シンママ実業家👠オーガニック専門家🌴ayanoの呟き

\すべてのママをhappyに/「健康」と「お金」は幸せになるための2大条件。 経歴20年の起業コンサルタントとして、最先端オーガニックを学んだオーガニック専門家として、健康とお金を最短で手に入れる方法をお伝えします。

【農薬バンザイ日本】給食パンにもワクチンにもグリホサート投入

 

 

穀物

牛乳

蜂蜜

醤油

ビール

・・・

 

実に様々な食品に混入され

 

ドッグフードや

 

 

生理用品からも検出される

 

 

危険な農薬があります。

 

それが

 

悪名高きモンサント社の

モンサントとは、遺伝子組み換え作物

 生みの親であり

 アメリカにある世界最大のバイオ化学企業。)

 

 

グリホサートです。

ラウンドアップ

 

グリホサートがなにかというのは

 

こちらの記事で

 

sagittarius-leo.hateblo.jp

 

 

 

説明してますが

 

モンサント

 

遺伝子組み換え作物の種と

 

一緒に使うことを義務付けられている

 

農薬=除草剤です。

(このセット内容、ホントに最低最悪です)

 

 

 

これ、発がん性も認められており

 

世代を超えて様々な病気を引き起こす

 

超猛毒の魔の農薬です。

 

 

 

肺炎と関連!?なら

新型コロナとも無関係じゃないよね・・・

 

 

ちなみにモンサントという会社は

 

2011年に

 

「人間の健康と環境の両方を脅かす

 

として

 

最悪の企業に認定されてます。

 

 

ラウンドアップの危険性は世界中で認知されており

様々な訴訟が繰り広げられています。

また

2003年にはデンマークで散布禁止。

 

2007年にはEUで使用禁止となり

 

2012年、カナダ全州で芝生や庭での

使用を禁止。

 

2014年スウェーデンノルウェー

使用禁止。

スリランカでは同年販売を禁止し

翌2015年に輸入も禁止。

さらにブラジルでは暫定的に使用禁止。

 

2019年ニューヨーク州ラウンドアップ

「安全な農薬」と宣伝することを禁止。

 

このような状況の中

 

ラウンドアップが店頭で簡単に手に入り

 

人々が警戒心なく購入、使用している

 

残念な先進国がたった一国だけ存在します。

 

 

 

 

・・・それが日本です。

 

 

 

 

はい、なんと日本は2017年に

 

このグリホサートの残留基準値を

 

引き上げてます。

 

しかも

 

・とうもろこし 5倍

・小麦     6倍

・甜菜     75倍

・そば     150倍

・ひまわりの種 400倍

 

という狂気的なレベルへ。

 

厚労省資料

 

 

これは・・・・

 

日本人の大量殺戮を

 

目論んでいるのでしょうか?

 

世界的な流れとしては

 

「危ないから使わないように」

 

なんですが、我が国は絶賛逆行中。

 

 

 

<殺人パン>

 

毎日朝食はパンという方

気をつけて・・・

 

 

そして最も注目していただきたいのがこれ。

 

 

農民連食品分析センターが

全国各地の学校給食で出された

パンを調べたところ

14検体中、86%にあたる

12検体からグリホサートが検出。

 
子どもたちが口にする
 
学校給食で出されるパンはほぼ
 
グリホサート漬けだということです。
 
 
・・・
 
学校給食に関しては他にもいろいろと問題あり↓
 

 

 

<殺人兵器ワクチン>
 
ワクチンがいかに有害か、というのは既に
 
何度も書いてきましたが
 

 

 

グリホサートもしっかり入っています。

 

2016年米国のNPO(Moms Across America)による

独自の調査で発覚し公開されました。(参考資料

 

 

 

 

ちなみに、グリホサートが検出された

 

ワクチンは以下の5種です。

破傷風ジフテリアワクチン
・インフルエンザワクチン
B型肝炎ワクチン
・肺炎球菌ワクチン
MMRワクチン (はしか、おたふく、風疹)

特にMMRワクチンのグリホサート含有量は

他のワクチンの25倍とか。

 

 

お母さん、気づきました?

 

これらは全て日本でも

予防接種スケジュールに全て

 

組み込まれています。

日本小児科学会が推奨※

 

 

 

 

最悪です。

 

もちろん食品から

 

グリホサートを摂取してしまうことも

 

充分に危険ですがそれよりも・・・

 

ワクチンって注射されるってことですよね?

 

超猛毒のグリホサート(有害物質)が

 

ダイレクトに血液中に入ってきて

 

全身を巡るってことなんです。

 

つまり

 

食品であれば肝臓で

 

ある程度デトックスされるけど

 

ワクチンだと濃度はそのままに

 

直接脳や心臓にももちろん

 

全身にダメージを与えるってこと。

 

 

 

 

<なぜワクチンに?>

 

ではどうしてワクチンに

 

除草剤であるグリホサートが

 

含まれるのか?

 

 

ステファニーセネフ博士は以下のように説明してます。

資料

「ワクチンは豚(家畜)の靭帯由来の
 ゼラチンで作られますが、豚は
 GMO飼料をエサにして育ちます。
 このエサに使われるGMO飼料は
 ラウンドアップ除草剤を用いて
 栽培されているので、その主成分である
 グリホサートが含まれるのは当然のこと」

 

原材料に家畜の靭帯が使われる

 

という点だけでなくその飼料にまで

 

ラウンドアップの魔の手が及んでいることに

 

恐怖を感じます。

 

 

 

さらに!

 

こんな記事を見つけました・・・。

 

 

ビッグファーマのメルクがモンサントと提携し

ワクチンにグリホサートを入れる・・・と。

 

記事内でモンサントのCEOは言ってます。

 

これは両者にとって好都合。

私たち(モンサント)は余っている

グリホサートを売り払える

相手(メルク)は

ワクチンによって多くの人を病気にでき

薬を売ることができる

 

この言い分からも分かるように

少なくともモンサントのCEOは

グリホサートが危険な代物だということを

熟知してるってことです。その上で

世界中に(特に日本市場に)ばら撒いている。

 

 

悪魔だ・・・

 

 

<誘発される病気・症状>

 

グリホサートによって引き起こされる

 

病気や症状・被害については

 

判明しているだけでも

 

これだけの数があります。

資料

アルツハイマー
・消化器疾患
・糖尿病
・心臓病
・癌

自閉症

うつ病

・喘息

・奇形児の出生率増加
パーキンソン病

・生殖機能異常
不妊、流産
・セリアック病
・著しい免疫力の低下
・腎、肝臓機能障害
・生態系の破壊

 

グリホサートの被害といえば

 

私の脳裏に強く残っているのが

 

アルゼンチンでの衝撃的なニュースです。


モンサント製品を使用している農業地帯において

その地方で生まれ育った子どもの血液を検査したところ

なんと80%の子どもの血液から農薬が検出されたと。

 

さらに恐ろしいことに、この地方で生まれた乳児には

指が6本あったり、逆に足の指がなかったり

大腸がなかったり、著しく奇形児の出生率が高まった

と報告されています。

 

 

 

そんなアルゼンチンで2012年

 

農薬散布を阻止する運動を続けた

 

母親たちの団体が

(リーダー:ソフィア・ガティカさん)

 

ノーベル環境賞とも言われる

 

ゴールドマン環境賞を受賞しました。

 

ご存知ですか??

 

 

アルゼンチンは1990年代後半から急激に

遺伝子組み換え大豆の生産が拡大しました。

その生産方法は広大な土地に大豆だけを植えて

飛行機からグリホサートを散布するというもの。

 

 

ソフィアさんは生まれて間もない娘を

この農薬によって失いました。

娘の死が受け入れられなかったソフィアさんは

農薬の影響を懸念する母親たちと共に

近所で発生しているガンなどの病気を調べ上げ

地図にまとめました。その結果

住んでいる地域のガン発生率が国内レベルの

41倍にも上ることが判明。

 

(ネットより)

 

そこでソフィアさんたちはグリホサートの

空中散布阻止キャンペーンを始め

その危険性を説く活動に力を入れました。

 

(ネットより)

 

活動は決して順風満帆ではなく、農薬擁護派から電話で

「子どもを殺すぞ」という脅迫を受けたり

銃を頭につきつけられて「大豆と関わるのはやめろ」と

脅されたりしたこともあったそう。

 

ですがソフィアさんは

「止まるわけにはいかない」
「ここで起きているのは隠された大量虐殺だから」と

その後10年に渡って活動を続けた結果

ついに大統領を動かし

グリホサートの影響調査を保健省に命じることとなりました。

 

また大学研究者とも連携し、グリホサートが

出生異常をもたらすことを確認。

ついには居住地2500メートルの範囲の農薬空中散布を

禁止することに成功しました。

 

 

 

 

<従順さが生み出す危険>

 

繰り返しますが、日本は

 

グリホサートラウンドアップの使用を

 

推奨されている国です。


つまり日本で生活している以上

 

グリホサートの脅威に常にさらされます。

大人だけではありません。



日本の子どもたちは「学校給食」という形でも

毎日せっせとグリホサートを

 

摂取して(させられて)います。

「栄養満点」「バランスのよい食事」として

有難がって食べている給食こそが

子どもたちの身体を蝕んでいることに

気付いてください。



本来、日本の食文化に

「牛乳や小麦粉(パン)」を取るなんて

ありませんでした。なのになぜ今

こんなにも浸透しているのか。



給食はほぼ2日に1回はパンです。
しかも砂糖まみれの菓子パンの日もある・・・。

(娘の通った学校の献立表)

 

 

 

 

「日本は敗者、米国は勝者。

 日本も食事を切り替え

 勝者の食事にすべきである。」

 

戦後、アメリカが日本民族を奴隷化するため

 

取ってきた政策です。
 

・天然自然海塩を
 化学塩(塩化ナトリウム・化学薬品)に変える

・水に塩素(化学薬品・毒物)を混ぜる

グルタミン酸ナトリウムアミノ酸等)を
 調味料に混ぜる

・環境資源植物の麻の栽培を封印する

・牛乳や小麦粉(パン食)等の
 西洋食を取らせる

 

 

食事だけに限りません。

 

・予防接種の推奨

・西洋医学の信仰

・洗脳(軍隊)教育の推進

 

なども。

 

 

これらは現在も継続されており

これらによって日本民族はその

 

思考能力われ

 

弱体化の一途をたどっています。
 

だから、米国(や世界各国)でNOとされる

猛毒のラウンドアップ

日本市場では盛んに流通していたりするわけで。

 

 

「自分で考えない」

「自分の意見を言えない」

「言いなりになる」

 

それが日本です。

 

 

 

もちろん、戦後70年以上をかけて

 

着実に進められてきたこの

 

洗脳

 

今日明日ですぐに解くことは

 

簡単なことではありません。

 

 

それでも、洗脳から逃れる努力は

 

今すぐ始めるべきだと思います。

 

しかもそれは国とか県とかそういった

 

大きな枠組じゃなくていいんです。

 

私たち1人1人の

 

個人レベルでできることでいい。

 

 

 

 

「誰かが動いてくれたら・・・」?

 

 

 

それじゃダメってことはもう

 

分かっているはずです。

 

 他人任せにするという

 

その考えこそがまさに

 

洗脳された奴隷脳ってこと。

 

 

 

私たち1人1人が

 

それぞれにできる範囲で

 

行動を起こす

 

その小さな行動がやがて大きな力となって

 

国を、世の中を変えていきます。

 

 

例えば今日から

 

・除草剤を使わない

・パン食をやめる

・牛乳を飲まない

 

とか・・・

 

・食品を買うときは必ず表示を確認する

・予防接種について調べてみる

 

などなど。

 

 

 

これまでの当たり前や常識を疑って

 

行動を変えてみることは

 

さほど難しくありません。

 

誰にでもすぐにできます。

 

できないのはアナタに

 

その気がないだけです。もしくは

 

周りの目を気にしてるだけです。

 

 

 

1人じゃなにもできない?

 

 

いきなり壮大な結果を求めて

 

大きなことをしようとする必要ありません。

 

 

 

上述したソフィアさんだってもとは

 

平凡な1人のママでしたよ。

 

 

ダイジョウブです。

 

少なくとも私はアナタの同志です。

 

 

私たちのほんの小さな勇気で

 

日本の未来は変わっていきます。

 

 

信じて動きましょう。

 

 

 

 

 

合掌お願い

 

 

 

 
キラキラ人気記事キラキラ

①位 

sagittarius-leo.hateblo.jp

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

アナタの周りには
「地球にも人にも動物にも優しい」
そんなアイテムが溢れてますか?

真の健康美に必要なのは
真のオーガニックの力です。

人の為だけではありません。

オーガニックの素晴らしさ、それは
関わる生命全てが幸せでいられる
ということ。

organicを日常に!

アイテム紹介blog

organicアイテムshop

 

 

身体本来の機能を呼び戻すには・・・

 

これまで取り入れ貯めてきた

 

有害物質を排出(デトックス)すること

 

です。

 

 

そして、

 

これから体に入れるものの選別が

 

重要になります。

 

健康美を手に入れる

 

自然環境を守る

 

動物愛護に協力する

 

児童労働問題を解決する

 

収入を得る

 

 

 

これら全てを叶えてくれるのが

 

オーガニック。

 

 

関わる生命すべてが幸せになれる

 

オーガニックビジネス

 

期間限定無料セミナーで公開します。

セミナーはこちら