全除去することは

 

難しいと思いますので。

 

 

 

「買わない」

 

じゃなくせめて

 

「選ぶ」

 

になってほしい。

 

 

選ぶには情報(知恵知識)が必要です。

 

企業が発信する情報だけを聞いて

 

買い物を続けるのは危険だし

 

それじゃ他人軸です。

 

自分の身体なんだから

 

自分が責任もちましょう。

 

 

 

 

「そんな事を言ってたら

 何も食べられない」

 

とか

 

「いちいち気にしてたらストレスだ」

 

という声が聞こえてきそうですが(笑)。

 

 

 

そういう方たちは普段一体

 

何を食べてるんでしょうか?

 

出来合いのモノを食べないことが

 

そこまでストレスになるんだとしたら

 

それこそ怖ろしいことです。

 

 

昔に比べ、世の中には確実に

 

加工品が増えています。

 

ここまで添加物が当たり前になったのは

 

ここ40年くらいかと思いますが

 

つまり

 

まだまだ食としての歴史は浅く

 

ヒトへの健康被害などが

 

顕著になってくるのは

 

これからだろうと感じます。

 

今、特に目立った影響が

 

出ていないからといって

 

油断し、対策をしないままでいれば

 

とんでもなく悲惨な状況を

 

目の当たりにすることになる。

 

それがもしかしたら

 

我が身かもしれないし

 

我が子かもしれない。

 

 

そうなってからでは遅いから

 

こうして警鐘を鳴らしています。

 

 

             

ということでまずは第一歩!

 

小さなお子さんのいるママさん
                    
ぜひぜひ今日のデザート候補から

 

市販プリンを外してください。

 


                    
                      

 

※砂糖を煮詰めて作るカラメルはOKなので、

 どうしても食べたい時は手作りしてくださいね。

 きっとその方がお子さんも喜ぶはずです。

 

 

 

 

 

 

合掌お願い

 

 

 

 
キラキラ人気記事キラキラ

①位 

sagittarius-leo.hateblo.jp

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

アナタの周りには
「地球にも人にも動物にも優しい」
そんなアイテムが溢れてますか?

真の健康美に必要なのは
真のオーガニックの力です。

人の為だけではありません。

オーガニックの素晴らしさ、それは
関わる生命全てが幸せでいられる
ということ。

organicを日常に!

アイテム紹介blog

organicアイテムshop

 

 

身体本来の機能を呼び戻すには・・・

 

これまで取り入れ貯めてきた

 

有害物質を排出(デトックス)すること

 

です。

 

 

そして、

 

これから体に入れるものの選別が

 

重要になります。

 

健康美を手に入れる

 

自然環境を守る

 

動物愛護に協力する

 

児童労働問題を解決する

 

収入を得る

 

 

 

これら全てを叶えてくれるのが

 

オーガニック。

 

 

関わる生命すべてが幸せになれる

 

オーガニックビジネス

 

期間限定無料セミナーで公開します。

セミナーはこちら