シンママ実業家👠オーガニック専門家🌴ayanoの呟き

\すべてのママをhappyに/「健康」と「お金」は幸せになるための2大条件。 経歴20年の起業コンサルタントとして、最先端オーガニックを学んだオーガニック専門家として、健康とお金を最短で手に入れる方法をお伝えします。

21世紀の公害【今さらだけど電磁波って?】

電磁波とは一体どういうものなのか?

 


低周波から高周波までの電磁波は

 

一般的に
           
電波と呼ばれています。
          
       
これらの「電波」は

 

X線、ガンマ線などの

 

有害放射線とちがって
           
生体に【安全】

 

みなされていました。

 

 

 

     
しかし戦後、世界中の膨大な研究で
          
これら「電波」と総称してくくられる
            
人工的な電磁波
            
生体に有害作用があることが

 

科学的に立証されてきています。
(人類が大好きな科学的根拠ってやつです)      

 

 

電磁生体学の世界的研究で有名な
            
ロバート・ベッカー博士は、
(ノーベル医学賞に2回ノミネート)


電磁波の生体安全基準

 

1mG(ミリガウス)
       
にすべきと主張しています。

 


              
さらに注意すべき点は
             
「1mG以下なら安全」

 

とは言っていないこと!
       

 


       
すべての異常な人工的な電磁波
       
その周波数に関係なく
       
同様の生理的影響をもたらし
       
これらの影響は正常な機能を低下させたり
             
潜在的に有害である

 

と言っています。
       

<電磁波の10の大罪>

①人工的な電磁波は周波数に関わらず  
 すべて人体に
有害 

明らかな発ガン作用     
(イニシエーター効果)

③発ガン細胞の成長を促進する

(プロモーター効果)

④成長細胞に悪影響を与える   
(胎児に
奇形がおこる)

⑤神経ホルモンが変化する

自殺、異常行動が起こる

⑦生理的リズムが阻害される

ストレス反応がおこる

免疫機能が低下する

⑩学習能力が低下する

      
ではここで衝撃的な事実を一つ。

 


       
50~60Hzの電磁波を発生し
       
人体に影響を与える可能性が高い

 

高圧送電線

      
その直下で測定した電磁波の強さは

 

6.1mG


ベッカー博士の主張する

 

安全基準である1mG以下まで

 

距離を取ろうと思えば

      
高圧電線からなんと

 

100m近く離れる必要がある

 

とのこと。

 


       
       
電子レンジなどの家電製品だと

 

3~4mくらい離れなきゃいけない。
       

実際になかに食品を入れた状態で稼働させ

本体から10㎝程度離れた場所の

磁場を測ってみると

9.4mGでした。

高圧電線下より強いんです!

 


そしてなんと。
             
某大手メーカーのハイブリッド自動車
(所有している家庭はかなりあると思われます)


発生する電磁波の強さは


安定走行又は停止時でも

 

10~12mG!

 
高圧送電線の倍の強さです。

 


       

 

てことは、単純に考えれば、運転中は

 

高圧送電線をぐるぐると

 

身体に巻き付けながら

 

電磁波を浴び続けているようなものだ

 

ってことになります。
       

 

 

 

     
こんなデータもあります。
 

1992年、スウェーデン

 

カロリンスカ研究所のアルボム博士らが

 

政府機関や電力会社の協力を得て行った

 

疫学調査の結果を発表しました。

 

 

 

1960年から1985年までの

 

病気登録をもとに

 

スウェーデン国内の送電線がある所から

 

325m以内に1年以上住んだことのある

 

子どもたちを対象に行われた

 

調査の結果です。 

 

(関連記事画像ネットより)

 

その結果、電磁波2mG以上の被曝で

 

小児白血病が約3.8倍

      
1mG以上で約2倍になり


       
       
成人の場合でも、2mG以上の被曝で

 

急性骨髄炎白血病

 

約1.7倍になることが分かりました。
       


       
これがどういうことか、分かりますか。
       
       

 


あくまで可能性の話ですが

 

子どもを某ハイブリッド車

 

乗せ続けることによって

 

白血病になるリスクが上がることが

 

示唆されたということです。
       

 

ハイブリッド車に乗った子どもは

車酔いしやすいという話も・・・
       

 

大都会など

 

ハイブリッド車の過密地域では

 

多くの子どもたちが日頃から
       
大量の電磁波浴びている可能性が

 

高いと思います。

 

子どもだけでなく大人も同様です。

 

 

      
本来、高圧電線から

 

100mは離れないと安全域ではないのに

 

その高圧電線の倍の強さの

 

電磁波を放つ車が、

 

街中うようよしているわけですから。

 

      
 

ここで確認してほしいんですが
              
これらのハイブリット車が

 

事故を起こした場合

     
「近寄って人を救助しようとしないで!」

 

とメーカーサイトに記載されていること

 

ご存知ですか?


 

けが人を助けるな?と思いますが、理由は

      
「感電など重大な傷害を受け、

最悪の場合に至る可能性がある」

 

からだそうです。

 


           
ミイラ取りがミイラにってやつだ・・・。

 

            
最大400Vもの高電圧システム

 

を備えてるんだから納得ですが

    
そんな危険な空間をわざわざお金を出して

 

買ってるってこと・・・なんですよね。

 

 


   
こういった

 

電磁波の危険性

 

事故時の危険性

 

 

共にどちらも


もっと周知されるべきだと思います。

 

 

 

そうすれば購入や事故時には

 

各自の賢明な判断によって
       
行動を選択できるはずです。

 

      
できれば、こういう電磁波が

 

車内に入ってこないように

 

もしくは


車外に漏れないように

 

遮断してほしいと思いますが

 

それにはきっと

 

莫大なコストがかかるんでしょうね。

 


       
それだけのコストを

 

車の見えない部分にしっかりかける会社が

 

あるのかどうか・・・。
(大手には期待できないよなあ)      
 

      
 

そして電磁波といえばWi-Fi

 

現代は屋内も屋外も

 

それぞれの生活圏内のすべてにおいて

 

Wi-Fi環境が充実し、そのおかげで

 

いつでもどこでも

 

インターネットを楽しめるっていう

 

便利な世の中です。

 

ただし!!

 

Wi-Fiは電磁波を発信する末端なので

 

もちろん

私たちの身体に影響があります。

参考論文

 

 

 

 

Wi-Fiによる影響は

 

脳神経系

心臓

精巣

 

などに顕著に現れるようです。

 

特に乳幼児〜若者は、

 

脳を保護する頭蓋骨が薄いため、

 

成人よりも脳に対する影響が甚大です。

 

 

そもそも人間の身体は電気で動いてます。

 

非常に微細な電流が

 

プラスとマイナスの電気を帯びながら

 

絶妙なバランスを保ち

 

身体を正常に保っているんです。

 

つまり、私たちの身体は

 

電気でコントロールされている

 

ってこと。

 

 

だとすれば、電磁波を浴びれば

 

生体電流を乱して

 

健康を損ねることに繋がるってことは

 

容易に想像がつくと思います。

 

 

 

 

      
と、ここまで
             
電磁波は完全悪だ
             
というような論調できましたが。

 


            
それはちょっと違います。

 

 

     
あくまで人体に悪なのは、    
       
人工的な電磁波」です。

 

 

 

       
冒頭にも示した通り

 

私たちが身近に接したり

 

利用しているのは

 

低周波から高周波の電磁波で

 

これらを「電波」と呼びます。

 

 

 


この電波よりさらに低い周波数が

 

家電や高圧電線などの

 

「超低周波」となり


一方、これら電波よりも

 

高い周波数に当たるのが

 

人工ではない

        
自然界に存在する電磁波

 

つまり

 

「光 線」

 

となります。

 


       

<自然療法に用いられてきた光線>
 

 

実は紀元前3000年の地球で既に

(つまり5000年前)

 

電磁波が健康のために

利用されていた

 

のを知ってますか?

 

 

 

      
もちろん今から5000年前といえば
 

LEDはおろか

 

どんな人工光源も存在するはずがなく

 

電磁波(光線)と言えば太陽による

 

太陽光線でした。

 

 

    
       
「え?・・・太陽光線って電磁波なの?」

 

そんな声が聞こえてきそうですが、はい。

   
太陽光線も

れっきとした電磁波

 

です。
            
      
 

紀元前3000年の古代ギリシャでは

 

日光浴場(ソラリウム)が作られ

 

健康増進のために利用されていました。

 

 

また紀元前1360年には

 

エジプトの王が日光浴している様子が

 

石版に彫刻されています。

 


       

日光浴なんてただ

 

日に当たってるだけじゃん!

 

と思いがちなので・・・。

 

太陽光線が医学的に用いられた

 

歴史を辿ってみます。

 


       
医学の父、疫学の祖と呼ばれる

 

ヒポクラテスは     
       
日光を使って

 

骨折や疫病などのさまざまな治療を

 

行っていたことがわかっています。

 

紀元前400年頃に彼が

 

ギリシャのコス島に作った病院が

 

日光療法のためのものでした。

 

 

 

その後、キリスト教を主体とする

 

中世ヨーロッパの時代になると

 

日光療法は衰退しましたが

 

14世紀になると大流行した

 

黒死病の殺菌消毒のために

 

日光療法が用いられたことから、また

 

太陽光の力が見直されます。

 

 

 

さらに時代は進んで19世紀。

 

ナイチンゲールが看護師として活躍した

 

クリミア戦争

 


       

野戦病院で屋内に収容しきれず

 

外で治療をしていた傷病兵のほうが

 

屋内の兵士たちより回復が早いことに

 

気がついたナイチンゲールは、積極的に

 

屋外治療を行ったと言われています。

 

 

 

さらに西暦1000年

 

アラビア王室医師であったアビセンナは

 

「十分な太陽と空気の前に

 疾病は起こり得ない」

 

と言っています。

 

 

 


       
というように・・・

 

電磁波というと、私たちは皆ひとまとめにして

 

「悪の象徴」のように捉えますが

 

正確には違います。
       


身体に有益な

電磁波もある

 

んですね。

 


       
              
物事を捉えるときは一方からだけでなく
              
多角的に見るべし。

 

そして、深く追求してみると
              
意外な事実が見えてきて興味深いです。

 

 

 

 

 

 

 

「人工的な」電磁波には確かに

 

恐ろしい毒性がある。

 

だから
             
可能な限り

避けるべき

      
 

もしくは

 

浴びたものは

放出すべき。




      
でも
       

      
自然界の電磁波(光線)には

素晴らしい力もある

 

ってこと。

 

 

      
そしてさらに
       
その光線も度を超えれば

 

また害になる(熱中症や皮膚ガンなど)

 

「過ぎたるは・・・」ってやつですよね。

 

 

 

 

情報化社会である現代は特に
       
表面的なことだけで学びを止めると

       
情報にただ振り回される

 

ことになります。

 

 

 


       

      
深く掘り下げることも忘れずに
              
常にぶこと。

 

既存の概念や周知の物事には

 

疑いをもつべし。

     

 

ちなみに・・・

 

5Gとコロナ蔓延の因果関係がよく

 

話題になってますよね。

 

私は大いに関係あると思っています。

 

 

 

 

ただし決して5Gがコロナ感染の

 

唯一の原因というのではなく

 

5Gが人体に悪影響を与えて

 

結果としてコロナウィルスの拡散を

 

助長している、という解釈です。

(ここを勘違いして5Gは安全だ!

   って叫ぶ方いますね)

 

 

 

いや、だって

 

3Gだろうが4Gだろうが

 

電磁波自体が既に

 

免疫系を弱体化

 

させる要因なわけなので・・・。

 

5Gが無害なんて、んなことありえない。

 

 

 

 

 

あとですね・・・

 

SNSで5Gの危険性が拡散されると

 

「それは偽情報だ!」ということで

 

Twitter

 

Facebook

 

そういった情報を提供する

 

アカウントを停止したり

 

投稿自体を削除したりする

 

動きがあります。

 

WHOも

 

「5Gは新型コロナを拡めません」と

 

文書を公開しましたよね。

 

 

 

日本語訳すると↓

5Gは新型コロナウィルスを広めません。
ウイルスはネットワーク上を移動できません。
新型コロナは、5Gモバイルネットワークがない国で
感染が拡大しています。
新型コロナは、感染した人が咳やくしゃみをしたり
話をしたりした時
呼吸器の飛沫を介して感染します。
また、汚染された表面に触れた後に
目、口、または鼻に触れることでも
感染する可能性があります。

となるんですが

 

だいたい、ウィルスが

 

ネットワーク上を移動するなんて

 

誰も思ってないし。

 

おかしいと思いません?

 

そんなに必死になって

 

5G反対派を潰そうとしなくても・・・

 

って(苦笑)

 

 

ちなみに

 

youtubeで「5G」って検索すると

 

表示はこの順序になります。

 

 

5G賛成・推進派の動画が

 

ずら〜っと並びます。

 

芸能人パワーも炸裂。

 

 

 

で、こういった5G反対動画は

気が遠くなるくらい

延々とスクロールした後

やっと出てくる感じです。

 

5G導入で得する(儲ける)人は誰?

 

 

そんなことを考えるとまた

 

世の中の闇の部分が浮き彫りになってきて

 

興味深いな、と私は感じています。

 

 

 

 

 

電磁波、5Gだけに留まらず

 

世の中に溢れる情報については

 

すべてにおいて

 

特定の情報に偏らないこと。

 

 

 

相反する情報が錯綜しても

 

パニックにならず

 

「自分がどう感じるか」に

 

意識を向けること。

 

 

つまりは

 

どの情報に自分の心が共鳴するか

 

です。

 

 

 

もちろんそこに

 

多数決の原理を採用しないこと。

(日本人にはこれすっごく大事!)

 

赤信号みんなで渡れば怖くない」状態を

 

避けるためです。

 

 

そして、必ず

 

自分自身で情報を集めること!

 

反対意見も積極的に取り入れ

 

理解した上で

 

それらを取捨選択し

 

自分軸を整えていく。

 

 

 

そうすれば、どんな状況に置かれても

 

自分を信じ地に足つけて

 

生きていけるようになります。

 

 

 

 

 

 

合掌お願い

 

 

 

 
キラキラ人気記事キラキラ

①位 

sagittarius-leo.hateblo.jp

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

アナタの周りには
「地球にも人にも動物にも優しい」
そんなアイテムが溢れてますか?

真の健康美に必要なのは
真のオーガニックの力です。

人の為だけではありません。

オーガニックの素晴らしさ、それは
関わる生命全てが幸せでいられる
ということ。

organicを日常に!

アイテム紹介blog

organicアイテムshop

 

 

浴び続けた電磁波をデトックスするには

 

まずは!本来もつ体の機能を

 

正常化する必要があります。

 

そして

 

これから体に入れるものの選別が

 

重要になります。

 

 

健康美を手に入れる

 

自然環境を守る

 

動物愛護に協力する

 

児童労働問題を解決する

 

収入を得る

 

 

 

これら全てを叶えてくれるのが

 

オーガニック。

 

 

関わる生命すべてが幸せになれる

 

オーガニックビジネス

 

無料セミナーで公開します。

セミナーはこちら