シンママ実業家👠オーガニック専門家🌴ayanoの呟き

\すべてのママをhappyに/「健康」と「お金」は幸せになるための2大条件。 経歴20年の起業コンサルタントとして、最先端オーガニックを学んだオーガニック専門家として、健康とお金を最短で手に入れる方法をお伝えします。

【だからあなたは幸せにならない】自分の生きる道は自分で決める

自分の生きる道は、自分が決めます。

 

 

 

 

 

 

 

わたしが生きる道は、だれのものでもなく、わたしだけの道。

 

 

 

 

 

これ、分かってるようでみんな分かっていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば・・・

 

 

 

 

 

 

 

成功者と呼ばれる人のセミナーにいくつも参加して

 

 

 

 

 

その度に助言をもらって納得してそのとおり実行して・・・

 

 

 

 

 

 

でも必ず人生では壁にぶつかるので、

 

 

 

 

 

その度にまた新たな指導者(助言)を求める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スピリチュアルな世界を中途半端にかじった人には

 

 

 

こういった傾向が顕著です。

 

 

 

有名なヒーラーや信仰する教えに依存し、

 

 

 

なにかある度にセッションを受け、

 

 

 

 

 

 

 

 

もはやスピリチュアルのなんたるかさえ分からなくなった

 

 

 

 

「スピリチュアル難民」と化す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病院好きにも多いですね。

 

 

 

 

 

 

頭が痛い、お腹が痛い、熱が出た・・・

 

 

 

 

 

 

不調が出るとすぐに病院に駆け込んで、医者から出される薬を飲む。

 

 

 

 

 

 

薬は不調を治しているわけではなく

 

 

 

 

今出ている症状を抑える、もしくは

 

 

 

 

感じないように身体を麻痺させて

 

 

 

 

その場を凌ぐだけですので、

 

 

 

 

 

 

また必ず不調は繰り返されて、また病院へ駆け込む。

 

 

 

 

 

 

そうやって、

 

 

 

 

医者(クスリ)なしでは生きていけない(と勘違いした)身体を

 

 

 

 

自ら作り上げていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いずれの例も、

 

 

 

 

 

他人に自分の生き方を決めてもらっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

分かりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一度でも誰かに生き方(行き先)を聞いてしまうと

 

 

 

 

 

 

それはまるで中毒のようになり

 

 

 

 

 

 

 

いつも次の手段や行き先を教えてもらわなければ

 

 

 

 

 

自分だけでは動けなくなります。

 

 

 

 

 

 

自分の人生なのに、誰かに指示してもらわないと

 

 

 

 

 

 

怖くて仕方なくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

将棋は常に何手も先を読んで指していきますが、例えるなら

 

 

 

 

 

どこにどの駒を動かすか、を全て誰かに耳元で囁いてもらいながら

 

 

 

 

 

戦っている状態です。

 

 

 

 

 

 

もはや自分は言いなりに動くだけのロボットと同じ。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、

 

 

 

 

先の先を読んで生きることを否定しているわけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題はそれを

 

 

 

 

 

 

他人任せにしていること。

 

 

 

 

 

他人に依存しているということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これでは

 

 

 

 

自分はなにをしたいか?

 

 

 

 

どうしたくて、そうしたのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

分からなくなるのは当たり前です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、

 

 

 

 

 

世のお母さんたちに強く言いたいのですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもも同じです。

 

 

 

 

 

子どもには子どもの人生があり、

 

 

 

 

 

子ども選ぶ道があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さんがなりたかった職や、叶えたかった夢は、

 

 

 

お母さんのものです。

 

 

 

子どもにはまったく関係ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さい頃から、あーしなさい、こーしなさいと

 

 

 

将棋のコマをお母さんに動かされ続けた子どもは、

 

 

 

 

 

 

自分の行動を、

 

 

 

 

 

生き方を、

 

 

 

 

 

 

 

自分で選べなくなっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自信が育たず、親や友人にどんどん依存します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらによくある最悪なパターンが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

小さいうちは、あーしなさい、こーしなさいと煩かった親が、

 

 

 

 

 

 

ある年齢に達すると急に【もう自分で決めなさい】と突き放すこと。

 

 

 

 

 

 

今まで好きなだけコントロールしてきて、また

 

 

 

 

 

【大きくなったんだから、自分でやりなさい】と

 

 

 

 

 

身勝手にコントロールするワケです。

 

 

 

 

 

子どもからしてみたら迷惑以外のなにものでもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもには小さい頃から【決める癖】をつけさせることが大切。

 

 

 

 

間違ってもいいから、

 

 

 

自分で決めさせる。

 

 

 

 

 

自分で決めて、自分でやって、そうすれば

 

 

 

 

失敗したら、次は失敗しないように工夫するし、

 

 

 

 

成功したら、どんどん自信をつけていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

創意工夫も生まれて

 

 

 

 

 

生き抜くチカラが増していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

親としてできることは、子どもが自分で決めたことを心から応援し

 

 

 

 

 

失敗した時には精一杯フォローすることだけ。

 

 

 

 

 

それ以上のことは余計なお世話。

 

 

 

 

 

むしろやるべきではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親にやらされる、約束させられるということは

 

 

 

 

子どもの自主性を潰すことに繋がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分から約束できるように

 

 

自分から行動できるように

 

 

自分から目標を立てられるように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちの自力を引き出すのが親の役目だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が普段意識していること、それが

 

 

 

 

【子どもの生き方に口を出すな。求められたもののみ与える】です。

 

 

 

 

 

 

いや、実際心の中ではかなり葛藤がありますよ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、

 

 

 

 

 

 

 

我が子が我が子の人生を謳歌して

 

 

 

 

イキイキと失敗し

 

 

 

イキイキと成功し

 

 

 

 

イキイキと歩く

 

 

 

 

 

 

そんな姿を静かに見守るのが

 

 

 

 

 

 

親の役目だろうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に愛するってのは

 

 

 

転ばせないことじゃない。

 

 

 

転んだときにすぐ抱きしめることでもない。

 

 

 

 

 

 

抱きしめて欲しいと訴えた時に

 

 

 

 

はじめて思いっきり抱きしめることです。

 

 

 

 

 

 

何故なら、

 

 

 

転んで抱きしめるのは、実は

 

 

 

自分が抱きしめて欲しいからである場合が多く、

 

 

 

当の本人(子ども)はそれを求めていないかもしれないから。

 

 

 

 

 

 

 

 

要するに、

 

 

 

心配しすぎない・先読みしすぎない、

 

 

 

子どものことは子どもに任せる

 

 

 

ってことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが、幸せな人生を歩みたいと思うなら、まずは

 

 

 

 

自分にとっての「幸せ」を定義すること。

 

 

 

 

 

金持ちになることが幸せな人もいるだろう。

 

 

家族みんなと同じ家に暮らすことが幸せな人もいるだろう。

 

 

世界中を旅しながら

 

 

その日暮らしで生きることが幸せな人もいるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

自分の幸せを定義したら、

 

 

 

 

その「幸せ」が必ずしも誰かの「幸せ」とは限らない、

 

 

 

 

ってことに気づいてください。

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・

 

 

 

 

 

 

 

自分の幸せに向かって

 

 

 

 

 

 

自分はどうありたいか、

 

 

 

 

何をしたいのか、を

 

 

 

 

 

 

自分で決めます。

 

 

 

 

 

誰かに決めてもらってはいけません。

 

 

 

 

 

 

外部からの意見はほんのちょこっと、

 

 

 

 

 

スパイス程度に聞くくらいで十分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは逆の立場になっても忘れないでほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたがどんなに成功していようが

 

 

 

どれほど立派な人生を歩んできていようが、

 

 

 

誰の生き方にも口を出すべきではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

相手が大切な人であればあるほど、黙って見守るべき。

 

 

 

 

 

 

 

あなたがレールを敷いてしまったら、

 

 

 

 

 

 

その大切な人は、

 

 

 

 

 

 

あなたがいなけれな生きていけないという

 

 

 

 

 

とてつもなく不幸な人生を

 

 

 

 

 

 

歩むことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたこそが大切な人を不幸にしていることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この地球上には約75億9000万の人が存在すると言われます。

 

 

 

 

 

そのそれぞれの人に

 

 

 

 

 

それぞれの「人生」というストーリーがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分のストーリーの主人公は自分です。

 

 

 

 

 

世界でたった1つのストーリーを創っていく

 

 

 

 

 

責任者は自分です。

 

 

 

 

 

 

だから・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

もしあなたが今、他人の人生を生きている状態ならば

 

 

 

 

 

 

直ちに脱出してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが主人公である人生物語のストーリーは

 

 

 

 

 

 

すべてあなたが決めなくてはいけません。

 

 

 

 

 

 

あなた以外の人はみんな、あなたを引き立たせる脇役に過ぎない。

 

 

 

 

 

そこをお忘れなく。

 

 

 

 

 

 

合掌🙏

 

 

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽ 

 

私のお伝えする働き方は、

 

 

いつ働くか

 

どこで働くか

 

誰と働くか、

 

いくら稼ぐか、

 

 

全て自分で決められます

 

 

私は脇役として、そのノウハウをお伝えするのみ。

 

 

 

 

 

ぜひあなたのビジネスストーリーを

 

 

 

 

あなたの手で創り上げてください!

 

 

 

その第一歩はこちらから。