シンママ実業家👠オーガニック専門家🌴ayanoの呟き

\すべてのママをhappyに/「健康」と「お金」は幸せになるための2大条件。 経歴20年の起業コンサルタントとして、最先端オーガニックを学んだオーガニック専門家として、健康とお金を最短で手に入れる方法をお伝えします。

【先進国一残念な国、日本】生き方も死に方も自分で選ぶ!自分で決める!

3大療法にしがみついた場合の

(手術・放射線・薬物)

 

 

 

 

 

 

ガンの末期は壮絶です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腹水がたまり動けなくなる。

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

 

痛みに耐えられなくなるとモルヒネを使われ、

 

 

 

 

 

 

意識がもうろうとした中苦しんで逝く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は力尽きて死んでいく感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そばでずっと母をみてきたから分かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、私は

 

 

 

 

 

絶対にガンにならないと決めています。

(ガンは生活習慣病なので予防できるモノです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念なことに、

 

 

 

 

 

 

 

日本はガン大国です。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

世界的にみると、先進国ではガンは減ってきています。

 

(先進国でがん死亡者数が増え続けているのは日本だけ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特にアメリカでは、1990年頃から右肩下がりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではなぜ医学が発達しているといわれる日本で

 

 

 

 

 

 

 

 

今なおガンが増え続けているのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら、日本では

 

 

 

 

 

 

 

病気になってもらわないといけない人たちがいるようで、

 

 

 

 

 

 

 

 

その人たちがいろいろなことを支配している可能性が高いです。

(つまり、必要な情報は隠されており、情報操作されている。)

 

 

 

 

 

 

なんていうか・・・、マスコミは、

 

 

 

 

 

 

気持ちがいいくらい、嘘つきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま、それはさておき、

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン減少について海外に成功事例があるのなら

 

 

 

 

 

 

 

それを学べば良いと思い調べてみたところ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカでは「マクガバンレポート」以降、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガンが減っていることがわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

<マクガバンレポートとは・・・>

 

 

 

 

 

 

1970年代のアメリカでは、死因の上位2つの病、

 

 

 

 

 

心臓病とガンがどんどん増えていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このままでは、病気が増えすぎて、

 

 

 

 

 

 

医療費が嵩み国家予算が破綻しかねない

まさに今の日本と同じ状況です)

 

 

 

 

 

 

と、当時のフォード大統領が

 

 

 

 

 

 

 

 

病気の原因を徹底的に調べる方針を出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカ上院栄養問題特別委員会を設立し、莫大な予算をかけて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徹底的に心臓病とガンの原因が調べ、2年後の1977年に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5000ページにのぼるレポートが発表されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが「マクガバンレポート」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

その驚きの内容が以下の通りでした。

 

 

 

 

 

 

 

<概要>

 

 

 

 

 

 

「我々の慢性病は

 肉食中心の誤った食生活がもたらした<食原病>であり、

                         

 薬では治らない。」

 

 

 

 

 

 

 

「我々はこの事実を率直に認めて、

 

 すぐさま食事の内容を改善する必要がある。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<食事改善の指針>

 

 

 

 

・肉、乳製品、卵といった動物性食品を減らす。

 

 

 

・高脂肪、高カロリーの食品も減らす。

 

 

 

・できるだけ精製しない穀物や野菜、果物を多くとる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、食事や栄養のとり方と病気の関連

 

 

 

 

 

 

 

初めて公式の場で明らかになりました。

 

 

 

 

 

 

 

そして結論的には、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間の体は、それを構成しているひとつひとつの細胞が

 

 

 

正常なバランスをとっていれば

 

 

 

 

 

 

 

病気にならない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、

 

 

 

 

 

 

 

 

細胞を正常に働けるようにしてやれば病気は治る

 

 

 

 

 

 

 

 

細胞に栄養を与えることがこれからの医学である。

 

 

 

 

 

 

 

 

と結んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが1977年のことです。今から43年も前。

(つまり、43年前から、ガンの原因は解明されてたということになります)

 

 

 

 

ジョージ・スタンリー・マクガヴァン)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからアメリカの栄養学が一気に進みました。

 

 

 

 

 

 

 

細胞レベルにいかに必要な栄養素を届けるか、という学問です。

 

 

 

 

 

 

 

食事の重要性が理解され、

 

 

 

 

 

 

栄養学に基づいた食事法がどんどん開発されました。

 

 

 

 

マクロビオティック

 

「分子矯正栄養学」

 

酵素栄養学」

 

ゲルソン療法

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、栄養素の研究も進み

(日本では、

 蛋白質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル、食物繊維、水の7つの栄養素で学びますが)

 

 

 

 

 

 

 

 

8番目の栄養素「ファイトケミカル(抗酸化物質)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9番目の栄養素「酵素(エンザイム)

 

 

 

 

 

 

 

 

が新しく発見されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカの栄養学ではこの9種類の栄養素を

 

 

 

 

 

 

 

「高校の一般教養」で学ぶそうです。

 

 

(この時点で日本は完全に遅れを取っていることになります。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、アメリカではもう一つ画期的な医療制度を作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

自然療法士の制度です。

 

 

 

 

 

 

これは、薬に頼らず、食事・栄養療法などで治療をする

 

 

 

 

ドクター資格です。

(自然療法と呼ばれる治療には、アロマテラピーホメオパシーリフレクソロジー、睡眠療法、

 東洋医学心理療法作業療法など幅広く、自然療法士は、

 これらの自然療法のいくつかを組合わせて使うこともあります。)

 

 

 

 

 

6年制の専門大学を卒業後その州のライセンスを取ると開業でき、

 

 

 

 

 

保険適用となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカではガンになると、日本と同じ

 

 

 

 

 

 

 

3大療法のドクターにするか、

 

 

 

 

 

 

 

自然療法士にするか、

 

 

 

 

 

 

 

 

好きな方を選択できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マクガバン・レポート

 

 

 

 

 

 

 

ガンは薬では治らない

 

 

 

 

 

と断言したわけなので、全く自然な流れですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、マクガバンレポートを参考に

 

 

 

 

 

 

 

<がん(病気)にならない為の推奨生活スタイル>

 

 

 

 

 

 

をまとめてみますと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・主食は玄米、雑穀、または全粒のパスタ、パンなど

  

 精製していない穀物主体とする。

 

 

 

 

 

 

酵素が含まれた生野菜、果物、発酵食品を多く摂る。

 

 

 

 

 

 

代謝酵素に必要な

ビタミン、ミネラルをバランス良く摂る。

 

 

 

 

 

 

良質の油を積極的に摂る

 

 

 

 

 

 

年齢に合わせた食事量にする。

 

 場合によっては酵素サプリを使用する。

 

 

 

 

 

 

化学物質は出来るだけ避ける。

 (食品添加物、農薬、薬、人工甘味料等)

 

 

 

 

 

遺伝子組換え食品を食べない。

 

 

 

 

 

 

 

ファスティングを定期的に行う。

 

 

 

 

 

 

・よく噛む。(最低30回理想は50回)

 

 

 

 

 

 

 

・夕食は就寝3時間前には済ませる。

 (食べてすぐ寝ない)

 

 

 

 

 

 

 

酸化を意識して、還元するものを積極的に摂る。

 

 

 

 

 

 

ストレスを溜めない。

 

 

 

 

 

 

という感じになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

化学物質や有害物質、自然界にないものを食べるのは良くない、

 

 

 

 

 

 

 

これはもう、ほとんどの人が分かりきっていることだと思いますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

調べれば調べるほど、

 

 

 

 

 

 

 

 

現代の日本の食材はほとんどがNGです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野菜、お米、果物は農薬まみれ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも農薬は世界で禁止傾向になる危険なものをどんどん使う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加工食品は食品添加物遺伝子組み換えだらけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、法の網をくぐり抜け、

 

 

 

 

 

 

 

添加物や遺伝子組み換えを使っていても表示されない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイエット食品によく使われる人工甘味料化学合成品。

 

 

 

 

 

 

 

 

有機栽培の肥料は

 

 

 

 

 

 

 

 

遺伝子組み換えのエサを使った飼料を食べた

 

 

 

 

 

 

 

家畜の糞を使っている可能性がある。(世界基準では禁止

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

品種改良のおかげで野菜の栄養素はどんどん減る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界が禁止傾向のトランス脂肪酸

 

 

日本では全くのフリー。

 

 

 

 

 

 

 

などなど・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだありますが、これほどまでに

 

 

 

 

 

 

 

日本の食料品は汚染され、

 

 

 

 

 

 

 

食卓は窮地に追いやられています。

 

 

 

 

 

         

 

 

 

 

 

 

 

じゃあどうすればこの現状を変えられるか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その為の1つの手段として私は、

 

 

 

 

 

 

 

 

一人でも多くの人が

 

 

 

 

 

 

 

知りたくないかもしれない真の情報を

 

 

 

 

 

 

 

 

発信していく必要性がある、と強く感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真の情報というのは、実は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大企業やマスコミ、メディア、地方、国といったものではなく、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さくてか弱い、

 

 

 

1個人といった小規模媒体から発信されるものだったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

権力者を頂点としたピラミッド型の社会構造はもはや時代遅れ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年からはまさに、クラスター型社会となっていきます。

 

 

 

 

 

 

円の中で、個々が自分の居場所をしっかりと見つけ、

 

 

 

 

 

 

使命(役割)を果たしていく。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頂点に立つものの私利私欲で多くの人が振り回される、

 

 

 

 

という世の中は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう終わりにしなければいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話のスケールが大きくなっちゃいましたが・・・話を戻しまして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

添加物たっぷりの

 

 

 

 

 

 

栄養など全くないゴミ同然の物を食べ続け、

 

 

 

 

 

 

病気(ガン)を発症してからもがく人生

 

 

 

 

 

 

 

と、

 

 

 

 

 

 

 

毎日の食事からコツコツと健康を意識して

 

 

 

 

 

 

無添加・無農薬の栄養たっぷりの新鮮な食材を食べ、

 

 

 

 

 

病気知らずで寿命を全うする人生、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらを選択するのかは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生き方も死に方も、自分で選べます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこの1人1人の選択と行動

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やがて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

企業や市場も巻き込み、国のあり方までも変えていける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はそう信じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合掌お願い

 

 

 

 

ダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウン

 

毎日の食事からコツコツと健康を意識して

 

 

 

 

 

 

無添加・無農薬の栄養たっぷりの新鮮な食材を食べ、

 

 

 

 

 

 

 

病気知らずで寿命を全うする人生を選ぶ方は、ぜひ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーガニック生活を始めて下さい!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳細はこちら