シンママ実業家👠オーガニック専門家🌴ayanoの呟き

\すべてのママをhappyに/「健康」と「お金」は幸せになるための2大条件。 経歴20年の起業コンサルタントとして、最先端オーガニックを学んだオーガニック専門家として、健康とお金を最短で手に入れる方法をお伝えします。

【死という選択肢】死に損なった私が伝えたいこと

この記事は公開にするか迷いました。

自死をテーマにするので

ものすごくデリケートでセンシティブな内容だからです。

(読み進めるかどうかは自己責任でお願いします)

悩んだ結果、公開することにしました。

もしかしたら誰かの役に立てるかもしれないから。

 

 

2020年は

 

2000年に一度の大転換期

 

と言われてますが

 

本当に私にとっても重要な

 

学びの深い年だと感じています。

 

 

・・・

 

 

今年に入って

 

私が知っているだけでも

 

著名人11人

・元衆議院議員三宅雪子

・木村花

・鷹野日南

三浦春馬

・濱崎麻莉亜

芦名星

藤木孝

竹内結子
・関根拓
津野米咲赤い公園
窪寺昭

 

自ら命を絶ったと

 

報道されています。

三浦春馬さん、芦名星さん、藤木孝さん

 竹内裕子さん、津野米咲さん

 窪寺昭さんについては

 他◯の可能性もあるようで

 私自身

 かなり強く他◯だろうと感じてます。

 疑問に思う方は調べてください)

 

 

そして

 

親しい友人が1人

 

お世話になった先輩が1人

 

親類が1人

 

自ら命を絶ちました。

 

 

 

 

 

 

 

今年は今一度改めて

 

「命」というテーマに

 

じっくり向き合え・・・

 

そういう宇宙のメッセージなのだろうと

 

強く感じています。

 

 

だから・・・

 

自分のこれからの「生」を見つめ

 

「死」への思いを整理するためにも

 

自死」について

 

記事にすることにしました。

 

これまで決して

 

他人に口外しなかった過去にも

 

言及しようと思います。

 

 

 

 

 

<命の火を消そうとした過去>

 

こちらの記事にも書きましたが

 

 

 

 

「自殺大国」と言われる日本において

 

死にたいという感情は

 

思った以上に多く存在し

 

身近に潜んでいることは

 

間違いありません。

 

 

「死にたい」と思うことがさほど

 

珍しくない世の中。

 

 

子どもたちにとっても日本は

本当に厳しい状況。

 

 

「死にたい」は

人それぞれにその

思いの「重さ」も異なり

逼迫度も全く違います。

 

しかもその違いは

なかなか表面化されません。

 

同じ「死にたい」という言葉の裏に

計り知れない闇が隠れている可能性があり

またその闇の深さや広さはその

本人にしか分からない、いや

本人ですら自覚できないという

不透明さがあります。

 

 

 

私にも

 

深く深く出口の見えない

 

闇に包まれた時期がありました。

 

そして、内から湧き上がる

 

「死にたい」の思いに忠実に

 

行動を起こしたことがあります。

 

 

「生きる辛さ」が

「死ぬ怖さ」に勝った瞬間・・・

「生きる意味」を見失い

「死に甲斐」を見つけた瞬間でした。

 

 

ある日の真夜中、私は

両親宛、我が子宛の遺書を書き

首吊り用のロープを仕掛け

用意しておいたおむつをはきました。

深々とターバンをかぶり

マスクをして顔を覆いました。

 

なるべく発見後にお世話になるであろう誰かに

見苦しい姿をさらすまいと

できる限りの準備をしたつもりでした。

 

 

今になって思いますが

これから命を絶とうという一大事にも

他人にどう見られるか

どう思われるかを考える・・・

 

そんな

どうしようもなく他人軸な

生き方をしてたんです。

 

 

ロープに手をかけ輪の中に頭を突っ込み

あとは足元の脚立を倒すのみ。

もうあと一歩。

これで全てから解放される。

 

 

 

 

なのに・・・

 

なかなかできないんです。

 

あれほどまでに望んだ「この世との別れ」が

目の前に迫ってきたと思うと

無償にこの世への未練と

なんとも言えない空虚感が襲ってきて。

 

次から次へと涙が溢れ・・・

息をするのも難しいくらいに

泣きじゃくっていました。

 

 

「死にたい」のに「死ねない」

「死ねる」のに「死ねない」

 

 

この苦しさ、情けなさはたぶん

 

体験した者にしか分かりません。

 

 

ありえないくらいブルブルと震える手は

自分の全体重を必死で支えるかのように

しっかりとロープを握りしめていました。

 

 

そんな葛藤の時間が

10分くらい続いたと思います。

 

その時。

 

 

今でもはっきりと覚えています。

時刻は2:38。

 

それまでそんな時間に

連絡がきたことなんて一度もないのに

親友から電話がかかってきたんです。

(後日分かったことですが

 親友も職場の人間関係に悩み

 独りで深酒をしたところ辛くなって

 私に助けを求めようとしたそうで)

 

 

電話に出ることはできなかったものの

画面に映し出された

親友の名前を見つめているうち

全身を埋め尽くしていた

「死」に向かうエネルギーが

弱まっていく感覚を覚えました。

 

 

 

 

 

結局私は・・・死にませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

あれから月日は流れ

 

今も私はこの世に生きているわけですが

 

死に損なったからといって決して

 

あの時の

 

「死にたい」が嘘だったわけでも

 

軽い気持ちだったわけでもない

 

 

 

もちろん

 

死ななかった自分に未だ

 

「可不可」の判断を下せていません。

 

 

 

ただ、私はあの体験から多くのことを

 

学んだと思っています。その意味でも

 

死のうとした自分を恥じてはいません。

 

 

 

 

<自分のためだけに生きていい>

 

 

あなたは自分勝手に生きていますか?

もしあなたが今少しでも

 

「死」を望んでいるなら

 

その前に一度

 

ありとあらゆる責任を放棄して

 

自分のためだけに生きる選択肢を

 

自分に与えてほしいと思います。

 

 

 

世間から押し付けられる

 

「美徳」を無視してほしい。

 

 

 

世の中には「他人のために生きる」人を

 

徳のある人だと称賛し

 

素晴らしいともてはやす傾向があります。

 

そこを目指して生きることを少なからず

 

求められます。

 

 

 

自分を犠牲にし

他者へ尽くせば尽くすほど

皆から認められ尊敬される・・・・

 

 

それ、一旦手放してください。

 

 

もちろん他人のために何かをするって

素晴らしいことです。

自分のやったことで誰かが笑顔になると

とても嬉しいし充足感を感じます。

 

 

 

でも間違わないでほしい。

 

 

それは


「誰かの幸せが自分の幸せ」であり

 

かつ

 

「自分の幸せが誰かの幸せ」である

 

場合の話です。

 

 

決して

 

「あの人が幸せなら自分は不幸でもいい」

 

ではないことを忘れないでください。


 

 

 

誰かのために生きるということは

 

自分のために生きることからの

 

「逃げ」でもある。

 

 

 

私は自分の体験から痛感しました。

 

 

 

私たちは皆、自分のために生きる義務

 

があります。


自分自身を幸せにする責任

 

があるんです。

 

自分の人生に対する責任を

 

他人に転嫁してはなりません。

 

 


辛いよね 悲しいよね

 

苦しいよね 虚しいよね


仕事?

 

そんなの辞めてしまえばいい。

 

人間関係?

 

嫌ならすべて

 

切ってしまってかまわない。



今あなたを悩ませてる何かは

 

死ぬ以外では解決できないことですか?

 

「自分のためだけに生きること」を

 

選択しさえすれば、もしかして

 

もっと楽に生きられるんじゃないですか?

 

 


 


他の誰でもなく、「自分のためだけ」に

 

生きることを考えてみてください。

 

 

 

 

『誰かのため』

 

辛いことに耐え、頑張っているのなら

 

それって本当にあなたのしたいこと?


自分を幸せにすることから

 

逃げていませんか?

 

 

神さまはあなたに

 

「自分を粗末にして

 誰かのために生きるように」と

 

命を与えたのではありません。

 

 

誰のために、何のためにがんばってますか?

 

好きな人のため

我が子のため

親のため

貧しい人のため
上司のため

友人のため

国民のため

会社のため...

 

それはとっても素敵なことです。でも

自分のためってのが抜けてませんか?

 

 

 

・・・そしてね

 

考えに考えて、それでもなお

 

「自分のために」

 

死ぬことが必要だって

 

本心から望んで

 

笑顔で言えるのなら・・・

 

 

 

 

私はその選択、否定しません。

 

 

 

 

 

 

 

 

<死にたいも大切な感情>

 

 

「死にたいと思ってはいけない」

 

「死にたいなんて

 口にしてはならない」 

 

 

 

そうやって

 

気持ちを押し殺さなければならないことほど

 

孤独で苦しいものはありません。

 

私が実際に味わったことなので

 

間違いありません。

 

 

押さえつけられてしまった辛い気持ち、苦しい気持ちは

行き場がありません。

もちろん消えることなく和らぐこともなく

胸の奥深く溜まっていきます。 

 

 

 

確認したいんですが

 

「死にたい」って決して

 

弱い人間の言葉じゃありません。

 

「死にたい」と思えるほどに

 

情熱的に懸命に「生きている」ー

 

そんな強い人間だからこそ抱く感情です。

 

半端にただなんとなく生きている人間に

 

「死にたい」という思いは生まれません。

 

 

 

だから

 

 

 

「死にたい」と思ったらまずは

 

こう感じてください。

 

 

死にたいと思えるほどに自分は

 

懸命に生きている

 

実は死にたいと同じくらい

 

エネルギッシュな「生きたい」

 

魂の奥底に秘めてるんだってこと。

 

 

誰よりも誠実に自分の人生と向き合い

 

必死に命の火を燃やしているんです。

 

だから自分を労ってほしい。

 

「よくがんばってるよ、えらいよ」と。

(そんな余裕ないかもしれませんけどね)

 

 

 

 

そしてね、ここからがけっこう重要で。

 

賛否が激しく

 

分かれるところでもありますが・・・。

 

 

私は

 

「死ぬ」ことを選択肢に入れたとき

 

人は今よりずっと生きやすくなる

 

と思っています。

 

 

人は選択肢が広がれば広がるほど

 

そこに居場所を見出せます。 

 

 

だから

 

「死にたいなら死んでもいい」

 

 

ただし、絶対に

 

「自分のためだけに」 

 

 

 

 

これが「死にたい」に対して

 

私が私に出している答えです。

 

 

 

 

 

 

<共に生きる者として>

 

 

「死にたい」と口にする人は

 

嘘などついていません。

 

心の中には確実に

 

「死にたい」があります。

 

その大きさや

 

実行できるかどうかなんて

 

全く問題ではありません。  

 

 

誰かが自死で亡くなると、人々は

 

「どうして言ってくれなかったのか」

 

と苦しみます。

 

「そばにいたら止められたのに」

 

と悔やみます。  

 

 

だけど、その人々の中に

 

「死にたいなんて軽々しく簡単に言うな」

 

という人たちが混じっていることを

 

私は知っています。 

 

 

「生きたくても

 生きられない人がいるのに」 

 

「親が産んでくれた大切な命を

 自分で消すなんて最低だ」  

 

 

だから

 

「死にたい」なんて簡単に

 

言うべきではない。

 

考えるべきでもない。

 

 

テレビの世界でも現実世界でも

 

こんな言葉で

 

自殺を止めようとする人たちがいます。

 

 

 

私はその人たちにとっての「簡単」が

 

どの程度かわかりませんが

 

その言葉たちこそが死にたい人の

 

背中をさらに押すのではないか

 

と思っています。

 

 

 

「死にたい」は、究極のSOSです。

 

 

 

もし死にたいとこぼした後に実行に移さずに

美味しそうにご飯を食べていたとしても

それは「死にたい」を吐き出せたから

そうできてるだけ。

確かにそこに死は迫っていた。

 

 

 

だからもし誰かに

 

「死にたい」と言われたらまずは

 

受け止めてほしい。そうなんだねって。

 

頭ごなしに否定したり

 

叱咤激励したりとかはやめてほしい。

 

 

 

私は学生の頃、「最近死にたいって思っちゃうんだよね」と

作り笑顔で言いづらそうに話してくれた友人に咄嗟に

「死んだらダメ。死んだら終わりよ。

 なにより私が辛いから死なないで」

と言ったことがあります。

今振り返って、なんてことを言ってしまったんだろうと

心から悔やんでいます。

あの時の私に今ほどの思慮があれば

全然違った言葉で友人を包めたのに。

 

 

 

 

 「死にたい」

 

 

誰もが口にしていいと思います。

 

むしろ口にすべきとさえ思います。

 

「死にたい」を素直にダイレクトに

 

伝えられる相手がいること・・・

 

伝えても全て受け入れ認めてくれると

 

信じられる相手がいること・・・

 

もし自殺を食い止めたいのであればこれが

 

最大の力になるだろうと思います。  

 

 

死と隣合わせの人間と共に生きる中で

 

私たちに必要なこと。

 

死んでしまってから

 

「伝えてほしかった」と嘆くのではなく

 

死んでしまう前に、伝えられる環境を。

 

そして決して「死にたい」を

 

否定しないってこと・・・。

 

 

 

<全ての死が自死という捉え方>

 

 

歳を重ねるにつれ・・・

 

大切な人の死を経験するにつれ・・・

 

私の中で膨らんできた考え方があります。

 

 

病死や事故死を含め

 

すべての死が

 

自分が決めて選んだ死であり

 

つまり

 

自死なんじゃないか

 

という死生観です。

 

 

 

基本的に皆、顕在意識では

 

「死にたくない」と思っています。

 

「(長く)生きる」ことを目指してます。

 

でもここでいう

 

「自分が決めて選んだ」というのは

 

潜在意識レベルで・・・ってこと。

 

 

例えばこのまま生き続ければ

自分という肉体としてのバランスも

この世に生きる生命体としてのバランスも

とれなくなる・・・

 

 

そういった場合は

 

病気になったり事故にあったりして

 

自分の「生」を終わらせるんじゃないか。

(世の中は陰陽の法則で成り立っているし

 必要なことしか起こらないわけで)

 

sagittarius-leo.hateblo.jp

 

 

 

輪廻転生という考え方がありますが

 

「生きる」ために「死」に

 

「死ぬ」ために「生きる」

 

その意味を私なりに少しずつ

 

理解しつつあります。

 

 

 

「いつ死ぬかわからない」

 

とよく言いますが、実はそれは

 

ちょっと違うかもしれません。

 

魂レベルではきっと

 

死に方も死ぬ時間もすべて

 

自分で決めてるんじゃないかな。

 

 

 

 

「生」と「死」は

 

両極にあるものではなく

 

となり(背中)合わせ。表裏一体。

 

どちらかだけに価値を見出し

 

フォーカスしていると

 

本質を見失う気がしています。

 

 

死を口に出すことを忌み嫌い

 

死を「悪」とする価値観こそが

 

世の中の生き辛さを助長し

 

人々を苦しめている・・・

 

そんな気がしてなりません。

 

 

 

 

<今日だけ生きてみる勇気>

 

 

いつでも死ねる。だから

 

今日だけ生きてみたら?

 

 

 

矛盾してるかもしれませんが

 

「死」をさほど否定しない私も

 

やはり

 

「生」への希望は捨ててません。

 

 

 

人生は、たぶん

 

だけ生きてみよう」の

 

繰り返しです。 

 

 

 

誰もが

 

生きる権利をもっているし

 

死を選ぶ自由をもっていい。

 

 

生きるのも死ぬのも

 

「自分のために」。

 

 

 

いつだって死ねる。

 

だから

 

今日だけ生きてみよう。

 

 

 

私が今アナタに送ることのできる

 

メッセージです。

 

 

 

 

 

 

そして私は今日も

 

自分のために・・・

 

生きることを選んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

合掌お願い

 

 

 

 
手裏剣人気記事手裏剣

❶位 5Gで完全ロボットへ!?

 ❷位 テレビは洗脳装置

❸位 人も菌もとにかく消す

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

アナタの周りには
「地球にも人にも動物にも優しい」
そんなアイテムが溢れてますか?

真の健康美に必要なのは
真のオーガニックの力です。

人の為だけではありません。

オーガニックの素晴らしさ、それは
関わる生命全てが幸せでいられる
ということ。

organicを日常に!

アイテム紹介blog

organicアイテムshop

 

 

本来自分がもっている

 

自然治癒力を活かすには

 

これまでに貯めてきた

 

汚染物質のデトックスと、

 

これから体に入れるものの

 

選別が重要です。

 

巨大オーガニックマーケット

 

日本上陸!!

 

 

 

EWGと呼ばれるアメリカが誇る

 

審査機関が有害と認めた

 

成分や物質などが

 

一切含まれない商品、

 

さらに、

 

動物実験が行われていないもの

 

ホルモン剤・抗生剤が

 

使用されていないもの

 

BPAが含まれないもの

 

硝酸塩・グルタミン酸ナトリウム

 

含まれないものなど

 

 

合計8つのポリシーに準ずる商品しか

 

販売しないという徹底ぶり

 

 

 

これであなたも安心して

 

ホンモノのオーガニックを

 

手に入れられる!

本物オーガニックを買ってみる

 

 

 

しかもそれだけでなく・・・

 

オーガニックを取り入れることで

 

収入を得ることも!

 

 

オーガニックでビジネスしたい