Health健康&Moneyお金は同時に手に入れる

「健康」と「お金」は同時に手に入れましょう。 経歴20年の起業塾専任講師として、 ドイツ・オーストラリアの最先端オーガニックを学んだ オーガニック専門家として、 健康とお金を最短で手に入れる方法をお教えします。

「あなたを愛してるからこそ・・・」それは、余計なお世話だ。

愛するってことは、

 

 

 

 

 

一言で表現するなら

 

 

 

 

 

 

 

【全てを許す】

 

【ありのままを受け入れる】

 

 

 

 

 

 ってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どこの親もよく言うセリフに

 

 

 

 

 

 【あなたを愛してるから言うのよ!】

 

 

 

ってのがありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 これって嘘です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、いや、本人的には本気です。

 

 

 

 

 

本気で愛していると思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

でも、

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと考えてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたのエゴで、あなたの自我

 

 

 

 

 

子どもをコントロールしようとしてませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本心では、

 

 

 

 

 

愛していると思い込んでいる相手(子ども)が、

 

 

 

 

 

自分(親)の思い通りになることを

 

 

 

 

 

望んでいるだけじゃないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手にもっと人生を楽しんで欲しい!とか、

 

 

 

 

 

 

こうした方が生きやすくなるんだから、とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それ、余計なお世話です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな自分のために生きています。

 

 

 

 

 

 

あなたの愛している人は、

 

 

 

 

 

 

 

あなたの為に生きてはいません

 

 

 

 

 

 

それを望むべきではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたはもしかしたら心の奥底で

 

 

 

 

 

「あなたの為に生きる」

 

 

 

 

 

 

と言ってくれることを願っていませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それ、傲慢でワガママです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう1度言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの大切な人は、

 

 

 

 

自分の為に生きています。

 

 

 

 

 

それは(夫や恋人はもちろん)

 

 

 

 

子どもであっても例外ではありません。

 

 

 

 

 

 

子どもは親のために生きるのではない

 

 

 

 

 

 

 

自分の描いてきた人生の青写真に添いながら

 

 

 

 

この世でやるべきことをやっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもに親の敷いたレールを走らせようとするのは、

 

 

 

 

 

親が親自身にとって都合がいいから、ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生の主導権を握るのはその人生を歩む本人だけです。

 

 

 

 

 

 

 

あなたは、

 

 

 

 

あなたの大切な人の人生の一部に関わっているだけであり、

 

 

 

 

 

また同じように

 

 

 

 

 

あなたの大切な人は

 

 

 

 

 

あなたの人生に、

 

 

 

 

 

ほんの少し関わっているだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、夫婦になると勘違いする人が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

夫婦で同じ方を見なくちゃいけない、、

 

 

なんでも相談しなくちゃいけない、、

 

 

夫婦なんだから、、、

 

 

運命共同体であるべきだ・・・。

 

 

 

 

 

 

以前のブログにも書きましたが、

 

 

 

 

男性は女性を、

 

 

女性は男性を、

 

 

 

 

活かしてこそ真の夫婦と言えます。

 

 

 

陰陽のバランスが保たれるってもんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なのにこれがいつの間にか、

 

 

 

窮屈な感覚に変化してしまう。

 

 

 

 

 

 

お互いに知らず知らずに束縛し合って、

 

 

 

 

認め合うふりをして、

 

 

 

 

結局は自分の思い通りにしたい・・・。

 

 

 

 

 

 

辛辣かもしれないけど、これが現実です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本気で彼を愛しているなら、

 

 

 

彼を自由にしてください

 

 

 

 

 

 

本気で彼女を愛しているなら、

 

 

 

彼女の全てを認めてください

 

 

 

 

 

 

 

本気で子どもを愛しているなら、

 

 

 

子どもに全てを任せてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら皆、自分の人生を一生懸命生きているから。

 

 

 

 

 

何かを感じ、何かを体験し、

 

 

 

 

何かを得ているからです。

 

 

 

 

 

 

 

それをあなたの人生に

 

 

 

無理矢理つき合わせてはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

あなたの人生はあなたのもの。

 

あなた以外の人生はあなた以外のもの。

 

 

 

 

 

それぞれの人生は味わい尽くすためにあります。

 

 

 

 

 

あなたは、

 

 

 

誰かの人生にとっては、

 

 

 

少しのエッセンスとして存在するだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、あなたはあなたの人生を楽しみ

 

 

 

味わうことに集中すればいい。

 

 

 

誰かの人生にまで首を突っ込まなくていいんです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

「愛してるから・・・」

 

「愛してるなら・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

この言葉が出てきたら、要注意。

 

 

 

 

自分のエゴに気づくチャンス!

 

 

 

 

 

 

愛してるから、黙ってられない。

 

愛してるなら、分かってよ。

 

愛してるなら、こうしてよ。

 

愛してるから、当たり前。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分のエゴ、自我、ワガママが

 

 

 

ニョキニョキと出てきていませんか?

 

 

 

 

 

 

 

「私はこんなにやってるのに!」

 

 

 

って感じるならば、

 

 

 

 

 

 

 

あなたはもっと自分を

 

 

あなた自身がもっと自由になればいい。

 

 

 

 

あなたの人生歩めばいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

決して別離をすすめてるんじゃないですよ。

 

 

 

 

 

 

お互いに尊重し合いましょうってこと。

 

 

 

 

 

難しいけれど、これが出来るとかなり楽になります。

 

 

 

 

 

夫婦関係も親子関係も・・・。

 

 

 

 

 

ほとんどの人がこの問題に囚われ苦しみます。

 

 

 

 

 

 

 

語弊があるかもしれないけれど、

 

 

 

 

諦める事も大切です。

 

 

 

 

 

 

諦める=嫌になる

 

諦める=捨て鉢になる

 

 

 

 

 

こういう感覚の諦める、ではなくって

 

 

 

 

諦める=許す、許容

 

 

 

 

こっちの感覚が理解できると楽チンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「悟る」って言葉がありますが、これって、

 

 

自分以外のことは自由にはならない

 

 

ってことを知り

 

 

それを受け入れるってことかもしれません。

 

 

 

 

 

そして、相手を尊重し、自由にして許す事が

 

 

結果的に

 

 

自分を許し、真の喜びに繋がっていく・・・

 

 

んじゃないですかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたはあなた人生を楽しみ、

 

 

 

 

大切な人は大切な人人生を楽しむ

 

 

 

 

 

 

無理に同じ方を向かせたり、

 

 

 

 

 

同じ位置で同じ歩幅で進んだりしなくていい。

 

 

 

 

 

お互いに心地よく寄り添い、語り合うことで

 

 

 

 

 

楽しみや幸せを倍増させるだけで十分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこにはエゴは存在せず、

 

 

 

 

 

 

 

相手の喜びを、自分の喜びとして

 

 

 

 

 

受け取れる自分がいるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 合掌お願い