Health健康&Moneyお金は同時に手に入れる

「健康」と「お金」は同時に手に入れましょう。 経歴20年の起業塾専任講師として、 ドイツ・オーストラリアの最先端オーガニックを学んだ オーガニック専門家として、 健康とお金を最短で手に入れる方法をお教えします。

【ゲノム編集食品part3】食の安心安全を守るのは私たち国民の言動のみ!

ゲノム編集食品に関する記事は3日連続となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

〜ゲノム編集食品OKの日本とNGの欧州〜

 

 

 

 

2019年3月18日、日本は

 

 

 

ゲノム編集食品を解禁することを決定しました。

 

 

 

私は、今回のこの日本の判断によって、

 

 

 

世界規模で日本の食の安全が

 

 

 

疑問視されるのではないかと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

厚生労働省が発表した方針によると、

 

 

 

ゲノム編集技術を用いて開発した食品の一部は、

 

 

 

 

安全審査を受けることなく

 

 

 

 

届け出を出すだけで販売できるとされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲノム編集食品、規制に関する議論は

 

 

 

 

メディアでほとんど報じられていません

(これがなぜか・・・ということに気付く必要があります)

 

 

 

3月に突然「日本では規制対象外とします」と

 

 

 

流通が開始されたわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

遺伝子組み換え食品に関する表示規制も

 

 

 

 

徹底されていない状況なのに、

 

 

 

 

ここにゲノム編集食品まで入ってきては、本当に

 

 

 

 

買い物が怖くなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

では、安全審査不要の厚労省的OKラインがどこかというと…

 

 

 

 

 

もともと作物が持っている遺伝子を改変するのはOK。

 

 

 

 

外から違う遺伝子を組み込むのはNG、のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

もともとの遺伝子データ内でちょこっと変えることは、

 

 

 

 

自然界で起こる突然変異と同じだよね、

 

 

 

 

という考えです。

 

 

 

 

 

 

 

 

この「自然界で起こっていることと同じ」だから、「安全」

 

 

 

 

という考え方。

 

 

 

 

 

 

ここが、ゲノム編集食品を規制対象としている欧州との

 

 

 

 

 

根本的な考え方の違いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

欧州はゲノム編集の影響を目の前の食品だけでなく

 

 

 

 

 

生態系全体として考えますが

 

 

 

 

 

日本はとにかく売れることを第一に食品の開発を考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年7月。

 

 

 

欧州司法裁判所は、ゲノム編集食品に対し、

 

 

 

すでに規制対象となっている遺伝子組み換え作物と同じく、

 

 

 

厳密な規制を受けなければならないと判断しました。

 

 

 

 

 

 

 

このニュースは世界中で大きく報じられ、

 

 

 

 

ゲノム編集や遺伝子組み換え食品に対する欧州の嫌悪感は、

 

 

 

 

着実に高まり続けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

地産地消やオーガニックに関する市場が

 

 

 

 

年々拡大を続けている背景には、

 

 

 

 

ゲノム編集のような技術によって

 

 

 

 

人為的に生態系を操作してはいけない

 

 

 

 

という考えの強まりが見えてくると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとつの農作物単体でなく、

 

 

 

 

土や空気・昆虫など、その作物をとりまく生態系の

 

 

 

 

大きなサイクルを知っているからこそ、

 

 

 

 

一点のひずみが与える影響の広がりを懸念できるってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本は残念ながら、そんなことよりも

 

 

 

 

目先の利益を優先します。

 

 

 

 

 

 

 

その証拠に、日本の遺伝子組み換え作物の畑から

 

 

 

 

ミツバチがいなくなっていることは、

 

 

 

 

ご存じの方も多いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

それでも「大丈夫」という姿勢を貫き、

 

 

 

企業や国の利益を優先させている我が国。

 

 

 

 

 

 

日本と欧州では、このように深いところまで根付いてしまった

 

 

 

 

考え方の大きな壁があります。

 

 

 

 

 

 

そしてこの壁は、今後経済的な大打撃を生み出すかもしれない

 

 

 

 

と私は感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜ゲノム編集食品は輸入しない〜

 

 

 

 

ゲノム編集を遺伝子組み換え同様に厳しく規制すると決定したEU

 

 

 

欧州圏の人々は、サスティナブルな食卓への意識が高いですが

 

 

 

もう1つ、食に関する傾向があります。それは、

 

 

 

日本食好きが多いということ。

 

 

 

 

 

ヘルシーフードというイメージからスタートした

 

 

 

 

欧州での日本食ブーム。

 

 

 

 

 

今では、星付きレストランのシェフが

 

 

 

日本の在来種の野菜や果物を使用したり、

 

 

 

発酵食品の人気が高まったりと、

 

 

 

日本の伝統的な食文化全体に対する評価が高まっています。

 

 

 

 

 

 

そのため、近年日本食材の輸出を促進する動きも

 

 

 

 

国内で活発になっています。

 

 

 

 

 

 

農林水産物・食品の輸出額は増加を続けており、

 

 

 

 

2018年にその輸出額は過去最高の9,068億円に達しました。

 

 

 

 

 

欧州への輸出額は、アジアや北米エリアに比べると低いものの、

 

 

 

ブランド価値を高めるという点で見れば、

 

 

 

今後も輸出量を増やしていきたい市場です。

 

 

 

 

 

 

しかし、日本の生産者がどんどんゲノム編集を取り入れたとしたら…

 

 

 

 

 

 

国内では売れるかもしれませんが、

 

 

 

 

輸出にストップがかかるかもしれません。

 

 

 

 

なぜなら、EUがゲノム編集食品への規制を決定しているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

遺伝子組み換えに関しては、

 

 

 

 

 

すでにEU加盟国各国の判断により、

 

 

 

 

輸入を拒否できるように定められています。

 

 

 

 

輸入拒否までに至らなくとも、

 

 

 

 

 

厳格な表示義務をクリアする必要は出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、ゲノム編集食材に関しても、

 

 

 

 

同様の規制が行われたとしたら・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

「日本産のゲノム編集食材」は、残念ながら、

 

 

 

 

 

 

食品表示に厳しい欧州消費者からは選ばれないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

間違いなく日本食材は欧州からはじき出される

 

 

 

 

はずです。

 

 

 

 

 

 日本食のイメージは大きく変わってしまうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本食材を堂々と世界に広めるためには>

 

 

 

日本の食材は、「安心・安全」が絶対のキーワードです。

 

 

 

 

国際市場でこの強みが揺らげば、

 

 

 

 

日本食材のイメージは瞬く間に落ちてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

ここでも、日本と欧州の認識(考え方)の違いが

 

 

 

 

 

大きく関わってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本では、「ゲノム編集食材は安心・安全である」と判断したから、

 

 

 

 

流通・販売が始まっているのですが、ではいったいその

 

 

 

安心・安全って、に対してでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

ゲノム編集した食材を食べても、

 

 

 

それが原因ですぐ病気にならないから、安全?

 

 

 

ゲノム編集した食材なら、安いし栄養価が高くなるから、安心?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その食材を買う人、食べる人に害を与えさえしなければ、

 

 

 

 

安心・安全な食材であるという考えは、

 

 

 

 

かなり前時代的な発想です。

 

 

 

 

 

 

 

 

世界はよりサスティナブルな社会へと向かっていて、

 

 

 

人間主体ではなく

 

 

 

地球上のすべての存在の中で

 

 

 

全ての命が共生していく道へ進もうとしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

食においても、食べる人間だけでなく、

 

 

 

環境や生態系にも悪影響を与えないことが

 

 

 

安心・安全の定義とされつつあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな流れの中で、

 

 

 

 

「病気にならない・低コスト・栄養価が高い」

 

 

 

 

という理由だけでは、

 

 

 

 

安心・安全な食材としては世界で受け入れられません。

 

 

 

 

 

 

 

せっかく世界中にその価値を認められている日本の食材。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の食材は環境や生態系に

     まったく配慮していない

 

 

 

 

 

そんなイメージを広めないためにも、

 

 

 

 

 

ゲノム編集食品の開発には

 

 

 

 

 

 

より一層慎重になる必要があると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不安になる状況ばかりクローズアップしましたが、

 

 

 

 

 

明るい光がないわけではありません。

 

 

 

 

 

国内のいくつかの食品メーカーや流通企業は

 

 

 

 

 

ゲノム編集食品流通に慎重に向き合っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲノム編集食品に対して不安を抱いている消費者が

 

 

 

 

 

4割になっているという現代。

 

 

 

 

 

 

 

 

企業の中には、ブランドイメージを守るためにも、

 

 

 

 

ゲノム編集食品の展開を留まっているところがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えばイオンでは、

 

 

 

 

 

イオンアグリ創造という農業事業を行っている子会社で、

 

 

 

 

農作物に関する国際規格「グローバルGAP」取得を目指し、

 

 

 

 

国内の直営農場・契約農家を増やしています。

 

 

 

 

 

 

 

グローバル市場で「生産者の顔が見える食品」の供給を目指し、

 

 

 

 

店舗と農家をつなぐネットワークを拡大し、

 

 

 

 

ゆくゆくはすべての農作物をオーガニックにしたい

 

 

 

 

という高い目標を掲げている企業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<わたしたち消費者にできること>

 

 

 

それはやはり、しっかりと選び、買うこと。

 

 

 

普段の買い物で意思表示をすること、です。

 

 

 

 

 

「安いから買う」

 

「便利だから買う」

 

「流行ってるから買う」

 

 

 

 

 

ちょっと待って。

 

 

 

 

 

 

 

手にとったその食品(商品)が出来上がるには

 

 

 

 

 

 

その背景にどんな想いやどんな命が関わっているか

 

 

 

 

 

 

そこまで考えを及ばせてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすればきっと、買い物が変わってくるはずです。

 

 

 

 

 

そして、そんな1人1人の行動が強く大きな声となって、

 

 

 

 

企業や国までも動かす力となるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

欧州がそうであるように、

 

 

 

 

すべては意識の高い国民1人1人の言動から始まります!

 

 

 

 

 

 

 

合掌🙏

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

時代はサスティナブルな社会を求めています。

 

 

 

時代はオーガニック!

 

 

 

 

 

 

 

オーガニックは、

 

 

 

 

 

健康美を手に入れる最短の道であるだけでなく

 

 

 

 

そこに関わる命全てが幸せでいられる仕組みです。

 

 

 

 

 

ぜひあなたの生活の中にオーガニックを!

 

 

 

 

その方法はこちら

 

【ゲノム編集食品part2】いい○悪い×ではない、ゲノムとの向き合い方

昨日に引き続き今日もゲノム編集について。

 

 

 

 

 

 

 

<外国人が増える日本における問題>

 

 

 

もし日本が、これからも様々な国から人材を受け入れ、

 

 

 

観光客を呼び寄せていきたいのであれば、

 

 

 

食品表示は最重要問題ではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

私は、日本がゲノム編集食品の表示を義務付けない

 

 

 

 

ということに

 

 

 

 

危惧の念を抱いています。

 

 

 

 

なぜなら、

 

 

 

 

 

宗教や自分の信念によって「食べない」を選択する人の、

 

 

 

 

 

知る、選ぶ権利を侵害してしまう

 

 

 

 

可能性があるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、キリスト教内では、

 

 

ゲノム編集という技術が「罪」か「罪ではない」か

 

 

という論争が巻き起こっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり「神学」がゲノム編集の研究や食品の流通において、

 

 

 

 

非常に大きな壁になっている、ということ。

 

 

 

 

これは日本と欧米の大きな違いの1つと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

『ゲノム編集反対派』

 

 

 

 

ヨハネパウロ2世(前々教皇

 

 

 

 

彼は人間への治療目的以外のゲノム編集技術を認めない態度を貫き、

 

 

 

 

他の技術にも批判的でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

もともと、キリスト教イスラム教、ユダヤ教には

 

 

 

 

 

創世神話といって「神が命を作った」という信仰があるのですが、

 

 

 

 

 

 

この考えが強い人は、

 

 

 

「神にしかできない(命を作る)ことを人間がするなんて、

 怪しからん」

 

 

 

ということで、ゲノム編集に猛反対しているわけです。

 

 

 

 

 

他にも

 

 

 

 

・戦争に転用される可能性がある

 

 

 

・ゲノム編集してまで美食を求めることは罪である

 

 

 

 

 

などの声が上がっているとのこと。

 

 

 

 

 

 

さらに、

 

 

 

 

 

食品表示、という点においてはゲノム編集のみならず

 

 

 

 

特にイスラムユダヤ教の方々には、

 

 

 

 

外来遺伝子の中に禁忌となるものが混ざらないか、

 

 

 

 

どこまで管理しているのか、

 

 

 

 

の開示も必要となってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

輸入食品が元で国際問題になっては大変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本は、今のところ遺伝子組み換え食品の表示義務はありますが、

 

 

 

 

 

今後は外国人向けの表示に対応できるかも問われてくると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっとイスラム教徒向けの

 

 

 

 

 

ハラル認証食品が売られるようになってきたばかりの日本に、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遺伝子レベルでの表示を求めるのは難しいのかもしれませんが、

 

 

 

 

 

 

国際社会で生きていくためには早急に対応すべき課題だと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

<ゲノム編集食品流通の中でできること

 

 

 

①情報に流されない

 

 

 

 

 

いつも言う事の繰り返しですが、世の中の情報は

 

 

 

 

ウソ」や「操作されたモノ」が混在している

 

 

 

 

と意識した上で取捨選択し、判断することが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、常に自分軸をもっておくことが大切。

 

 

 

 

 

 

 

 

今後ゲノム編集食品の流通が本格化していく中で、

 

 

 

 

体調不良などの訴えが起きてくる可能性があります。

 

 

 

 

そういった情報を見たときに自分はどう対応するか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間にはプラセボという、

 

 

 

 

 

 

薬などの効果を過剰に解釈し、

 

 

 

 

 

 

病気が治ったと感じる心の動きがあります。

(本当に治ることもあります。)

 

 

 

 

 

 

逆に、よくない前評判に流されて調子が崩れる

 

 

 

 

 

 

ノセボという現象もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ゲノム編集された食品」に過剰に恐怖を感じていれば、

 

 

 

 

 

その思いが現実化します。

 

 

 

 

 

でももちろん、本当に身体に悪影響を与えるものを摂取し続ければ

 

 

 

 

 

当然のことながら、身体は壊れていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

sensitiveな問題だからこそ、

 

 

 

 

まずはいろんな方面からの意見を柔軟に取り入れること。

 

 

 

 

 

決して1つ(1人)の考え方に固執しないこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その上で、自分はどうしたいか、という

 

 

 

 

 

 

 

自分軸をもつことが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

②遺伝子組み換え食品の表示をチェックする

 

 

 

 

 

ゲノム編集食品を避けたいと思うのであれば、  

 

 

 

 

100%ではありませんが、除去できる方法はあります。

 

 

 

 

それは、「遺伝子組み換え食品」を避けるということです。

 

 

 

 

 

ゲノム編集をするときに遺伝子組み換え技術を用いることがあり、

 

 

 


そのとき使った遺伝子は検出できるからです。

 

 

 

 

 

 

 

③ゲノム編集をした食品を扱わない業者から買う

 

 

 

 

遺伝子組み換え食品、ゲノム編集食品を使わない

 

 

 

 

という意思表示をした業者から商品を購入することもできます。

 

 

 

 

 

 

 

また、表示がない場合も

 

 

 

 

 

 

多くの通販サイトには要望を伝える欄があるので、

 

 

 

 

 

情報開示の要求をするのも1つの手だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

情報は積極的に自分から取りに行く、という姿勢をお忘れなく。

 

 

 

 

 

 

 

④自分に合った

 ゲノム編集食品との向き合い方を確立する

 

 

 

 

 

消費者として一番大切なのは、

 

 

 

自分がゲノム編集の食品とどう向き合うかの態度を確立して

 

 

 

意思表明することです。

 

 

 

 

 

 

私は家族に、

 

 

 

 

「遺伝子組み換え食品や、ゲノム編集食品は

 

     

 『生命を弄る』ことに繋がるから食べ(させ)たくない」

 

 

 

だけど、

 

 

 

「最終的な除去は各自の判断に任せる」

 

 

 

 

ということを伝えています。

 

 

 

 

 

 

「どうして嫌なのか」

 

 

 

「どこまで除去したいのか」

 

 

 

 

といった問題意識をきちんと共有しないと、

 

 

 

 

ゲノム編集に問題を感じる者と感じない者の溝が埋まりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

押し付けはよくありませんが、

 

 

 

 

 

 

 

相手が大切な人であればあるほど、

 

 

 

 

 

 

 

自分の考えやそこに至った経緯も含めてきちんと

 

 

 

 

 

 

シェアすることが大事だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、1番ポイントとなるのは、

 

 

 

 

 

 

シェア後の判断は相手に任せること。

 

 

 

 

 

 

 

決めるのは本人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲノム編集はその技術単体はもちろんですが、

 

 

 

 

 

 

 

日本の食品表示の在り方に問いを投げかけている気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

「多様性」とよくいわれるようになりましたが、

 

 

 

 

 

 

 

体の構造は同じ人間でも、

 

 

 

 

 

 

 

心の中に持っている信念や良心は当然異なります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の段階では、ゲノム編集食品の安全性は科学的に証明されておらず

 

 

 

 

 

どういった影響があるか全く分からないという状況が

 

 

 

 

 

余計に社会を混乱させ不安をつのらせていますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

もし仮に今後

 

 

 

 

 

 

「身体に安全だと分かったとしてもゲノム編集食品は食べたくない」

 

 

 

 

 

 

という人がいたときに、

 

 

 

 

 

どこまで寄り添って情報開示をしていくか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはこれからの世論が決めていくんだろうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は多分、この先科学的に

 

 

 

 

「ゲノム編集は全く身体に悪影響がない」と証明されたとしても、

 

 

 

 

ゲノム編集食品を口にしないことを選択します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら、それが私の「自分軸」だからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の自分軸を支えているベースに、

 

 

 

 

「できるだけ自然に生きる(不自然さから離れる)」

 

 

 

 

という考えがあります。

 

 

 

 

 

 

 

遺伝子を操作する、なんてこと、私にとっては

 

 

 

不自然以外のなにものでもないわけです。

 

 

 

たとえそれが「身体に悪くない」ことであっても、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、世の中には

 

 

 

 

「身体に悪影響がないと分かれば、

     ゲノム編集食品も大いに利用したい」

 

 

 

 

という方もいると思います。

 

 

 

 

 

 

 

自分の本質がをれを望んでいるならばそれでいいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

私が言いたいのは、

 

 

 

 

 

 

 

なにが正しくてなにが間違いか、ということではありません。

 

 

 

 

 

ジャッジは必要ない。むしろそこはどうでもいいことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲノム編集食品の安全性を調べただけで満足して終わるのではなく、

 

 

 

 

 

 

自分がどうしたいのか

 

 

 

 

 

 

 

というブレない軸を確立させた上で、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会、環境、経済の観点から、

 

 

 

 

 

 

ゲノム編集食品が長期的に与えるであろう影響について考える。

 

 

 

 

 

 

 

 

その必要と責任が、

 

 

 

 

 

 

 

私たち一人ひとりにあると思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合掌🙏

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

 

時代はサスティナブルな社会を求めています。

 

 

 

 

時代はオーガニック!

 

 

 

オーガニックは、

 

 

 

健康美を手に入れる最短の道であるだけでなく

 

 

 

そこに関わる命全てが幸せでいられる仕組みです。

 

 

 

ぜひあなたの生活の中にオーガニックを!

 

 

 

 

その方法はこちら

 

 

【ゲノム編集食品part1】ゲノムって何!?遺伝子組み替えとは違うの??

そもそもゲノム編集とは何か?

 

 

 

 

ゲノム編集とは、単純に言うと、

 

 

 


生物の設計図である遺伝子を編集して、

 

 

 


人間に役立つ(都合のいい)特性を持たせる技術です。

 

 







もう少し踏み込んで言うと、

 

 

 

 

 

 

突然変異をわざと起こさせる

 

 

 

 

 

ってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

「ゲノム」とは「DNA」とほぼ同じ意味です。

 

 

 

 

 

 

 

 

DNAには、

 

 

 

G(グアニン)、A(アデニン)、C(シトシン)、T(チミン)

 

 

 

という4種類の文字が、

 

 

 

ほぼランダムに並んだ遺伝情報が記されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要するに

 

 

 

 

 

「GTGACCGTCCGGGTA・・・」という極めて長い文字列、

 

 

 

 

 

これがゲノムになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲノムを自由自在に編集し書き変える技術が「ゲノム編集」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、

 

 

 

 

 

 

 

私たちの顔形や身長、体型のような外見から、

 

 

 

 

性格や知能のような内面、さらには

 

 

 

 

運動能力まで変えてしまえることを意味します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あるいはゲノム編集は

 

 

 

 

 

 

 

遺伝子操作技術の一種」という見方もできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜならゲノムという遺伝情報は、

 

 

 

 

 

「DNA上に沢山ある遺伝子の集まり」

 

 

 

 

 

と言い換えることもできるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、ゲノムを編集する(書き変える)ということは、

 

 

 

 

 

 

遺伝子を操作(変更)することでもあるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ゲノム編集のメリット・デメリット>

 

 

 

 

ゲノム編集がなぜ必要とされるのか、というと

 

 



・通常の品種改良では時間もお金もかかることを

 短時間、低コストで行える

 


・花粉が飛ばないイネ科、スギを作り花粉症を防ぐなど

 社会的問題の解消につながる

 


・医療、農業、畜産、化学工業等応用できる範囲が広い

 

 



というような点で秀でた技術だと考えられているからです。

 

 

 

 



日本の場合は次のようなメリットがあります。

 

 

 


○国土が狭い我が国も、農産物の収量が上がる

 


○希少な種も、増やすことが出来る

 

 

 




逆にデメリット

 



✖️操作の過程で予期しない物質が出来る可能性があり、

 アレルギーの要因となる

 


✖️長期間ゲノム編集食品を食べたとき、

 体がどうなるかが不明

 


✖️各国が十分な議論ののち、規制を作れたとは言えない




という点です。

 

 

 

 

 



情報が少なく、ブラックボックスであること、

 

 

 

 


これが最大の問題点と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

<とうとうゲノム編集食品が日本で解禁。>

 

 

 

 

このニュースは実は、9月24日に

 

 

 

クローズアップ現代にごくごく簡単に取り上げられただけで、

 

 

 

完全にマスコミはスルーしています。

(本当に必要な情報は国民には知らされません)

 

 

 

 

 

 

 

 

すでに

 

 

 ・酸化されにくい大豆油

 

・養殖しやすいサバ

 

・血圧を下げる成分(?)の多いトマト

 

・アレルギー物質が少ないトマト

 

・収穫量の多いイネ

 

・身の多いマダイ

 

・食中毒を起こさないジャガイモ

 

 

 

 などの遺伝子編集を受けたモンスター食品が市場に出ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、なんと日本ではこれらの遺伝子編集を受けた食品は、

 

 

 

 

 

国の安全性審査は必要ないという判断が下されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、

 

 

 

遺伝子編集食品について安全性審査が最初に免除されたのはアメリカです。

 

 

 

なぜなら、

 

 

 

遺伝子編集の特許を取っている多国籍企業アメリカに存在するからです。

 

 

 

 

 

アメリカは安全審査もされない遺伝子編集食品を

 

 

大々的にプロモーションしています。

 

 

遺伝子組み換えの時と同じく、税金を湯水のごとく使って、

 

 

遺伝子編集作物を作る農家から高く買い上げているってことです。

 

 

同じ大豆を生産するのでも、倍の値段で買い取ってくれるなら、

 

 

ゲノム編集の大豆を作付けしよう・・・

 

 

切羽詰まった農家であればそう考えてしまうのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<遺伝子組み換えとどう違う?>

 

 

 

 

 

 

 

ゲノム編集とは、簡単に言うと

 

 

 

 

遺伝子の”カット&ペースト”です。

 

 

 

 

 

 

遺伝子組み換えは、目的とする

 

 

 

 

遺伝子を挿入するものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲノム編集は、遺伝子組み換えのように

 

 

 

異物の遺伝子を入れないから安全?

 

 

 

 

あるいは遺伝子をカットするだけだから大丈夫?

 

 

 

 

 

 

 

 

いいえ!

 

 

 

 

 

 

いずれも既存の遺伝子に

 

 

 

 

 

ダメージを与えるという点では同じです。

 

 

 

 

 

 

 

私たちの遺伝子は、

 

 

 

 

 

カットされようが、違う遺伝子を挿入されようが、

 

 

 

 

 

どちらもストレスとして受け取ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なのでどちらにせよ遺伝子全体の

 

 

 

 

機能や構造が崩れることになります

 

 

 

 

 

 

やがて、この遺伝子に起こったストレス反応が全身に及び、

 

 

 

 

慢性炎症やがんを引き起こすことは容易に想像がつきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、ゲノム編集も遺伝子組み換えも、

 

 

 

 

実際はその食品に何が起こっているのかを

 

 

 

 

すべて把握できるものではないので、

 

 

 

 

それを食べた私たちに健康被害で出てから

 

 

 

 

本当のことが分かるということ。

 

 

 

 

 

 

つまり、

 

 

 

 

私たちの身体で

 

 

 

 

臨床実験するよってことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<遺伝子カットの危険性> 

 

 

 

そもそも、この遺伝子のカット。

 

 

 

 

 

 

ターゲットとした部位だけでなく、

 

 

 

ターゲットとしない部位もカットしてしまうそうです。つまり、

 

 

 

ねらった遺伝子を切るはずのゲノム編集のハサミが

 

 

 

別の遺伝子を切ってしまうってこと(オフターゲットのカット)。

 

 

 

 

 

 

これが起きるとどうなるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えばジャガイモ。

 

 

 

 

 

日光にさらされると、ジャガイモは毒を生成します。

(緑色に変色することがその目印です)

 

 

 

 

 

 

 

もし、ゲノム編集で

 

 

 

ターゲットじゃない部分(緑色にする遺伝子)が

 

 

 

切断されてしまったら、

 

 

 

毒が生成されていても緑色にならず、

 

 

 

気づかずに食べてしまう恐れがあるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遺伝子のオフターゲットのカットの危険性は

 

 

 

 

 

このような軽いものだけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちの遺伝子は

 

 

 

 

ゲノム編集技術や放射線などによってカットされた場合、

 

 

 

 

その部位を修復しようとします。

 

 

 

 

この修復時には、たくさんのエラーが起こることが知られています。

 

 

 

 

 

 

つまり、オフターゲットだけでなく、オンターゲットでさえ、

 

 

 

 

修復時にエラー(突然変異)が起こる可能性がある。

 

 

 

 

(がんの突然変異の60~66%はランダムなDNAコピーエラーで起こる。

ジョンズ・ホプキンス大学キンメルがんセンターのCristian Tomasetti准教授とBert Vogelstein教授が

Scienceに発表した新論文で明らかにしました。)

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に、ゲノム編集では

 

 

 

 

深刻な染色体欠損を引き起こすことが報告されているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上の点から考えても、

 

 

 

 

 

ゲノム編集の方が遺伝子組み換えより危険な技術

 

 

 

 

 

といえるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<日本でゲノム編集食品の

    表示義務がない理由は?>

 

 

 

 

こういった危険極まりない技術のゲノム編集ですが、

 

 

今のところ日本では、

 

 

ゲノム編集をした食品の

 

 

 

 

 

表示義務はありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農水省に対する届け出の制度はありますが、

 

 

 

 

あくまで「任意」であって、義務ではありません。

 

 

 

 

その理由は衆議院の答弁でこのように述べられています。

 

           ↓

 

自然界又は従来の品種改良技術でも起こり得る範囲の遺伝子変化により得られるものにつきましては、実際に従来の品種を掛け合わせて選抜していく過程を経て

食品として流通するものであることも踏まえれば、

自然界又は従来の品種改良技術と同程度の安全性は確保されているものと考えられることから、

安全性審査を義務づけることまでは要しないこととされたところでございます。

(第198回国会 消費者問題に関する特別委員会 第3号 令和元年5月14日)

 

 

 

 

 

 

 

品種改良を従来通り行ったものと遺伝子上何ら変わりがなく、

 

 

 

 

区別がつかないから安全だというのが国の言い分です。

 

 

 

 

 

 

 

国は、遺伝子操作は

 

 

 

 

 

今後収益が期待できる産業であると期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が国の自給率は年々減少傾向です。

 

 

 

 

地球温暖化でナシやリンゴの栽培域も減ってきている今、

 

 

 

 

気候を変えるより、遺伝子操作の方がはるかにコストが安い。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、財政界では人々の健康云々よりも、

 

 

 

 

 

 

産業の成長の方が重要ということにほかなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<倫理面から考えるゲノム編集食品>

 

 

 

 

ゲノム編集食品のパラドックスとは?

 

 

 

 

 

ゲノム編集の情報を細かい部分で見ていくと、

 

 

 

 

短期的な安全性の問題ばかりがクローズアップされます。

 

 

 

 

 

しかし、食品の安全性だけが

 

 

 

 

ゲノム編集にまつわるリスクではありません。

 

 

 

 

 

ゲノム編集食品は、

 

 

飢餓に苦しむ人たちのための食糧を増産したり、

 

 

花粉が少ない杉・イネ等を作って花粉症の人を救ったり、

 

 

様々なことが期待されている技術です。

 

 

 

 

 

 

 

 

他方で、

 

 

 

 

 

細菌兵器や有毒生物の増産によるテロを心配する声もあります。

 

 

 

 

 

理論上は毒を作る遺伝子を探し出して、

 

 

 

ゲノム編集すれば強毒を低コストで作れます。

 

 

 

 

 

 

今考えられる問題は、ゲノム編集の技術自体というよりは、

 

 

 

それをどう利用するか、というような

 

 

 

社会的なシステムの問題の部分が多いと感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

<ゲノム編集技術が人間に転用されたら?>

 

 

 

 

食品のゲノム編集の技術はすでに

 

 

 

 

人のゲノム編集に転用されています。

 

 

 

 

 

誰もが容易に想像するであろう、

 

 

クローン人間のようにそっくりな人間を作るということではなく、

 

 

HIVなどの治療の研究が進んでいる段階です。

 

 

 

 

 

 

ただ、食品の場合は、

 

 

 

 

遺伝子組み換えに対する規制である

 

 

 

カルタヘナ法を基準にすることに対して、

 

 

 

 

 

 

 

 

人間の場合は

 

 

ヘルシンキ宣言という医学者たちの取り決めが基準となっている、

 

 

という違いがあります。

 

 

 

 

参考までに、人間への規制がどうなっているかは以下の通り。

 

英国イギリスでは一部例外はあるが、核 DNA あるいはミトコンドリアDNAを改変した

ヒト生殖細胞・受精胚の生殖利用が禁止。

 

中国中国は、生殖を目的としたヒト生殖細胞・受精胚の遺伝子改変を禁止し、

指針違反は研究費喪失、研究実施資格停止の他、場合によっては罰金や失職もある。

 

米国アメリカでは連邦予算からのヒト受精胚研究に対する助成は不可とされている。また、FDAが遺伝子改変された生殖細胞を生殖に使う研究申請の審査の為に

連邦資金を使用することを禁じている。

 

 

 

 

 

 

 

成人を対象にした遺伝子治療でも、

 

 

白血病を2例誘発した報告があるなど、

 

 

ゲノム編集の技術はいまだ不安定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、科学界は、

 

 

 

 

倫理道徳や

 

 

 

 

ヒトという種の生存と発展に関する問題

 

 

 

 

 

で議論が止まっていますが、実際問題として、

 

 

 

 

 

 

 

遺伝子に施した編集というのは、

 

 

 

 

 

 

本人だけでなくその子孫の体に永遠に残り、

 

 

 

 

 

元に戻すことはできません。

 

 

 

 

 

 

 

ヒトの遺伝子は、数十万年から百万年以上もかけて

 

 

 

 

進化・最適化された結果であり、ほぼ完璧な状態になっています。

 

 

 

 

 

 

 

そういった点からも、

 

 

 

 

 

いかなるゲノム編集も、命に対する理解と畏敬の念をもって

 

 

 

 

 

慎重におこなわれなければいけないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現代の軽率で論理性に欠けるゲノム編集は、

 

 

 

 

 

将来

 

 

 

ヒトへの計り知れない損失

 

 

 

 

を生むのでは・・・

 

 

 

 

 

私はそう感じずにはいられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたはこのゲノム編集、

 

 

 

 

 

どう感じますか??

 

 

 

 

 

 

合掌お願い

 

 

 

【ゴリラから人間へのメッセージ】人間は愚か〜ミツバチの絶滅危惧から学べ〜

もしこの地球上からハチが消えたら

 

 

 

 

人類は

 

 

4年しか生きられない

 

 

 

 

 

 

 

この説を述べたのはアインシュタインと言われています。

 

 

 

 

 

 

これは果たして事実なのか?

 

 

 

 

だとしたら

 

 

 

 

ハチは私たちの生活にどのような影響を与えているのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ハチが絶滅したら起こると考えられること>

 

 

 

 

10. ハチミツがなくなる

 

 

 

当然のことながら、ミツバチがいなければ、

 

 

ハチミツを手に入れられません。

 

 

人類は約9000年も前からハチミツを収穫してきました。

 

 

 

ハチミツは食べるものと思っている人が多いですが、

 

 

実にさまざまな利用方法があります。

 

 

 

 

 

化粧品の成分としても使われ、肌や頭皮を健やかにしてくれます。

 

 

 

 

傷や火傷の自然療法、香油、咳の薬、のど飴にも使われています。

 

 

 

 

風邪の引き始めや喉の痛みにも効果がありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ミツバチがいなくなってしまうと、

 

 

 

最高に健康的で使い勝手のいい食品が

 

 

 

過去の遺物になってしまう可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

9. 多くの野菜やフルーツが

 育たなくなる

 

 

ミツバチは地球の生態系の中で、

 

 

 

極めて重要な役割を果たしています。

 

 

 

 

 

国連の報告によると、

 

 

世界の食料の90%をまかなっている100種の作物のうち、

 

 

実に70種以上がミツバチの授粉によって

 

 

生育しているといいます。

 

 

 

 

 

ミツバチがいなくなってしまったら、

 

 

 

 

スーパーに並んでいる食べ物の半分はなくなってしまうとのこと。

 

 

 

 

私たちの食は、ミツバチの活動の上に成り立っていると言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8. 人の手で

 授粉しなくてはならなくなる

 

 

 

ミツバチが完全にいなくなってしまったら、代わりに

 

 

 

人間が授粉しなくてはなりません。しかし、

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとえに人手が足りないため、今、ミツバチがやってくれている

 

 

 

すべての作物に手動で授粉というわけにはいかず、

 

 

 

対象がコーヒーのような

 

 

 

非常に重要なものに限られてしまうでしょう。

 

 

 

 

 

 

しかも、ほんの短期間のうちに授粉させなくてはなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミツバチが何千年もやっているように、効率よく迅速に

 

 

 

 

花のまわりを飛び回って授粉させることは、

 

 

 

 

人間には不可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7. 乳製品が消える

 

 

ミツバチ不在の世界でわたしたちが直面する問題はまだあります。

 

 

 

 

 

ミツバチの授粉のおかげでできる作物を食べているのは、

 

 

 

 

 

人間だけではありません。乳牛もそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

彼らは毎日約45Kgのエサを消費しますが、そのほとんどは、

 

 

 

 

 

ミツバチによる授粉を必要とする(アルファルファの)干し草です。

 

 

 

 

 

 

ということは、ミツバチがいなくなれば

 

 

 

乳牛のエサが足りなくなり、乳製品ができなくなることが

 

 

 

容易に想像できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

6. コットンが育たなくなる

 

 

 

 

ミツバチが授粉する作物は食べるものだけではありません。

 

 

 

 

被服産業には不可欠のコットンもそう。

 

 

 

 

 

 

コットンの服を着る機会は多いし、

 

 

 

 

コットンが使われている服はたくさんあります。

 

 

 

 

 

ポリエステルなど、

 

 

 

 

コットンに似た素材の服を作ることができる一方で、

 

 

 

 

こうした合成繊維の新たな需要は製造に大きな負担がかかり、

 

 

 

 

現在のコットンのような大量生産はできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

言うまでもなく、

 

 

 

 

 

ミツバチ絶滅後の衣料の世界は大きく変わるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5. 人間の主要タンパク源の変化

 

 

幸いなことにブタは雑食で、

 

 

 

鶏はミツバチが授粉する作物は食べません。

 

 

 

 

 

つまり、多くの人間の主要なタンパク源は、

 

 

 

それが良いか悪いは置いておいて、

 

 

 

おそらく、豚肉や鶏肉になるということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4. 食べ物の値段が高騰する

 

 

 

 

これまで見てきたように、多くのフルーツや野菜が

 

 

 

 

これ以上育たない状態になり、食べ物が不足します。

 

 

 

 

 

 

 

人間の手で授粉はできるとはいえ、

 

 

 

 

 

 

絶対量の少ない食べ物の値段が上がることは必至です。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、ミツバチがいなくなったら、

 

 

 

 

食料危機が起こります。

 

 

 

 

 

 

そしてこれはさほど遠い未来の話でないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3. 栄養不良が大きな問題になる

 

 

人間の体は複雑な精密機械なので、

 

 

 

健康でいるためには、

 

 

 

さまざまなビタミンや栄養素が必要です。

 

 

 

 

 

 

2011年、サンタバーバラ大学の生態分析統合センターが、

 

 

 

 

 

 

世界中のミツバチが授粉する作物が、

 

 

 

ミネラルの大半を担っていることを発見しました。

 

 

 

 

 

 

 

ミツバチがいなければ、わたしたちの体はうまく機能しない

 

 

 

 

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2. 世界経済が破綻する

 

 

ミツバチがいなくなると、

 

 

 

世界経済が大打撃を受けます。

 

 

 

 

 

 

コーヒー、コットン、食品産業がなくなり、

 

 

 

 

 

全世界的に影響が広がると予想できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば810億ドル産業のコーヒー業界。

 

 

 

エチオピアインドネシアのように

 

 

 

 

コーヒー輸出に頼りきっている途上国はどうなると思います?

 

 

 

 

 

 

 

 

分かりますよね、ミツバチがいなくなれば、言うまでもなく

 

 

 

 

 

世界経済は崩壊します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1. 世界中で飢饉が起こる

 

 

飢饉は特に開発途上国で起こりえます。

 

 

 

 

人類がかろうじて生き残ることができるのは、

 

 

トウモロコシ、小麦、米、大豆のような

 

 

ミツバチの助けがなくても生育する作物がある場合になる。

 

 

 

 

 

 

でも、こうした作物に全面的に切り替わるには時間を要します。

 

 

 

 

 

 

ミツバチが徐々に絶滅していくのなら、

 

 

 

 

持続可能な新しい食糧供給源に備える時間があるかもしれません。

 

 

 

が、

 

 

 

もし、すべてのミツバチが明日死んでしまったら、

(短期間のうちに一気に死んでしまうことは可能性として0ではありません)

 

 

 

 

 

農家がトウモロコシ、小麦、米、大豆に鞍替えする間、

 

 

 

 

 

食料源確保が相当困難となります。

 

 

 

 

 

 

 

その移行期間中に飢饉が起こる恐れが十分にある。

 

 

 

 

 

ミツバチの消滅は、現在まだ増え続けている人口の維持にも

 

 

 

 

 

大きな打撃を与えます。

 

 

 

 

 

 

手に入る食糧の量が劇的に不足し、

 

 

 

 

 

値上げが現実になります。つまり、

 

 

 

 

 

 

多くの人々が食べ物を確保できなくなるということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちの命はミツバチの存在の上に成り立っている、

 

 

 

 

 

といっても過言ではありません。

 

 

 

 

 

 

「ミツバチがいなくなったらハチミツが食べられなくなるね〜」

 

 

 

 

 

 

なんて、

 

 

 

 

 

 

そんな浅はか甘っちょろい認識では困ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミツバチたちがいるからこそ

 

 

私たちは生きていられます。

 

 

 

 

 

 

そのミツバチが今、私たち人間のせいで

 

 

 

 

 

絶滅の危機に直面しています!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちに何ができるか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはこれ。

 

 

 

 

 

 

ミツバチたちの大量死の原因となっている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農薬を使わない!

ネオニコチノイド=殺虫剤)

 

 

 

 

 

農薬を使った作物を買わない!!

 

 

オーガニックを取り入れる

 

 

 

 

ということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農薬の危険性に気づいていたにも関わらず、

 

 

 

 

 

日本では長い間

 

 

 

 

 

さまざまな種類のネオニコチノイド系農薬が商品化され

 

 

 

 

 

使用が推奨されてきました。

 

 

 

 

 

 

 

2016年7月に、農林水産省

 

 

 

 

 

 

「ミツバチの大量死の発生は、ネオニコチノイドなどの

              殺虫剤の影響の可能性が高い」

 

 

 

 

という調査結果を発表しましたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界各国のように使用禁止とはならず、今なお

 

 

 

 

 

 

・規制なし

 

・適用の拡大と残留基準の緩和

 

 

 

 

という信じられない状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海外の研究者からは、日本は

 

 

 

 

 

自ら進んで国土と国民を危険にさらす大規模実験中だ

 

 

 

 

 

と、怪奇の目に晒されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、これらのことを踏まえても。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地球上に生きる生物の中で、

 

 

 

 

 

 

 

最も愚か

 

最も弱く

 

最も身勝手なのが人間

 

 

 

 

 

だと私は感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴリラのココをご存知でしょうか。

 

 

 

 

ココは、世界で初めて手話覚え、

 

 

 

人間とコミュニケーションをとることができるゴリラでした。

 

 

 

 

昨年46歳で死亡しましたが、彼女が生前

 

 

 

COP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)に送った

 

 

 

ビデオメッセージは

 

 

 

世界中で公開され話題になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「I am Gorilla.」

(私はゴリラ)

 

 

「I am flowers,animals…」

(私は花であり、動物でもある。)

 

 

「I am Nature…」

(私は自然)

 

 

「Man Koko love」

(ココは人間が好き)

 

 

「Earth Koko love」

(ココは地球が好き)

 

 

「But Man stupid…STUPID!」

(しかし人間は愚か)

 

 

「Koko sorry.Koko cry」

(ココ、残念。ココ泣く。)

 

 

「Time hurry」

(時間がない)

 

 

「Fix Earth!Help Earth!」

(地球を助けて!)

 

 

「Hurry!」

(急いで!)

 

 

「Protect Earth…」

(地球を守って・・)

 

 

「Nature see you」

(自然はあなたたちを見ている。)

 

 

 

 

ココは、単語をつなげて言葉にし、

 

 

 

私たち人間に警鐘を鳴らしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

地球温暖化、環境問題など、問題は山済み。

 

 

 

 

 

 

美しき地球を破壊しているのは

 

 

私たち人類です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過ちに気づいた今、私たちは変わらなければいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愚行を繰り返してきたにもかかわらず、

 

 

 

 

人類は今日現在も、

 

 

 

 

この地球上で生きることができています。

 

 

 

 

 

 

 

 

美しい地球を、そして生態系を、

 

 

 

 

ここまで徹底的に破壊し、

 

 

 

 

私利私欲に突っ走ってきたのに、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜだと思いますか。

 

 

 

 

 

本来ならば、もうとっくに滅亡していてもいいと思いませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはきっと・・・

 

 

 

 

 

 

宇宙(神)が私たち人類を見捨てていないから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海が、山が、動物が、植物が・・・

 

 

 

 

 

 

 

私たちを許し共に生きよう

 

 

 

 

 

と思ってくれているから。

 

 

 

 

 

 

 

 

私はそう思えてなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから私は、それら全ての思いにこたえたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

自分にできることはすべてやろうと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

その中の1つがオーガニック専門家として

 

 

 

 

 

オーガニックの魅力を1人でも多くの方に伝えること、です。

 

 

 

 

 

 

 オーガニックは関わる全ての命が幸せでいられるしくみ

 

 

 

 

 

 

ぜひあなたも生活の中にオーガニックを取り入れてみてください。

 

 

 

 

 

合掌お願い

 

 

 

 

 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 

 

 

無添加無農薬は当たり前。

 

 

 

 

 

動物実験を行わず、環境保全にも繋がる、

 

 

 

 

 

完全オーガニック

 

 

 

 

 

そんなオーガニックを手に入れながら、

 

 

 

 

それを将来の安定的な収入にも繋げていく、

 

 

 

 

夢のようなキャッシュポイントの作り方

 

 

 

 

 

知りたくないですか??

 

 

 

 

 

 

詳しくはこちら!

 

【先ほどオープンしました!!】爆発的オーガニックビジネス上陸!

 

 

 

 

 

 

「ボタニカル」


「オーガニック」


無添加


 

 

 

 

実は日本では、これらの広告宣伝のキャッチコピーに、

 

 


使用を規制するルールがないことを

 

 


知ってますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際の成分や内容物とは関係なく

 

 

 

 


TVコマーシャルや製品説明上では

 

 

 

 

 


「オーガニック」という言葉を

 

 

 

 

自由に使ってかまわない

 

 

 

 


んです。

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、日本には「オーガニック」という

 

 

 


名ばかりの偽物が

 

 

 


たくさん存在するということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、本物を見極める必要があります!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

待望の日本上陸!!!

 

 

 

 

 

InnerOrigin

 

 

 

 

 

 

 

世界を牽引するオーガニック大国オーストラリア発祥の

 

 

 

 

 

 

 

巨大オーガニックプラットフォーム

          (ネットショップ)

 

 

 

 

 

満を持して日本上陸です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾンや楽天の”Organicバージョン”

 

 

 

 

と思っていただけるとわかりやすいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界中が着目するこのインナーオリジンの最大の特徴は、

 

 

 

 

 

なんと言っても

 

 

 

 

 

その審査基準の厳しさにあります。

 

 

 

 

 

 

EWGと呼ばれるアメリカが誇る審査機関が有害と認めた

 

 

 

 

 

成分や物質などが一切含まれない商品、

 

 

 

 

 

さらに、

 

 

 

 

動物実験が行われていないもの、

 

 

 

 

ホルモン剤・抗生剤が使用されていないもの、

 

 

 

 

BPAが含まれないもの、

 

 

 

 

硝酸塩・グルタミン酸ナトリウムが含まれないものなど、

 

 

 

 

 

合計8つのポリシーに準ずる商品しか販売しません。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、有害物質、添加物に詳しい方も詳しくない方も、

 

 

 

 

ここからであれば「安心安全な」オーガニックを手に入れられる、

 

 

 

 

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食料品、スーパーフード、サプリメント、ペットケア、スキンケア、

 

 

 

パーソナルケア、デンタルケア、運動・教育など、

 

 

 

子供から高齢者まで、

 

 

 

 

男性も女性も使用する 「消耗品」を取り揃えています。

 

 

 

 

 

 

そして注目すべきポイントは、

 

 

 

 

 

 

自社製品を持たないということ

 

 

 

 

 

 

 

オープンした国で買い手と売り手のマッチングを行い、

 

 

 

 

 

信頼できるものだけを取り扱います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーストラリアでオープン当初15種類だった商品は現在

 

 

 

 

 

3カ国で展開され2000種類以上にまで増加し、

 

 

 

 

 

今後も増え続けていく予定です。

 

 

 

 

 

 

 

商品には、商品の原産国や供給源はもちろん、

 

 

 

 

 

含まれている全ての成分が忠実に記載されます。

 

 

 

 

 

 

消費者自身が商品を評価することができ、

 

 

 

 

 

100%の返金保証も付いています。

 

 

 

 

 

 

 

いくつもの安心が揺るぎない「信頼」を支えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■こんな方にオススメ♪

 

 

 

 ・100%安心安全

     オーガニックの商品の選び方や買い方を知りたい

 

 

 ・身体が喜ぶものが好き

 


 ・体の内側からキレイになりたい!

 


 ・家族の健康を守りたい

 

 

 ・隙間時間でできる副業を探している

 

 

 ・地球環境保全に協力したい

 

 

 ・動物実験される動物を救いたい

 

 

 ・将来のためにキャッシュポイントを増やしたい

 

 

 

 ・無添加無農薬など、安心安全な商品を作っている作り手さん

 

 

 

 

 

 




完全オーガニックを手に入れ、

 

 

 

 

 

 

身体もお財布も豊かにしませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<破壊力バツグンの次世代アフィリエイト

 

 

 

 

 

インナーオリジンはMLAを取り入れた会社です。

 

 

 

 

 

 

 

MLMとMLAの違いが分からない方はこちらをご覧ください)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インナーオリジンでビジネスを始めると、

 

 

 

 

 

 

ネット上に自分のお店を持つことができるんですが、

 

 

 

 

 

 

そこ(自分専用のURL)から商品が売れる度に報酬が入ります。

 

 

 

 

 

 

同じ人が同じ商品を何度買ったとしても、毎回報酬が入ります!

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

 

 

一度自分のURLから購入したら、その人は

 

 

 

 

 

 

他のURLから買うことはできません。つまり、

 

 

 

 

 

一度自分の顧客になってしまえば、永久に

 

 

 

 

 

その人は自分のリピーターとなり、

 

 

 

 

 

 

 

 

その人が買い物する度に自分に報酬が入るってこと。

 

 

 

 

 

 

※従来のアフィリエイトは新規客の報酬しか入りませんので、

          この魅力はすぐにお分かりいただけると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厳しい審査をクリアした安心安全な

 

 

 

 

オーガニック商品を手に入れながら、

 

 

 

 

 

 

収入も得ることができる、

 

 

 

 

 

 

 

健康とお金、両方を掴めるInnerOrigin

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魅力をざっとあげてみると・・・

 

 

 

 

 

・自社製品を持っていない

 

・オートシップなし

 

・ノルマなし

 

・自分が商品を買う必要なし

 

・商品説明会を開く必要なし

 

・集金なし

 

・配達する必要なし

 

・在庫なし

 

・オーガニックで健康美を手に入れられる

 

・商品が広まれば広まるほど、動物実験される動物を救える

 

・地球環境の保全に協力できる

 

・世界を股にかけて活動できる

(現在オーストラリア・ニュージーランドアメリカ・日本の4カ国で展開中であり今年中に

 イギリス・カナダ上陸決定。今後世界中に展開。住んでいる国の通貨でお給料がもらえます。)

 

 

 

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから日本のオーガニック市場は

 

 

 

 

右肩上がり間違いなし

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、本物のオーガニックを知ることが大事!

 

 

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

 

この市場でビジネスを展開できるようにしておく

 

 

 

 

 

ことは

 

 

 

 

 

 

 

かなり賢明な策と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の時代、いかに人よりも早く良質の情報を得るか、によって

 

 

 

 

 

 

 

人生の豊かさ(収入)が変わってきます。

 

 

 

 

 

 

 

インナーオリジンは

 

 

 

 

 

先ほど日本プレオープンしました。

 

 

 

 

 

 

 

まだ日本ではほとんど知られていません。

 

 

 

 

 

 

 

ってことは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

今のこのタイミングをモノにできれば、

 

 

 

 

 

 

 

誰でも先行者利益が狙える

 

 

 

 

 

というタイミングです。

(↓今は①のタイミングです!!!!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やらない理由が見当たらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひ、このチャンスを逃すことなくものにし、、

 

 

 

 

 

あなた自身の生活を豊かにし、さらには、

 

 

 

 

 

大切な家族の健康も守る・・・

 

 

 

 

 

 

そんな素敵なライフスタイルを手に入れてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

このチャンスを掴みたい、という方、

 

 

 

 

詳しく会社概要やビジネスについて知りたい、という方は

 

 

 

 

ぜひセミナーにお越しください。

 

 

 

 

オンラインですので、スマホさえあればどこからでも参加可能です!

(もちろん無料です)

 

 

 

 

 

 

お申し込みはこちら!

 

 

 

 

 

 

ビジネス云々よりも、とにかく

 

 

 

 

 

オーガニック商品を買いたい!使ってみたい!!という方も

 

 

 

 

 

LINEより直接お問い合わせください。

 

 

 

友だち追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【だからあなたは幸せにならない】自分の生きる道は自分で決める

自分の生きる道は、自分が決めます。

 

 

 

 

 

 

 

わたしが生きる道は、だれのものでもなく、わたしだけの道。

 

 

 

 

 

これ、分かってるようでみんな分かっていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば・・・

 

 

 

 

 

 

 

成功者と呼ばれる人のセミナーにいくつも参加して

 

 

 

 

 

その度に助言をもらって納得してそのとおり実行して・・・

 

 

 

 

 

 

でも必ず人生では壁にぶつかるので、

 

 

 

 

 

その度にまた新たな指導者(助言)を求める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スピリチュアルな世界を中途半端にかじった人には

 

 

 

こういった傾向が顕著です。

 

 

 

有名なヒーラーや信仰する教えに依存し、

 

 

 

なにかある度にセッションを受け、

 

 

 

 

 

 

 

 

もはやスピリチュアルのなんたるかさえ分からなくなった

 

 

 

 

「スピリチュアル難民」と化す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病院好きにも多いですね。

 

 

 

 

 

 

頭が痛い、お腹が痛い、熱が出た・・・

 

 

 

 

 

 

不調が出るとすぐに病院に駆け込んで、医者から出される薬を飲む。

 

 

 

 

 

 

薬は不調を治しているわけではなく

 

 

 

 

今出ている症状を抑える、もしくは

 

 

 

 

感じないように身体を麻痺させて

 

 

 

 

その場を凌ぐだけですので、

 

 

 

 

 

 

また必ず不調は繰り返されて、また病院へ駆け込む。

 

 

 

 

 

 

そうやって、

 

 

 

 

医者(クスリ)なしでは生きていけない(と勘違いした)身体を

 

 

 

 

自ら作り上げていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いずれの例も、

 

 

 

 

 

他人に自分の生き方を決めてもらっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

分かりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一度でも誰かに生き方(行き先)を聞いてしまうと

 

 

 

 

 

 

それはまるで中毒のようになり

 

 

 

 

 

 

 

いつも次の手段や行き先を教えてもらわなければ

 

 

 

 

 

自分だけでは動けなくなります。

 

 

 

 

 

 

自分の人生なのに、誰かに指示してもらわないと

 

 

 

 

 

 

怖くて仕方なくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

将棋は常に何手も先を読んで指していきますが、例えるなら

 

 

 

 

 

どこにどの駒を動かすか、を全て誰かに耳元で囁いてもらいながら

 

 

 

 

 

戦っている状態です。

 

 

 

 

 

 

もはや自分は言いなりに動くだけのロボットと同じ。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、

 

 

 

 

先の先を読んで生きることを否定しているわけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題はそれを

 

 

 

 

 

 

他人任せにしていること。

 

 

 

 

 

他人に依存しているということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これでは

 

 

 

 

自分はなにをしたいか?

 

 

 

 

どうしたくて、そうしたのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

分からなくなるのは当たり前です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、

 

 

 

 

 

世のお母さんたちに強く言いたいのですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもも同じです。

 

 

 

 

 

子どもには子どもの人生があり、

 

 

 

 

 

子ども選ぶ道があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さんがなりたかった職や、叶えたかった夢は、

 

 

 

お母さんのものです。

 

 

 

子どもにはまったく関係ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さい頃から、あーしなさい、こーしなさいと

 

 

 

将棋のコマをお母さんに動かされ続けた子どもは、

 

 

 

 

 

 

自分の行動を、

 

 

 

 

 

生き方を、

 

 

 

 

 

 

 

自分で選べなくなっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自信が育たず、親や友人にどんどん依存します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらによくある最悪なパターンが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

小さいうちは、あーしなさい、こーしなさいと煩かった親が、

 

 

 

 

 

 

ある年齢に達すると急に【もう自分で決めなさい】と突き放すこと。

 

 

 

 

 

 

今まで好きなだけコントロールしてきて、また

 

 

 

 

 

【大きくなったんだから、自分でやりなさい】と

 

 

 

 

 

身勝手にコントロールするワケです。

 

 

 

 

 

子どもからしてみたら迷惑以外のなにものでもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもには小さい頃から【決める癖】をつけさせることが大切。

 

 

 

 

間違ってもいいから、

 

 

 

自分で決めさせる。

 

 

 

 

 

自分で決めて、自分でやって、そうすれば

 

 

 

 

失敗したら、次は失敗しないように工夫するし、

 

 

 

 

成功したら、どんどん自信をつけていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

創意工夫も生まれて

 

 

 

 

 

生き抜くチカラが増していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

親としてできることは、子どもが自分で決めたことを心から応援し

 

 

 

 

 

失敗した時には精一杯フォローすることだけ。

 

 

 

 

 

それ以上のことは余計なお世話。

 

 

 

 

 

むしろやるべきではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親にやらされる、約束させられるということは

 

 

 

 

子どもの自主性を潰すことに繋がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分から約束できるように

 

 

自分から行動できるように

 

 

自分から目標を立てられるように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちの自力を引き出すのが親の役目だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が普段意識していること、それが

 

 

 

 

【子どもの生き方に口を出すな。求められたもののみ与える】です。

 

 

 

 

 

 

いや、実際心の中ではかなり葛藤がありますよ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、

 

 

 

 

 

 

 

我が子が我が子の人生を謳歌して

 

 

 

 

イキイキと失敗し

 

 

 

イキイキと成功し

 

 

 

 

イキイキと歩く

 

 

 

 

 

 

そんな姿を静かに見守るのが

 

 

 

 

 

 

親の役目だろうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に愛するってのは

 

 

 

転ばせないことじゃない。

 

 

 

転んだときにすぐ抱きしめることでもない。

 

 

 

 

 

 

抱きしめて欲しいと訴えた時に

 

 

 

 

はじめて思いっきり抱きしめることです。

 

 

 

 

 

 

何故なら、

 

 

 

転んで抱きしめるのは、実は

 

 

 

自分が抱きしめて欲しいからである場合が多く、

 

 

 

当の本人(子ども)はそれを求めていないかもしれないから。

 

 

 

 

 

 

 

 

要するに、

 

 

 

心配しすぎない・先読みしすぎない、

 

 

 

子どものことは子どもに任せる

 

 

 

ってことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが、幸せな人生を歩みたいと思うなら、まずは

 

 

 

 

自分にとっての「幸せ」を定義すること。

 

 

 

 

 

金持ちになることが幸せな人もいるだろう。

 

 

家族みんなと同じ家に暮らすことが幸せな人もいるだろう。

 

 

世界中を旅しながら

 

 

その日暮らしで生きることが幸せな人もいるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

自分の幸せを定義したら、

 

 

 

 

その「幸せ」が必ずしも誰かの「幸せ」とは限らない、

 

 

 

 

ってことに気づいてください。

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・

 

 

 

 

 

 

 

自分の幸せに向かって

 

 

 

 

 

 

自分はどうありたいか、

 

 

 

 

何をしたいのか、を

 

 

 

 

 

 

自分で決めます。

 

 

 

 

 

誰かに決めてもらってはいけません。

 

 

 

 

 

 

外部からの意見はほんのちょこっと、

 

 

 

 

 

スパイス程度に聞くくらいで十分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは逆の立場になっても忘れないでほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたがどんなに成功していようが

 

 

 

どれほど立派な人生を歩んできていようが、

 

 

 

誰の生き方にも口を出すべきではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

相手が大切な人であればあるほど、黙って見守るべき。

 

 

 

 

 

 

 

あなたがレールを敷いてしまったら、

 

 

 

 

 

 

その大切な人は、

 

 

 

 

 

 

あなたがいなけれな生きていけないという

 

 

 

 

 

とてつもなく不幸な人生を

 

 

 

 

 

 

歩むことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたこそが大切な人を不幸にしていることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この地球上には約75億9000万の人が存在すると言われます。

 

 

 

 

 

そのそれぞれの人に

 

 

 

 

 

それぞれの「人生」というストーリーがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分のストーリーの主人公は自分です。

 

 

 

 

 

世界でたった1つのストーリーを創っていく

 

 

 

 

 

責任者は自分です。

 

 

 

 

 

 

だから・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

もしあなたが今、他人の人生を生きている状態ならば

 

 

 

 

 

 

直ちに脱出してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが主人公である人生物語のストーリーは

 

 

 

 

 

 

すべてあなたが決めなくてはいけません。

 

 

 

 

 

 

あなた以外の人はみんな、あなたを引き立たせる脇役に過ぎない。

 

 

 

 

 

そこをお忘れなく。

 

 

 

 

 

 

合掌🙏

 

 

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽ 

 

私のお伝えする働き方は、

 

 

いつ働くか

 

どこで働くか

 

誰と働くか、

 

いくら稼ぐか、

 

 

全て自分で決められます

 

 

私は脇役として、そのノウハウをお伝えするのみ。

 

 

 

 

 

ぜひあなたのビジネスストーリーを

 

 

 

 

あなたの手で創り上げてください!

 

 

 

その第一歩はこちらから。

 

残1名【2020年第一弾モニター募集!】ママ限定★完全在宅で月30万稼ぐ!無料チャレンジモニター

2020年をロケットスタート

 

 

 

 

 

月に30万完全在宅で稼ぐ

 

 

 

14日間チャレンジプログラム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来はセミナーに参加していただいてから伝えている内容を

 

 

 

 

 

 

セミナーを受講する前に

 

 

 

 

 

 

 

 

無料で!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個別で!

 

 

お伝えします!

 

 

 

 

 

 

セミナー前に私のコンサルがお試し体験できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がお伝えしている手法では、

 

 

 

 

 

たった[2つのSTEP]で

 

 

 

 

 

マネタイズ(収益化)が可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この2つのSTEPのうちの[STEP1]の部分を

 

 

 

 

 

 

 

セミナー前までに、ある程度作り上げることが出来れば・・・

 

 

 

 

 

 

 

あとは[STEP2]のみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

STEP1]をセミナーまでに無料で提供しますので、

 

 

 

 

 

 

 

セミナー後にすぐにマネタイズ出来る

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この方法ならこれからチャレンジするあなたの

 

 

 

 

 

 

成功する可能性は上がり、

 

 

 

 

 

 

 

さらに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

収益までのスピードも速くなる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と断言できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、

 

 

 

 

 

現在既に生徒さんを多数抱えていますので

 

 

 

 

 

 

募集人数は先着3名・・・

 

 

 

 

 

 

 

残り1名です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この無料体験チャレンジへの参加条件

 

 

 

 

 

以下の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

セミナーへの申し込み&受講必須。

セミナー料金は通常通りです)

 右差しお申し込みはこちら

 

 

 

 

 

 

 

②なぜ参加したいと思ったのかを、

 雛粂あやの公式LINEへメッセージ。

 

 2秒登録右差し友だち追加

 

 QRコードはこちら

 

 

 

 

 

 

 

セミナーまで14日間前後確保する。

(この間無料サポートします)

 

 

 

 

 

 

 

 

④サポートはLINEのみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤本気で稼ぎたい!絶対人生変えてやる!という強い意志がある方。

 

 

 

 

 

 

 

 

ママ限定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経験、スキル、実績、いりません。

 

資格、商品、いりません。

※あなたの商品、私が用意します!

 

今の仕事を辞める必要、ありません。

 

家から一歩も出られない、構いません。

 

誰にも知られたくない、大丈夫です。

 

 

 

そんなわけない、と思いますか?

 

 

 

安心してください。

 

 

 

 

 

 

 

上記すべて、

起業当初の私に

当てはまっています。

 

 

 

 

 

 

 

だから自信をもってご案内できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

このチャンス、ぜひ見逃すことなく

 

 

 

手に入れてください。

 

 

 

 

 

輝く未来に向かって歩き出したあなたと

 

 

 

 

 

お会いできることを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

合掌お願い

 

 

 

 

 

 

 

下差し雛粂あやのとは?

 

 

【健康とお金どちらもほしい!】最強organicビジネスが日本上陸★今が最高のタイミングです!

知らなきゃ損!

 

 

 

 

オーストラリア発のスペシャルなMLAをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

従来のアフィリエイトが持つメリットはもちろん引き継ぎ、

 

 

 

 

 

デメリットをしっかり克服した

 

 

 

 

 

魅力たっぷりの次世代のアフィリエイト、それがMLAです。

 

MLMとMLAの違いについてはこちらを参照ください)

 

 

 

 

 

 

しかも、

 

 

 

 

 

 

 

まだ日本ではほとんど知られていません。

   (今月プレオープン予定です!!)

 

 

 

 

 

 

ですので、今から始めれば、

 

 

 

 

 

かなり大きな先行者利益が見込めます。

 

(今は①のタイミングです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<従来のアフィリエイトデメリット

 

 

 

 

 

Googleアドセンス

 

・物販アフィリエイト

 

情報商材アフィリエイト

 

 

 

 

世の中には数多くのアフィリエイトが存在します。

 

 

 

 

どれもそれぞれに素晴らしいものです。ただ、弱点があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

リピーターが無視される!

 

 

 

 

 

 

 

物販で説明すると、

 

 

 

 

 

従来のアフィリエイトの成果報酬には条件がありまして、それが

 

 

 

 

 

「新規購入」であることです。

 

 

 

 

 

 

 

自分のサイトからアフィリエイト商品をお客様が買った場合、

 

 

 

 

気に入ってまた同じ商品を買ってくれたとしても、

 

 

 

 

自分に報酬は入りません。 

 

 

 

 

 

つまり、

 

 

 

 

 

新規客を集め続けなければいけないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 <リピーターも報酬対象です

 

 

 

 

 

「リピーターが無視される」という弱点を克服したのが、

 

 

 

 

今日ご紹介する次世代のアフィリエイトになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  インナーオリジン  

 

 

 

 

 

 

という

 

 

 

 

 

オーガニック商品を専門に扱う会社です。

 

 

 

 

 

 

 

アマゾンや楽天の”オーガニックバージョン”

 

 

 

 

と思っていただけるとわかりやすいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

アフィリエイト登録をすると、自分専用のURLが発行されます。

 

 

 

 

 

そこから商品が売れる度に

 

 

 

 

 

報酬が入ってくるという仕組み。

 

 

 

 

 

つまり、

 

 

 

 

 

 

 

同じ人が、同じ商品を、何度買ったとしても

 

 

 

 

 

 

 

毎回自分に報酬が入ってくる

 

 

 

 

 

 

ってことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、注目すべき2点目!!

 

 

 

 

 

 

 

一度自分のURLから購入したら

 

他のURLからは買うことができません

 

 

 

 

 

 

 

つまり、一度自分の顧客になってしまえば、

 

 

 

 

その人が、いつどんな商品を何度買おうが、

 

 

 

 

その度に自分に報酬が入ってくるってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このすごさと魅力に気づいた方、

 

 

 

 

 

ビジネスのセンスがおありです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、1度でも他のアフィリエイターの顧客になった人は、

 

 

 

 

 

自分の顧客にはなりえません。だからこそ

 

 

 

 

 

できるだけ早くビジネスを始めることが重要

 

 

 

 

 

 

 

 

今まだ、日本でインナーオリジンを知っている人は

 

 

 

 

 

ほとんどいません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この今のタイミングを逃すってことは、

 

 

 

 

 

目の前に転がっているダイヤの原石に気づかず

 

 

 

 

 

通り過ぎるのと同じです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ビジネスをスタートするには?>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インナーオリジンのアフィリエイトは紹介でしか登録できません。

 

 

 

 

 

ぜひやってみたい!

 

 

もう少し詳しい話を聞いてみたい!

 

 

ビジネス云々よりとにかく安心なオーガニック製品を買いたい!

 

 

 

 

 

 

という場合は、こちらから説明会に参加するか

 

 

 

 

 

 

LINEより直接お問い合わせください。

 

友だち追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リピーターが、いつなにを買おうと、毎回報酬が入ってきて、

 

 

 

 

 

一度、自分の顧客になったら他の人からは購入できない・・・。

 

 

 

 

 

 

アフィリエイターにとっては、まさに

 

 

 

 

 

 

理想的な報酬体系のインナーオリジン!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、売れる度に毎回報酬が入ってくるとはいえ、

 

 

 

 

 

 

商品に魅力がなければ売れることもなく、稼ぐことも不可能です。

 

 

 

 

 

 

 

また、

 

 

 

 

 

 

一度買ったら、もう買わないような高単価な商品だと、

 

 

 

 

 

 

 

リピートは見込めません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<魅力ある商品の数々>

 

 

 

 

 

ではインナーオリジンのサイトに掲載される

 

 

 

 

 

商品についてご説明いたします。

 

 

 

 

 

 

インナーオリジンの商品には以下のような特徴があります。

 

 

 

 

 

 

 

・オーガニック商品

 

 

 

 

・厳しい審査を通過しなければいけない

 

 

 

 

 

 

 

 

創立者兼CEOのサリーアンは、実兄が世界に3例しか症例のない珍しい肝臓がんを患い、

 

余命宣告されてから、厳しいオーガニック生活を送ったことで癌を完治したという

 

奇跡体験をきっかけに、

 

世界中に真のオーガニックを広めたいとインナーオリジンを立ち上げたそうです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、オーガニックの食べ物しか扱っていないのか?というと、

 

 

 

 

 

そうではありません。

 

 

 

 

 

化粧品や、シャンプーなどの日用品、

 

 

 

 

赤ちゃんやペットのケア用品など、

 

 

 

 

 

ありとあらゆる日用品を扱っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お気づきですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

食品、化粧品、日用品、サプリメント、ケア用品って、

 

 

 

 

 

なくなれば買い足します。

 

 

 

 

 

しかも、気に入れば何年も同じ商品を愛用します。

 

 

 

 

 

 

はい、そうです。

 

 

 

 

 

 

誰かがリピートした分、

 

 

 

 

 

 

毎回アフィリエイト報酬が入ってくるということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、

 

 

 

 

 

 

 

オーガニック商品だからといって、

 

     それがいい商品とは限らない!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのとおりです。

 

 

 

 

 

 

 

オーガニック専門家としてもそれは痛感しています。

 

 

 

 

 

 

 

オーガニック」と表示されていても

 

 

 

 

 

 

当然のごとく

 

 

 

 

 

 

化学物質が入っているという現状が日本のオーガニック市場です。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、インナーオリジンなら大丈夫。

 

 

 

 

 

 

 

なぜか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、高品質の商品のみを販売すべく、

 

 

 

 

 

 

 

独自の厳しい審査を行っているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 〜製品審査委員会〜

 

 

 

 

医者や栄養士、環境化学物質研究家などで構成される委員会が、

 

 

 

 

商品ひとつひとつを審査します。

 

 

 

 

どのような成分が入っているのか、

 

 

 

 

産出国はどこかなどを事細かに審査して、

 

 

 

 

ひとつでも審査基準に満たない成分が入っていたら

 

 

 

 

審査を通しません。

 

 

 

 

 

 

 

 

〜審査基準〜

 

 

 

 

 

・有害物質が一切含まれない商品

 

動物実験が行われていないもの

 

ホルモン剤、抗生剤が使用されていないもの

 

BPAが含まれないもの

 

・着色料、保存料が使用されていないもの

 

・石油が含まれないもの

 

・硝酸塩、グルタミン酸ナトリウムが含まれないもの

 

 

 

 

など、ポリシーに準ずる商品しか審査を通る事ができません。

 

 

 

 

 

 

 

また、これらの審査基準に加えて、

 

 

 

 

 

アメリカの環境保護団体である

 

 

 

 

EWG(Environmental Working Group)が出している

 

 

 

 

「危険な食品添加物リスト」掲載の成分が含まれていないかも

 

 

 

 

チェックされます。

 

 

 

 

 

 

このリストには、

 

 

 

 

3500品目以上の危険な添加物が記載されているのですが

 

 

 

 

 

実は日本で普通に使われている添加物も、

 

 

 

 

 

このリストには載っているとのこと。

   (日本があまりにも意識が低いことが分かります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、超超厳しい審査基準を通過した商品だけが、

 

 

 

 

 

 

インナーオリジンで販売されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<良いこと尽くめ>

 

 

 

 

 

 

インナーオリジンの魅力をざっとあげてみると・・・

 

 

 

 

 

 

・自社製品を持っていない

 

・オートシップなし

 

・ノルマなし

 

・自分が商品を買う必要なし

 

・商品説明会を開く必要なし

 

・集金なし

 

・配達する必要なし

 

・在庫なし

 

・オーガニックで健康美を手に入れられる

 

・商品が広まれば広まるほど、動物実験される動物を救える

 

・地球環境の保全に協力できる

 

・世界を股にかけて活動できる

(現在オーストラリア・ニュージーランドアメリカ・日本の4カ国で展開中であり

 来年中にイギリス・カナダ上陸決定。今後世界中に展開。

 住んでいる国の通貨でお給料がもらえる)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はこの話を最初に聞いたとき、全く迷わず

 

 

 

 

「やる」と即決しました。

 

 

 

 

オーガニックLOVEだということも理由の1つですが、なにより

 

 

 

 

 

 

こんな破壊力バツグンアフィリエイト

 

 

 

 

 

他に知りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

「やらない」理由が見当たりません(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成功者はいつだって、

 

 

 

 

 

即決断・即行動です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しでも今のこのタイミングがチャンスだと気づいた方は、

 

 

 

 

 

 

こちらから説明会にご参加ください!

 

 

 

 

 

 

 

会社概要やビジネスについてご説明いたします。

 

 

 

 

 

 

 

少しでも早くビジネスを始めて先行者利益をゲットしたい方、

 

 

 

 

 

商品をとにかくすぐ使ってみたい!!という方は

 

 

 

 

 

LINEからご連絡ください!

 

 

【オーガニックだから安全】じゃない!!オーガニック専門家だからこそ伝えます。

昨今オーガニックへの注目度は日に日に高まり、

 

 

 

人々の関心の高さを伺うことができるようになりました。

 

 

 

 

 

安心・安全や環境への配慮のため、食品だけではなく、

 

 

 

 

オーガニックコスメ

 

オーガニックフレグランス

 

オーガニックヘアカラー

 

100%オーガニックのインクのタトゥーなどを

 

 

 

 

積極的に取り入れている方も増えてきたと感じます。

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・

 

 

 

確認したいことがあります。

 

 

 

 

オーガニックフードだから安全

 

 

 

 

 

有機栽培=無農薬だから、

    子どもに安心して食べさせることができる」

 

 

 

 

と思い込んでませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

これは日本だけの問題ではなく、

 

 

 

有機栽培と無農薬栽培は異なる

 

 

 

という明確な認識を持っている消費者が少ないことが、

 

 

 

世界でも指摘されています。

 

 

 

 

 

 

 

「オーガニックフードは、安全を考えられて作られているから、

 

  

 安心して食べることができる」と、

 

 

 

 

オーガニックの食品を

 

 

 

一律に「良いもの」と認識してしまい、

 

 

 

本当の意味での食の安心・安全について考えることを

 

 

 

怠ってませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、多くの方が商品を選ぶ際の基準としている

 

 

 

 

 

オーガニックの認証。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信頼のおける機関が、ひとつひとつの商品を調査して

 

 

 

 

表示を許可したものでしょうか?

 

 

 

 

 

有機JASマークがあれば

 

 

 

 

 

栽培方法・農薬の使用などは全てクリアなのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、多くの市場では

 

 

 

 

オーガニック」という表示を掲げるだけで、

 

 

 

 

消費者に好印象を与え、

 

 

 

 

確実に売上が伸びると言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーガニックが注目を浴び、急速に成長している今だからこそ、

 

 

 

 

あらためてオーガニックにおける

 

 

 

 

食の安心・安全について

 

 

 

 

考えてみる必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーガニック食品にも、小麦粉・米などの穀物、野菜や果物、

 

 

 

 

 

卵、肉、調味料などさまざまなものがあります。

 

 

 

 

 

 

 

普段、そういったオーガニック食品を手に取るほとんどの方が、

 

 

 

 

オーガニックに対して、プラスのイメージを抱いていると思います。

 

 

 

 

 

 

 

その理由には、

 

 

 

 

 

化学肥料や特定の農薬を使っていない

 農産物であること

 

 

 

②土壌作りにこだわった有機栽培であること

 

 

 

動物への負荷を考慮してつくられていること

 

 

 

 

 

 

 

などがあると思います。

 

 

 

 

 

 

 

日本では有機JASマーク、そして海外からの製品にも、

 

 

 

 

各国によって基準となる値や条件などに多少違いはあるものの、

 

 

 

 

 

 

 

オーガニックを謳うロゴが入っているものがたくさんありますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それらを無意識のうちに

 

 

 

「身体に良いもの」

 

 

「安全な食品」

 

 

 

 

と見なしていないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、オーガニックという表示が付けられているだけで、

 

 

 

 

安心感を覚えるというのもわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが残念なことに、これらの食品も実は生産国では

 

 

 

 

とてもオーガニックとは呼べない環境で生産されていたり、

 

 

 

 

より高い単価で販売・輸出するためだけに

 

 

 

 

オーガニックという表示を付けている

 

 

 

 

 

という事実があることを知っておいてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ヨーロッパにおけるオーガニック食品スキャンダル

 

 

 

 

 

多くの支持を得ているオーガニック食品や加工食品ですが、

 

 

 

 

 

その安全性や信頼性が問われる事象も多発しています。

 

 

 

 

 

ドイツでは2011年、500トンを超える穀物

 

 

 

意図的にオーガニックラベルが付けられただけ

 

 

 

 

「普通」の農産物であった

 

 

 

ということが判明し、大きなニュースとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

通常の農産物よりも、はるかに高い売値で取引をされた

 

 

 

この「オーガニック穀物」による詐欺は、結果的に、

 

 

 

日本円で約20億円に近い被害額を出すこととなり、

 

 

 

ドイツ国内だけではなく、

 

 

 

 

多くのオーガニック商品を輸入しているヨーロッパ各国を騒がせ、

 

 

 

 

さまざまな論争を呼びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年にもドイツ国内の150以上もの農園で

 

 

 

 

オーガニックではない卵に、意図的に

 

 

 

 

オーガニックラベルが付けられていたことが発覚しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

また2016年に、欧州食品安全機関にサンプリングされた

 

 

 

 

6000にも及ぶオーガニックの農作物の中の約15%に、

 

 

 

 

基準値以上の農業用殺虫剤が残留していたとされました。

 

 

 

 

 

 

オーガニック食品だからと言って必ずしも

 

 

 

 

「安全」とは言いきれない事実があることが伺えます。

 

 

 

 

 

 

これは、現在進行形で議論が行われているテーマの1つであり、

 

 

 

 

 

改善には時間を要することが予想されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で、未だに

 

 

 

 

 

 

有機栽培で作られた農産物を「無農薬」野菜だと

 

 

 

 

 

 

誤解している消費者も多く、

 

 

 

 

 

 

こういった問題に関しては、生産過程の徹底はもちろん、

 

 

 

 

 

消費者が正しい意識をもつことが早急に求められます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<オーガニック生産現場現実

 

 

 

 

2010年ドイツでは、鶏や豚を対象とした家畜飼料が、

 

 

 

 

ダイオキシン汚染されていたことが問題になりました。

 

 

 

 

 

この事件では、

 

 

 

 

 

多くのオーガニック農場が調査対象・営業停止となり、

 

 

 

 

大量の食肉・卵が廃棄されることにもなりました。

 

 

 

 

 

 

 

2017年には、

 

 

 

 

 

EU圏の15ヶ国をはじめとする45もの国に波紋を呼んだ、

 

 

 

 

殺虫剤フィプロニルを含む卵による

 

 

 

 

大きなスキャンダルが起こりました。

 

 

 

 

 

 

この事件をきっかけに、オランダだけでも、

 

 

 

 

約60ものオーガニック養鶏場で

 

 

 

 

認定されていない殺虫剤や消毒剤を使い続けていることが判明し、

 

 

 

 

各国のオーガニック食品の生産現場のずさんな管理や、

 

 

 

 

偽装された環境などが明るみに出ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<オーガニック食品の知られざる実態

 

 

 

2016年における、欧州食品安全機関の調査では、

 

 

 

67%のオーガニック農産物がEU圏や近隣諸国を原産地とするものの、

 

 

 

約26%が発展途上国を、そして約6%が原産地不明としている、

 

 

 

という結果になっており、

 

 

 

オーガニック輸入食品業界における不透明な部分も

 

 

 

 

懸念されています。

 

 

 

 

 

 

 

別のサンプリング調査では、EU圏を原産国とする、

 

 

 

100%オーガニック蜂蜜として一般に販売されている商品のうち、

 

 

 

20%が

 

 

 

 

ブレンドされた蜂蜜または砂糖やシロップを加えたものであったほか

 

 

 

 

10%に原産国不明の蜂蜜が混ざっていたとされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのほか、中国から輸入される大豆などの農産物や

 

 

 

それを原料にした豆腐などの加工食品、

 

 

 

インドからのスパイス、トルコからのドライフルーツなどが、

 

 

 

実際にはオーガニックではないこともしばしば見られるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これには、それぞれの輸出国によって、

 

 

 

 

大きく異なるルールが設けられているという問題、

 

 

 

 

 

さらに、オーガニック商品は、通常の商品に比べ

 

 

 

 

3割から5割の高値で取引が可能となることなども、

 

 

 

 

意図的な生産国偽装につながる大きな原因になると考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

消費者の意識改革とともに、

 

 

 

 

 

国際的な基準の制定などさまざまな角度からの改善が

 

 

 

 

 

必要だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが、オーガニックではないものの、

 

 

 

 

2013年イギリスやアイルランドで、

 

 

 

牛肉とされていた商品に馬肉が混入していた

 

 

 

 

という事件もありました。

 

 

 

ヨーロッパ18ヶ国に広がる大規模な事件となったので、

 

 

 

鮮明に覚えていらっしゃる方も多いと思います。

 

 

 

 

 

 

これらのニュースやスキャンダルをきっかけに、

 

 

 

欧州では食に対する安全性と信頼性への関心が爆発的に高まり、

 

 

 

多くの反響を呼びました。

 

 

 

 

 

 

多くの食の安全に関するイベント、

 

 

 

食の安全と生産過程をテーマにしたドキュメンタリー映画などが、

 

 

 

自主制作作品としても多く生まれ、

 

 

 

人々の意識を大きく変えることとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食の安全という幅広いテーマを考えた場合、

 

 

 

全てのオーガニック食品が

 

 

 

必ずしも一般の食品に比べて安全とは言いきれず、

 

 

 

双方では大きな違いがない

 

 

 

というのもある欧州食品安全機関の専門家の意見です。

 

 

 

 

彼らの言い分としては現在のところ、

 

 

 

 

オーガニック食品と一般の食品の間で

 

 

 

 

栄養素などに顕著な違いは見つかっておらず、

 

 

 

 

一番の違いとしては、サステナビリティ、すなわち

 

 

 

 

環境に与える影響だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<食の安全とは>

 

 

WHOによる2017年の調べでは、毎年

 

 

 

600億人もの人が汚染された食品を口にし、

 

 

 

その中の42万人がくなっているそうです。

 

 

 

 

 

 

食の安全を脅かすものとしては次のようなものが考えられます。

 

 

 

 

異物混入

 

化学物質による汚染

 

・生物濃縮などによる残留性有機汚染物質

 

食品添加物の安全性

 

・原材料・原産国・賞味期限などの偽装

 

・水銀・鉛・砒素・カドミウムなどに代表される重金属中毒

 

・カビによる二次代謝産物であるによるマイコトキシン中毒

 

・細菌やウイルスによる食中毒

 

 

 

 

 

 

 

オーガニック食品・一般食品の違いに限らず、

 

 

 

私たちが日々口にする食品には多くのリスクがあることを再認識し、

 

 

 

毎日の食の安心・安全をあらためて考え直す必要があります

 

 

 

 

 

 

 

「なぜ」オーガニック食品を安全だと思っているのか

 

 

 

ということを今一度思い出し、

 

 

 

盲目的にオーガニックは安心・安全と決めつけてしまうのではなく、

 

 

 

そう考える理由や、オーガニック市場の現状についても

 

 

 

必ず目を向け意識してください。

 

 

 

 

 

 

オーガニック食品だからと言って過大評価をするのではなく、

 

 

 

 

きちんと本質を見極め、

 

 

 

 

 

オーガニック食品業界、ひいては

 

 

 

 

 

食品業界全体としての発展のために、

 

 

 

 

 

消費者の一人として正しい知識を身につけること、

 

 

 

 

 

食の安心・安全への意識を高めることが大切だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりここでも重要なのは「自分軸」。

 

 

 

 

 

世界中どこにも定義のない”オーガニック”だからこそ

 

 

 

 

 

1人1人の「自分軸」が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はオーガニックを推奨します。これは自信をもって。

 

 

 

確かに、上述したように

 

 

 

 

偽のオーガニックが出回っていることは事実です。

 

 

 

ですが、

 

 

 

 

 

 

 

ホンモノの、真のオーガニックがあることもまたゆるぎない事実。

 

 

 

 

 

 

 

ホンモノのオーガニックのもつ無限の魅力と可能性

 

 

 

 

私はこれからも信じ続け、

 

 

 

 

たくさんの方に広めていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

合掌お願い

 

 

 

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

 

私の信じるオーガニックの魅力と可能性を

 

 

 

あなたにもお伝えします。

 

 

 

 

こちらから。

【気づいてますか?】あらゆる病気の真の原因はこれです。

「病気の本当の本当の本当の原因は・・・」

 

 

 

これまで、自分自身もいろいろな病気を経験し、

 

 

 

家族や大切な人を病気で失う中で、

 

 

 

ずっと考えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

全ての病気に当てはまる原因があるはず

 

 

 

それは何だろう

 

 

 

って。

 

 

 

 

 

 

 

そして、やっと最近腑に落ちる答えにたどり着きました。

 

 

 

 

 

それはあまりにもシンプルで、且つ

 

 

 

 

 

壮大なテーマ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちがかかる病気の本当の本当の、根本原因・・・それは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

"が足りない"こと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病気の原因というよりは、世の中に起こる全ての負の事象は

 

 

 

 

 

「愛不足」が原因と言っていいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「愛」なんてくすぐったい、恥ずかしいって、

 

 

 

なんとなく抵抗がある人は

 

 

 

"思いやり"と置き換えてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

病気の原因と考えられている全てのものには

 

 

 

 

 

「愛不足」が当てはまります。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば

 

 

 

 

 

 

 

 

農薬や重金属や化学物質

 身体を壊す原因だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

YES

 

 

 

そういうものをお金のためだけにこの世界に流しまくった

 

 

 

人間達のが足りないってこと。

 

 

 

 

その代償を今私たちは負っているだけのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②食べ物が悪い。

 

遺伝子組み換え食品とか

 

添加物とか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

YES

 

 

安いから、便利だからと

 

 

 

健康を顧みずに食べ続けてきた・・・

 

 

 

 

自分へのが足りないってこと。

 

 

 

 

そしてそんな愛のない食品を、

 

 

 

 

商売第一で売り出してる人達がいるのもまたゆるぎない事実。

 

 

 

 

 

愛の欠片もない食事を続けてきた当然の結果を、

 

 

 

 

今私たちは目の当たりにしているだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過労でもう限界だ。

 

 

 

 

 

 

 

YES

 

 

 

体はしんどくて悲鳴をあげてるのにそれでも

 

 

 

 

無理して働き続けることを選んできた

 

 

 

 

自分への不足です。

 

 

 

 

身体はずっと叫び続けているのに、

 

 

 

 

それを聞いてもらえない状態です。

 

 

 

あなたの身体はあなたから

 

 

 

愛されてないと感じています。

 

 

 

だから愛してほしい、気づいてほしい、と

 

 

 

どんどん不調を訴えます。

 

 

 

かまってもらえない子どもが親に気づいてほしくて

 

 

 

体調を崩す。泣きわめく。困らせる。

 

 

 

それと同じことです。

 

 

 

 

 

 

 

ストレスが病気の原因だ。

 

 

 

YES

 

 

 

ストレスを感じる時を思い返してみて下さい。 

 

 

 

 

職場の上司に・・・

 

 

 

自分の脳力もがんばりも認めてもらえない。

 

 

 

 

親に・・・

 

 

 

自分を信じてもらえない。

 

 

 

 

子どもに・・・

 

 

 

自分の想いを分かってもらえない。

 

 

 

 

 

社会に・・・

 

 

 

自分の存在を軽視されていると感じる。

 

 

 

 

 

 

 

自分に対して愛がない、冷たいと感じることから

 

 

 

 

ストレスを感じてしまうんです。苦しいんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、みんなみんな根底はです。 

 

 

 

 

 

 

人と自分への思いやり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病気になった原因のどこかに、必ず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が隠れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり愛不足の質量と病気の質量は比例します。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考えてみると

 

 

 

 

 

医学がここまで進歩しているというのに、今の日本に

 

 

 

 

 

これほどまでに病気が多いこと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

先進国と言われ発展しているのに

 

 

 

 

こんなに幸せじゃない人が多いこと、

 

 

 

 

 

 

 

 

その謎がとけるような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この世で最も強いのが「愛の力」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなに高度なテクノロジーを使おうと

 

 

 

 

愛の力に勝ることはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからどうか、今日からはまず思い切り自分を愛してください。

 

 

 

 

 

自分の声を聞いてください。

 

 

 

 

 

 

自分だけは絶対的な自分の味方でなければいけません。

 

 

 

 

自分を愛せるのは自分です。

 

 

 

 

他の誰か、ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

そして、自分を愛せてはじめて

 

 

 

 

自分以外の誰か、なにかに

 

 

 

 

偽りのない愛を与えることができます。

 

 

 

 

 

 

 

まず自分です。

 

 

 

 

 

 

 

そうやって、全ての人が自分の愛に満ち溢れたとき、

 

 

 

 

 

きっと

 

 

 

 

 

 

この世から少しずつ

 

 

 

病気が消えていくんだろう、と思います。

 

 

 

 

 

 

私の描く理想は、

 

 

 

 

全ての命が、自然な形で

 

 

 

 

その命を全うすることです。

 

 

 

 

 

そして、それは決して不可能なことではない、と私は信じています。

 

 

 

 

 

合掌お願い

 

 

 

 

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< 

 

 

身体が喜ぶものを食べ

 

 

身体が喜ぶものを使い、

 

 

地球上の全ての生命が幸せでいられるために

 

 

 

 

 

 

 

私達にできることがあります!!

 

 

 

 

詳しくはこちらから!

【遅れる日本】世界はすでに脱プラは当たり前!!今すぐあなたにできること・・・

普段私たちが何気なく使っているレジ袋。

 

 

 

 

 

今年、日本は資源の循環とプラスチックゴミの大幅な削減に向けて

 

 

ようやく本格的に動き出し、

 

 

スーパーなどのレジ袋の有料化が義務化されることになりました。

 

 

 

 

 

 

ですがこの動き、世界的にはすでに以前から始まっていて、

 

 

 

日本はかなり出遅れています。

 

 

 

 

 

 

世界はもはや大量消費・大量生産の時代ではなく

 

 

 

可能な限り無駄を省き、リサイクルして

 

 

 

循環していく世の中になりつつあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年8月に環境省から出された

 

 

 

プラスチックを取り巻く国内外の状況」では、

 

 

 

プラスチックを利用したサービスを

 

 

 

消費者がどのように感じているのか、

 

 

 

という意識調査を行っており、結果を記しています。

 

 

 

 

 

 

この中で

 

 

 

 

”小売店のレジで、店員がレジ袋を、

   商品購入者に必要かどうか確認せずに入れる。”

 

 

”小売店のレジで、店員が箸・フォーク・スプーンを、

    商品購入者に必要かどうか確認 せずに入れる。”

 

 

”小売店等で販売されている弁当容器の中で、

  おかずをさらにプラスチック製やアルミ製のカップに入れる。”

 

 

 

 

 

この3つは6割以上の人が「過剰である」と回答しています。

 

 

 

 

 

しかし、

 

 

 

 

 

”小売店で量り売りしているものの脇に

       無料のプラスチック袋が置いてある。”

 

 

は3割未満、

 

 

 

 

”カフェ、ファーストフード店等で、

  店員が商品購入者に必要かどうか確認せずにストローをつける。”

 

 

 

 

や、

 

 

 

 

”カフェ、ファーストフード店等で飲料を購入した際、

               カップにフタをつける。”

 

 

 

 

は3〜4割にとどまり、

 

 

 

 

 

 

日本ではまだまだプラスチック原料で作られた包装に関して

 

 

 

 

本当に必要か、過剰ではないかと

 

 

 

 

疑問視する意識が低いように思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本は世界の中でも衛生面の水準が高い国です。

 

 

 

 

しかし、その衛生水準の高さを維持するために、

 

 

 

 

雑菌の繁殖を防ぐ目的の個包装など、

 

 

 

 

時として過剰とも思える包装がされている商品も多々あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今一度考えてみてください。

 

 

 

 

当たり前だと思っているその包装は、

 

 

 

 

 

本当に必要かどうか

 

 

 

 

 

そういう視点を持つことが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

3足の靴下にこれだけの緩衝材。そもそも靴下に緩衝材など必要ないし箱がムダに大きい。

 

 

 

この袋はなんのため?

 

 

 

 

使用の意図がわからない

 

 

 

デコポン1つに緩衝材(フルーツキャップ)、パック、ラップと三重のプラスチック包装。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<世界での取り組み>

 

 

 

フランス

 

レジ袋は使用や販売はおろか製造も禁止、

 

 

 

使い捨ての食品容器の販売禁止、

 

 

 

使い捨てのカトラリーの販売も禁止しています。

 

 

 

 

 

コップやグラスなどは2020年から、

 

 

 

ストローやナイフやフォークなどのカトラリーは

 

 

 

2021年から禁止となる見通しです。

 

 

 

 

 

 

ドイツ

 

2003年から、ペットボトルなどの使い捨て容器を

 

 

 

リターナブル容器にして

 

 

 

 

容器の回収率を上げるための

 

 

 

 

「デポジッド(預かり金)」制度を設けています。

 

 

 

デポジット制度とは、最初に容器の預かり金込みの値段を支払い、

 

 

 

 

後で回収してもらう時に預かり金が返ってくる、という制度です。

 

 

 

 

スーパーなどに自動回収機が設置されていて

 

 

 

 

生活にきちんと根付いているようです。

 

 

 

 

 

 

イギリス

 

 

イギリスでも、ペットボトルなどのワンウェイ容器を

 

 

 

リターナブル容器にしてデポジット制度を導入し、

 

 

 

再利用することでプラスチックゴミの削減をはかる方針です。

 

 

 

 

 

 

またイギリスはすでにレジ袋の有料化で、

 

 

 

レジ袋の使用率を低下させた実績があるようです。

 

 

 

 

 

他にも

 

 

 

 

プラスチックストローの販売を禁止する政府の方針を発表しており、

 

 

 

2018年9月マクドナルドでは

 

 

 

紙ストローへの全面切り替えを導入しました。

 

 

 

 

 

ちなみにこの紙ストローは賛否両論あるようですが、

 

 

 

企業がこうした取り組みを行うことで

 

 

 

社会全体の環境に対する配慮が伺えます。

 

(この流れは日本でも始まっていて、スターバックスコーヒージャパンは去年、

 全国の約1500店舗で使い捨てプラスチック製ストローをなくし、

 2020年1月から顧客に紙ストローの提供を開始すると発表しています。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<アジアの中ですら遅れる日本>

 

台湾

 

 

台湾では日本より早くレジ袋の有料化を実現しており、

 

 

 

その範囲も拡大しています。

 

 

 

コンビニエンスストアやスーパーでは既に有料化されています。

 

 

↑写真はドリンクホルダーですが、

 

 

 

こちらのドリンクホルダーを持っていれば、

 

 

 

「レジ袋はいりませんよ」と書いてあるので、

 

 

 

ドリンクホルダーをお店の人に見せるだけでOKだそうです。

 

 

 

 

 

 

韓国

 

韓国でもレジ袋有料化は進んでおり、既に

 

 

 

大型スーパーなどでは無料のレジ袋配布は禁止、

 

 

 

さらに販売も禁止されるようになりました。

 

 

 

 

今までは規制の緩かった一部商店などでも有料化の波はきており、

 

 

 

 

日本より少し進んでいる印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<プラスチック原料はこんなところにも>

 

 

 

レジ袋やペットボトルなど、

 

 

 

見たらすぐに分かる製品の他にも、

 

 

 

私たちの身近には

 

 

 

 

プラスチック原料が使われたものがあふれています。

 

 

 

 

 

 

 

例えば

 

 

 

 

 

 

・紙コップや牛乳紙パックの内側のコーティング

 

 

 

 

 

 

 

・生理用品や紙オムツの高吸収ポリマー

 

 

 

 

 

こういった商品にも、プラスチック原料は使用されています。

 

 

 

 

 

 

 

なので、

 

 

 

 

 

紙コップを使えば良いというのは安易な考えです。

 

 

 

 

 

 

 

 

使い捨てにするのではなく、マイカップを使うなど

 

 

 

 

再利用できるものを使用するように

 

 

 

 

 

意識を変える必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

オムツに関しては、赤ちゃん用のオムツは紙オムツではなく

 

 

布オムツを使うママも少しずつ増えているように感じます。

 

 

かぶれや身体への影響も考えれば断然布がおすすめです。

 

 

 

 

 

ナプキンも同様ですね。(こちらの記事もご覧ください)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、我が国が直面している介護の現場の問題として、

 

 

 

介護用の紙オムツを布オムツに変えるのは

 

 

 

かなりの介護負担の増加を招くと予想されます。

(私も祖母を自宅介護中ですので分かります)

 

 

 

 

 

 

 

 

全てを布に、ということは難しいと思いますので、

 

 

 

 

オムツを必要としない老後を迎えるために

 

 

 

必要なことは何か

 

 

 

 

こちらをしっかり考える方が賢明かと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

<私たちがやるべきこと>

 

 

 

現段階決定しているレジ袋などの有料化は、

 

 

プラスチックゴミの削減をしていかなければいけない

 

 

という意識づけには有効だと思いますが、

 

 

 

 

 

既に深刻化しているプラスチックゴミを大幅に減少させるには、

 

 

 

 

 

全く十分ではありません。

 

 

 

 

 

もっとハードルが高いことにも取り組む必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

プラスチックゴミが大幅に削減され、

 

 

貴重な資源を有効利用し

 

 

循環できる世の中へ。

 

 

 

 

 

そのために、  

 

 

 

 

私たち1人1人ができることを今すぐ始めて

 

 

 

 

 

積み重ねていくべきです。

 

 

 

 

 

 

 

ワンウェイの袋や容器ではなく

 

 

 

リターナブルなマイバッグ、マイボトルなどを使うことは

 

 

 

すでに世界の常識になりつつあります。

 

 

 

 

 

これはもちろん企業側の努力も必要ですが、

 

 

 

 

私たち消費者1人1人の意識改革がなにより重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有料化になるからという理由だけではなく、

 

 

環境に与える影響を考えた上で

 

 

不要な袋やストローなどは「要りません」と言えること。

 

 

使わないという選択をすること。

 

 

 

 

 

どんなに地球のことを考え、熱い思いを立派に語ったところで、

 

 

 

行動できなければなんの意味もありません

 

 

 

 

 

 

 

明日から・・・ではなく、たった今から、

 

 

 

できることを始めてください。

 

 

 

 

 

あなたが行動することで、

 

 

 

 

資源と環境を大切にしていく考えが

 

 

 

 

日本中に世界中に、どんどん広がっていきます。

 

 

 

 

合掌お願い

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

 

地球の資源と環境を守るために、今すぐできることがあります! 

 

 

 

時代はサスティナブルな社会を求めています。

 

 

 

時代はオーガニック!

 

 

 

 

オーガニックは、

 

健康美を手に入れる最短の道であるだけでなく

 

そこに関わる命全てが幸せでいられる仕組みです。

 

 

 

 

 

ぜひあなたの生活の中にオーガニックを!

 

 

その方法はこちら

 

残2名【2020年第一弾モニター募集!】ママ限定★完全在宅で月30万稼ぐ!無料チャレンジモニター

2020年をロケットスタート

 

 

 

 

 

月に30万完全在宅で稼ぐ

 

 

 

14日間チャレンジプログラム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来はセミナーに参加していただいてから伝えている内容を

 

 

 

 

 

 

セミナーを受講する前に

 

 

 

 

 

 

 

 

無料で!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個別で!

 

 

お伝えします!

 

 

 

 

 

 

セミナー前に私のコンサルがお試し体験できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がお伝えしている手法では、

 

 

 

 

 

たった[2つのSTEP]で

 

 

 

 

 

マネタイズ(収益化)が可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この2つのSTEPのうちの[STEP1]の部分を

 

 

 

 

 

 

 

セミナー前までに、ある程度作り上げることが出来れば・・・

 

 

 

 

 

 

 

あとは[STEP2]のみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

STEP1]をセミナーまでに無料で提供しますので、

 

 

 

 

 

 

 

セミナー後にすぐにマネタイズ出来る

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この方法ならこれからチャレンジするあなたの

 

 

 

 

 

 

成功する可能性は上がり、

 

 

 

 

 

 

 

さらに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

収益までのスピードも速くなる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と断言できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、

 

 

 

 

 

現在既に生徒さんを多数抱えていますので

 

 

 

 

 

 

募集人数は先着3名・・・

 

 

 

 

 

 

 

残り2名です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この無料体験チャレンジへの参加条件

 

 

 

 

 

以下の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

セミナーへの申し込み&受講必須。

セミナー料金は通常通りです)

 右差しお申し込みはこちら

 

 

 

 

 

 

 

②なぜ参加したいと思ったのかを、

 雛粂あやの公式LINEへメッセージ。

 

 2秒登録右差し友だち追加

 

 QRコードはこちら

 

 

 

 

 

 

 

セミナーまで14日間前後確保する。

(この間無料サポートします)

 

 

 

 

 

 

 

 

④サポートはLINEのみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤本気で稼ぎたい!絶対人生変えてやる!という強い意志がある方。

 

 

 

 

 

 

 

 

ママ限定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経験、スキル、実績、いりません。

 

資格、商品、いりません。

※あなたの商品、私が用意します!

 

今の仕事を辞める必要、ありません。

 

家から一歩も出られない、構いません。

 

誰にも知られたくない、大丈夫です。

 

 

 

そんなわけない、と思いますか?

 

 

 

安心してください。

 

 

 

 

 

 

 

上記すべて、

起業当初の私に

当てはまっています。

 

 

 

 

 

 

 

だから自信をもってご案内できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

このチャンス、ぜひ見逃すことなく

 

 

 

手に入れてください。

 

 

 

 

 

輝く未来に向かって歩き出したあなたと

 

 

 

 

 

お会いできることを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

合掌お願い

 

 

 

 

 

 

 

下差し雛粂あやのとは?

 

 

【健康&ビジネス通の方必見!】破壊力バツグンの最強organicビジネスが日本上陸★

知らなきゃ損!

 

 

 

 

 

オーストラリア発のスペシャルなMLAをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

従来のアフィリエイトが持つメリットはもちろん引き継ぎ、

 

 

 

 

 

デメリットをしっかり克服した

 

 

 

 

 

魅力たっぷりの次世代のアフィリエイト、それがMLAです。

 

MLMとMLAの違いについてはこちらを参照ください)

 

 

 

 

 

 

しかも、

 

 

 

 

 

 

 

まだ日本ではほとんど知られていません。

 

 

 

 

 

 

ですので、今から始めれば、

 

 

 

 

かなり大きな先行者利益が見込めます。

 

(今は①のタイミングです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<従来のアフィリエイトデメリット

 

 

 

 

 

Googleアドセンス

 

・物販アフィリエイト

 

情報商材アフィリエイト

 

 

 

 

世の中には数多くのアフィリエイトが存在します。

 

 

 

 

どれもそれぞれに素晴らしいものです。ただ、弱点があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

リピーターが無視される!

 

 

 

 

 

 

 

物販で説明すると、

 

 

 

 

 

従来のアフィリエイトの成果報酬には条件がありまして、それが

 

 

 

 

 

「新規購入」であることです。

 

 

 

 

 

 

 

自分のサイトからアフィリエイト商品をお客様が買った場合、

 

 

 

 

気に入ってまた同じ商品を買ってくれたとしても、

 

 

 

 

自分に報酬は入りません。 

 

 

 

 

 

つまり、

 

 

 

 

 

新規客を集め続けなければいけないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 <リピーターも報酬対象です

 

 

 

 

 

「リピーターが無視される」という弱点を克服したのが、

 

 

 

 

今日ご紹介する次世代のアフィリエイトになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  インナーオリジン  

 

 

 

 

 

 

という

 

 

 

 

 

オーガニック商品を専門に扱う会社です。

 

 

 

 

 

 

 

アマゾンや楽天の”オーガニックバージョン”

 

 

 

 

と思っていただけるとわかりやすいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

アフィリエイト登録をすると、自分専用のURLが発行されます。

 

 

 

 

 

そこから商品が売れる度に

 

 

 

 

 

報酬が入ってくるという仕組み。

 

 

 

 

 

つまり、

 

 

 

 

 

 

 

同じ人が、同じ商品を、何度買ったとしても

 

 

 

 

 

 

 

毎回自分に報酬が入ってくる

 

 

 

 

 

ってことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、注目すべき2点目!!

 

 

 

 

 

 

 

一度自分のURLから購入したら、

他のURLからは買うことができません

 

 

 

 

 

 

 

つまり、一度自分の顧客になってしまえば、

 

 

 

 

その人が、いつどんな商品を何度買おうが、

 

 

 

 

その度に自分に報酬が入ってくるってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このすごさと魅力に気づいた方、

 

 

 

 

 

ビジネスのセンスがおありです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、1度でも他のアフィリエイターの顧客になった人は、

 

 

 

 

 

自分の顧客にはなりえません。だからこそ

 

 

 

 

 

できるだけ早くビジネスを始めることが重要

 

 

 

 

 

 

 

 

今まだ、日本でインナーオリジンを知っている人は

 

 

 

 

ほとんどいません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この今のタイミングを逃すってことは、

 

 

 

 

 

目の前に転がっているダイヤの原石に気づかず

 

 

 

 

 

通り過ぎるのと同じです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ビジネスをスタートするには?>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インナーオリジンのアフィリエイトは紹介でしか登録できません。

 

 

 

 

 

ぜひやってみたい!

 

 

もう少し詳しい話を聞いてみたい!

 

 

ビジネス云々よりとにかく安心なオーガニック製品を買いたい!

 

 

 

 

 

 

という場合は、こちらから説明会に参加するか

 

 

 

 

 

 

LINEより直接お問い合わせください。

 

友だち追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リピーターが、いつなにを買おうと、毎回報酬が入ってきて、

 

 

 

 

 

一度、自分の顧客になったら他の人からは購入できない・・・。

 

 

 

 

 

 

アフィリエイターにとっては、まさに

 

 

 

 

 

 

理想的な報酬体系のインナーオリジン!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、売れる度に毎回報酬が入ってくるとはいえ、

 

 

 

 

 

 

商品に魅力がなければ売れることもなく、稼ぐことも不可能です。

 

 

 

 

 

 

 

また、

 

 

 

 

 

 

一度買ったら、もう買わないような高単価な商品だと、

 

 

 

 

 

 

 

リピートは見込めません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<魅力ある商品の数々>

 

 

 

 

 

ではインナーオリジンのサイトに掲載される商品について

 

 

 

 

 

ご説明いたします。

 

 

 

 

 

 

インナーオリジンの商品には以下のような特徴があります。

 

 

 

 

 

 

 

・オーガニック商品

 

 

 

 

・超厳しい審査を通過しなければいけない

 

 

 

 

 

 

 

 

創立者兼CEOのサリーアンは、実兄が世界に3例しか症例のない珍しい肝臓がんを患い、

 

余命宣告されてから厳しいオーガニック生活を送ったことで

 

癌を完治したという奇跡体験をきっかけに、

 

世界中に真のオーガニックを広めたいとインナーオリジンを立ち上げたそうです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、インナーオリジンはオーガニックの

 

 

 

 

食べ物しか扱っていないのか?というと、

 

 

 

 

 

そうではありません。

 

 

 

 

 

化粧品や、シャンプーなどの日用品、

 

 

 

 

赤ちゃんやペットのケア用品など、

 

 

 

 

 

ありとあらゆる日用品を扱っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お気づきですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

食品、化粧品、日用品、サプリメント、ケア用品って、

 

 

 

 

 

なくなれば買い足します。

 

 

 

 

 

しかも、気に入れば何年も同じ商品を愛用します。

 

 

 

 

 

 

はい、そうです。

 

 

 

 

 

 

誰かがリピートした分、

 

 

 

 

 

 

毎回アフィリエイト報酬が入ってくるということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

で、

 

 

 

 

 

 

 

オーガニック商品だからといって、

 

     それがいい商品とは限らない!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのとおりです。

 

 

 

 

 

 

 

オーガニック専門家としてもそれは痛感しています。

 

 

 

 

 

 

 

オーガニック」と表示されていても

 

 

 

 

 

 

当然のごとく

 

 

 

 

 

 

化学物質が入っているという現状が日本のオーガニック市場です。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、インナーオリジンなら大丈夫。

 

 

 

 

 

 

 

なぜか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、高品質の商品のみを販売すべく、

 

 

 

 

 

 

 

独自の厳しい審査を行っているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 〜製品審査委員会〜

 

 

 

 

医者や栄養士、環境化学物質研究家などで構成される委員会が、

 

 

 

 

商品ひとつひとつを審査します。

 

 

 

 

どのような成分が入っているのか、

 

 

 

 

産出国はどこかなどを事細かに審査して、

 

 

 

 

ひとつでも審査基準に満たない成分が入っていたら

 

 

 

 

審査を通しません。

 

 

 

 

 

 

 

 

〜審査基準〜

 

 

 

 

 

・有害物質が一切含まれない商品

 

動物実験が行われていないもの

 

ホルモン剤、抗生剤が使用されていないもの

 

BPAが含まれないもの

 

・着色料、保存料が使用されていないもの

 

・石油が含まれないもの

 

・硝酸塩、グルタミン酸ナトリウムが含まれないもの

 

 

 

 

など、合計8つのポリシーに準ずる商品しか

 

 

 

 

審査を通る事ができません。

 

 

 

 

 

 

 

また、これらの審査基準に加えて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカの環境保護団体であるEWGが出している

     (Environmental Working Group)

 

 

 

 

「危険な食品添加物リスト」掲載の成分が

 

 

 

 

含まれていないかもチェックされます。

 

 

 

 

 

 

このリストには、

 

 

 

 

3500品目以上の危険な添加物が記載されているのですが

 

 

 

 

 

実は日本で普通に使われている添加物も、

 

 

 

 

 

このリストには載っているとのこと。

   (日本があまりにも意識が低いことが分かります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、超超厳しい審査基準を通過した商品だけが、

 

 

 

 

 

 

インナーオリジンで販売されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<良いこと尽くめ>

 

 

 

 

 

 

インナーオリジンの魅力をざっとあげてみると・・・

 

 

 

 

 

 

・自社製品を持っていない

 

・オートシップなし

 

・ノルマなし

 

・自分が商品を買う必要なし

 

・商品説明会を開く必要なし

 

・集金なし

 

・配達する必要なし

 

・在庫なし

 

・オーガニックで健康美を手に入れられる

 

・商品が広まれば広まるほど、動物実験される動物を救える

 

・地球環境の保全に協力できる

 

・世界を股にかけて活動できる

(現在オーストラリア・ニュージーランドアメリカ・日本の4カ国で展開中であり

 来年中にイギリス・カナダ上陸決定。今後世界中に展開。

 住んでいる国の通貨でお給料がもらえる)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はこの話を最初に聞いたとき、

 

 

 

 

全く迷わず「やる」と即決しました。

 

 

 

 

オーガニックLOVEだということも理由の1つですが、なにより

 

 

 

 

 

 

こんな破壊力バツグンアフィリエイト

 

 

 

 

 

他に知りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

「やらない」理由が見当たりません(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成功者はいつだって、

 

 

 

 

 

即決断・即行動です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しでも今のこのタイミングがチャンスだと気づいた方は、

 

 

 

 

 

 

こちらから説明会にご参加ください!

 

 

 

 

 

 

 

会社概要やビジネスについてご説明いたします。

 

 

 

 

 

 

 

少しでも早くビジネスを始めて先行者利益をゲットしたい方、

 

 

 

 

 

商品をとにかくすぐ使ってみたい!!という方は

 

 

 

 

 

LINEからご連絡ください!

 

 

XJapan・Yoshikiに習う『我慢は手放せ、必要なのは忍耐のみ』

 

我慢と忍耐の違い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「我慢」の二文字を合わせると

 

 

 

「われ、おこたる」という意味になります。

 

 

 

 

つまり、

 

 

 

 

「我慢」は自分の願いを怠る

 

 

 

という解釈ができます。

 

 

 

 

 

 

 

「忍耐」の二文字を合わせると

 

 

 

「たえるをみとめる」という意味になります。

 

 

 

 

つまり、

 

 

 

 

「忍耐」とは

 

 

 

「やがて得る目標のために

   試練に耐えることを認める

 

 

 

 

という意味だと解釈できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

とすると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

「我慢」とは

 

 

 

 

自分の欲求を満たしていない状態

 

 

 

 

 

要するに、対人関係において考えれば、

 

 

相手の欲求充足は邪魔しないけど、

 

 

肝心の自分自身の欲求充足はできていないという状態です。

 

 

win-winではないし、

 

 

 

自分自身もインサイドアウトができていないということ。

 

 

 

 

 

 

一方で、

 

 

 

 

 

「忍耐」とは、自分が本当に

 

 

手に入れたいもの(=目標)に

  近づいている状態

 

 

 

短期的には言いたい事を言わなかったり、

 

 

 

 

やりたいことをやらなかったりなど、

 

 

 

 

「耐える」時間がありますが、着実に進んでいるってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<そもそも我慢って?>

 

 

 

 

「我慢強い」というように、日本では

 

 

 

「我慢」が美徳として認識されることも少なくありません。

 

 

 

 

 

 

 

が、本来「慢」は良い意味ではないのをご存知ですか?

 

 

 

 

 

 

 

例えば、自慢・高慢・慢心という熟語を思い浮かべてみると、

 

 

 

なるほど、

 

 

 

「慢」が否定的なイメージを持つことが分かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

仏教では、「七慢」といって七つの「慢」を戒めているんですが、

 

 

 

 

我慢は七慢の一つであり、四番目になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元々仏教では、我慢を

 

 

 

 

「無我を知らず、我に執着する心」としています。

 

 

 

自我と非我の区別がない

 

 

 

境界に到達することを求める仏教の教えからすると、

 

 

 

「我」があることこそ誤り。

 

 

 

主観的な見方の一切の否定ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

我慢は、本来、自分以外無視、

 

 

「自分が自分が」

 

 

というエゴイズムを表していました。

 

 

所謂、自己中

 

 

 

 

 

ここから転じて、我慢は

 

 

 

 

「我を張る」という意味で使われるようになりました。

 

 

 

 

 

弱さを抱え込んで耐える姿が、我を張る様なので、

 

 

 

 

現在の我慢の使われ方になったわけですが、つまり、

 

 

 

 

 

 

自分に向けて放たれたマイナスのエネルギーを、

 

 

 

そのまま自分の中に入れてしまっている状態です。

 

 

 

 

 

 

 

マイナスエネルギーによって痛めつけられている心身を、

 

 

 

 

何もせずにひたすら受け入ようとしている状態が我慢。

 

 

 

 

 

 

 

我慢の先には

  何もありません

 

 

 

 

 

 

 

 

それどころか、我慢をすればするほど

 

 

 

 

自分の中に負のエネルギーが溜まり

 

 

 

 

 

 

どんどん不幸になっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<我慢と忍耐は全く違う>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく、誰かから嫌な仕事(役割)を押しつけられた時に

 

 

 

「忍耐が必要だ」と我慢してしまう人がいます。

 

 

 

 

しかしこれは危険なことで、「忍耐」の意味を取り違えています。

 

 

 

 

 

 

 

その仕事自体が自分にとってやりたいことだったり

 

 

 

将来必要なことだと認識しているのであれば、

 

 

 

 

耐えて受け入れるべきですが、

 

 

 

そうでないのなら・・・

 

 

 

 

 

 

 

自分の本質から外れていることを耐えるのは

 

 

 

「忍耐」ではなく「我慢」です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今自分が耐えていることが「忍耐」なのか「我慢」なのかは、

 

 

 

 

 

自分自身が本当にやりたいことを把握していないと判断できません。

 

 

 

 

 

だから、常に自分と向き合い続ける必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうしないと意味をはき違えて「我慢」し続けることになり、

 

 

 

 

 

 

人生が上手くいくことは

 

 

 

永遠にありません

 

 

 

 

 

 

 

自分と向き合い、自分にとって

 

 

 

何が「忍耐」で、何が「我慢」なのかを

 

 

 

判断できるようにすることが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<我慢はしない。でも忍耐力を養う>

 

 

 

 

 

そもそも人がなぜ我慢をするか

 

 

 

と考えると、

 

 

 

我慢をしないと生きていけないから

 

 

 

というところに辿り着きます。

 

 

 

 

 

 

いくら嫌なことであっても、

 

 

 

それを我慢しなければ生きていけない、

 

 

 

だから仕方なく我慢するってことです。

 

 

 

 

 

 

 

これ、自分の人生を誰かに頼って生きるという

 

 

 

 

 

依存心に起因します。

 

 

 

 

 

 

 

 

我慢から解放されるには、

 

 

 

 

人を頼ろうとする気持ちから

 

 

 

 

脱却し、

 

 

 

 

 

自分自身の力でこの世を生き抜く

 

 

 

 

 

力と覚悟が必要になります。

 

 

 

 

 

それこそが、忍耐力

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、忍耐力を身に付けるということは、

 

 

 

 

自分の人生を自分自身の力で生き抜けるようになるということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とは、

 

 

 

 

 

嫌なことも自分自身で跳ね返して真のゴールへ向かって進むこと。

 

 

 

 

 

とは、

 

 

 

 

嫌なことを仕方なく受け入れ

      マイナスエネルギーを抱え込んでいる状態のこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中の成功者たちは皆、

 

 

 

 

到底人には真似できないレベルの忍耐を続けながらも、

 

 

 

 

自分のやりたいことは一切我慢せず、生き生きとしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

これを見てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泣く子も黙る世界的ミュージシャン

 

 

 

YOSHIKIのタイムスケジュールです。

 

 

 

 

 

 

 

このスケジュールをこなすために、

 

 

 

 

どれほどの忍耐が必要でしょう。

 

 

 

 

想像しただけでも身震いしてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で、

 

 

 

 

 

 

「ドラムを叩き続ける」ことに関して、彼は

 

 

 

 

一切我慢をしません。

 

 

 

 

 

 

 

倒れようが失神しようが、ドクターストップがかかろうが、

 

 

 

 

 

今尚現役で叩き続けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記憶に新しい頸椎人工椎間板置換という大手術も、

 

 

 

 

やりたいことを我慢しないための

 

 

 

 

”忍耐”そのものですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忍耐するけど

   我慢しない!

 

      そんな生き方が格好良い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私もカッコイイ女になれるよう、

 

 

 

 

日々「忍耐」を続けていきたいと思います。

 

 

 

 

 

合掌お願い

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

欲しいものは全部手に入れたい!

 

 

 

 

そんな「我慢知らず」の人生を送るために。。。

 

 

 

 

これを知らなきゃ損です!

 

 

 

 

 

2020年スタートキャンペーン中につき

 

 

完全個別無料セミナー開催中!

 

 

 

※女性限定です。

 

 

 

 

【世界一カンタンな最短最強のおうち起業】

 

こちらからどうぞ!

 

 

 

タンポンで両足を失う!?〜ケミカル製品に使われる合成素材の危険性〜

女性にとって、毎月訪れる月経は、

 

 

 

 

とても神秘的で大切な生命の営みのひとつです。

 

 

 

 

 

 

 

初潮を迎える10代から閉経までの50代頃まで、

 

 

 

 

約40年近くもの長きにわたって付き合うことになる月経。

 

 

 

 

 

 

私たちは約10年もの長い期間、生理という期間を過ごし、

 

 

 

 

生理用品を性器に使用することになります。

 

 

 

 

 

そして性器というのは身体のどの部位よりも

 

 

 

 

 

経皮吸収率の高い場所でもあります。

 

 

 

 

 

 

さて、あなたはどのような生理用品を愛用していますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

<タンポンで両足を失う>

 

 

モデルのローレン・ワッサーは1988年アメリカ生まれ。

 

2012年10月3日、彼女は体調不良を感じていた。

 

インフルエンザに罹患したかのような症状だった。

 

 

 

 

その日の夜パーティー中に症状はますます悪化し、

 

帰ってベッドに倒れ込んだが病院には行かずひたすら寝た。

 

 

 

翌日42°近くの高熱で救急搬送される。

 

臓器不全に陥り、深刻な心臓発作に見舞われいたので、

 

あと10分でも遅ければを落としていた。

 

 

 

担当の医師はローレンの母に「祈るしかない」と伝える。

 

 

治療のため人工的昏睡状態にされ、

 

毒を吸い出すために36キロもの液体が注入された。

 

その後数日で感染は壊疽へと進行。

 

両足は黒く変色し、次第に壊疽は深刻化していった。

 

 

 

 

右脚は膝下で切断され、左足の足指も失った。

 

 

かかとにも重度の損傷を受ける。

 

 

2018年1月、右脚も膝下から切断

 

 

 

 

 

 

彼女を地獄に突き落とした病気、それが

 

 

 

 

 

トキシック症候群です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トキシック症候群とは、細菌感染による敗血症で、

 

 

 

 

 

黄色ブドウ球菌が生産する毒素によって引き起こされます。

 

 

 

 

 

 

 

黄色ブドウ球菌は常在菌の一種であり、

 

 

 

 

誰しも保有している可能性がある菌とのことで、

 

 

 

これは他人事ではなく、

 

 

 

 

明日にでも、誰にでも起こり得ることです。

 

 

 

 

 

 

 

トキシック症候群を引き起こす原因として問題となっているのが

 

 

 

 

合成繊維で製造されているタンポンです。

 

 

 

 

 

 

タンポンに使用されている合成繊維が、

 

 

 

黄色ブドウ球菌などの細菌の培養地となり、

 

 

 

細菌が繁殖しやすい環境を生み出したと考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<便利さと低コストのみを追い求めた結果>

 

 

 

 

当然、月経は昔から女性に訪れていたものなので、

 

 

 

タンポンやナプキンなどの生理用品も昔からありました。

 

 

しかし、使用されている素材が大きく異なります。

 

 

 

 

 

 

昔は、脱脂綿など100%天然素材のものが使用されていましたが、

 

 

 

 

 

近現代になり、ナイロンやレーヨン、またそれに代わる

 

 

 

 

安価な化学繊維が用いられるようになりました。

 

 

 

 

製造側としては、化学繊維を用いることで

 

 

 

 

 

コスト削減や経血の吸収量がアップするなどの

 

 

 

利便性を追求した結果だったのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

ところが、それによって引き起こされる

 

 

 

 

 

リスクに関しての予測や注意喚起は、

 

 

 

 

あまりにずさんで不完全なものでした。

 

 

 

 

 

これら合成素材でできたタンポンの普及により、

 

 

 

 

トキシック症候群の発症も大幅に増加し、

 

 

 

 

多くの被害者が出ることになった。

 

 

 

 

 

 

にもかかわらず

 

 

 

 

 

 

メーカー側はトキシック症候群に関する

 

 

 

 

注意喚起をパッケージの隅に記載するのみ。

 

 

 

 

 

 

素材自体を変えることはなく、現代でもなお、

 

 

 

 

 

合成素材のタンポンが市場に出回っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<健康や生命よりも「利益」優先の社会>

 

 

 

 

 

それどころかメーカー側は、

 

 

 

 

 

トキシック症候群の可能性を示唆しているものの、

 

 

 

 

 

「だれでも起こる可能性がある」

 

「タンポンだけが原因ではない」

 

「TSSを発症するのはまれである」

 

「商品説明書通りに適正に使用すれば問題がない」

 

 

 

 

 

との記載で問題を重要視しておらず、それどころか、

 

 

 

 

 

 

「長時間吸収」

 

 

「つけている感じがしない・快適」

 

 

「もれない・ムレない・違和感なし」

 

 

 

 

 

 

 

などのキャッチーな謳い文句で

 

 

 

 

さらに多くの若い女性に商品を普及させようとしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ケミカル漬けだった日々>

 

 

 

思い起こせば私自身も、生理中は市販のナプキンを使用し、

 

 

 

 

海やプールで楽しむときはタンポンを使用していました。

 

 

 

 

 

そして、何か不調があれば鎮痛剤や薬を飲む、というのが普通で、

 

 

 

 

 

他に選択肢があるなんて考えもしませんでした。

 

 

 

 

 

 

ですが、二十歳を超えたあたりから子宮内膜症や、PMS、冷え症など

 

 

 

 

身体のトラブルがひどくなり、結局、

 

 

 

 

女性器を摘出せざるを得ない状態に陥りました。

 

 

 

 

 

 

 

何が原因なんだろう、そう思って自分なりに調べまくりました。

 

 

 

 

 

 

 

そしてたどり着いたのが・・・

 

 

 

 

 

 

ケミカルな生理用品を使わない、という選択でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

口にするものや直接肌に塗るものである場合は

 

 

 

 

 

身体に及ぼす影響について簡単に想像がつきます。

 

 

 

 

 

一方、

 

 

 

 

 

生理用品のように、

 

 

 

 

 

思いもかけないところに潜むケミカルなものに関しては、

 

 

 

 

 

まだまだ認知されにくいという現実があります。

 

 

 

 

 

 

 

ただ私は、命を繋ぐための大切な身体の営みのひとつである月経に、

 

 

 

 

 

ケミカルなものは介入すべきでないと考えます。

 

 

 

 

 

ましてや、ローレン・ワッサーのように、

 

 

 

 

 

ケミカルなモノによって女性の人生が狂うこと、

 

 

 

 

 

命の危険にさらされることなど、あってはならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<「天然素材使用」の裏側に潜む合成素材>

 

 

 

 

ドラッグストアに行くと、陳列棚1列を占拠している

 

 

 

 

生理用品の数々が目に入ります。

 

 

 

 

謳い文句は様々ですが、多くのものが、

 

 

 

 

「肌に優しい」

 

「デリケートゾーンでもかぶれない」

 

「天然コットン使用」

 

 

 

 

ということを強調し、

 

 

 

 

 

消費者に

 

 

 

 

 

「安心」「安全」「天然」というイメージを植えつけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、パッケージの裏側を見ると、驚愕の事実が分かります。

 

 

 

 

あたかも自然なもののように描かれていますが、

 

 

 

 

実際に使われている素材は、

 

 

 

 

天然素材とは名ばかりの合成素材ばかりです。

 

 

 

 

 

 

一般的な生理用ナプキンの表面には、

 

 

 

さらっとした感覚と蒸れを防ぐための不織布とフィルムが使用され、

 

 

 

経血を素早く吸収し、逆戻りしないようにするための

 

 

 

高分子吸収剤(ポリマー)やパルプ、

 

 

 

側面や裏面から経血が漏れないようにする

 

 

 

フィルムや不織布が使用されています。

 

 

 

 

 

 

さらには、経血の匂いを紛らわすための

 

 

 

 

香料が使われている製品もあります。

 

 

 

 

 

 

 

製品の一部分に

 

 

 

天然コットンが使用されているのかもしれませんが、

 

 

 

それはあくまで表面的なもの。

 

 

 

 

 

 

 

「保存料無添加」を謳いながら

 

 

 

 

他の添加物を使用している食品と同様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先に挙げたローレン・ワッサーも

 

 

 

 

「使用していたタンポンが綿100%のものであれば、

 

 

 

たとえリスクがあったとしても最低限で済んだ

 

 

 

と述べています。

 

 

 

 

この意味を私たちはしっかりと理解しなければいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

<腕の経皮吸収率を1とした場合、陰部の吸収率は50倍

 

 

 

 

現在多くの女性が使用している合成素材のタンポンやナプキンは、

 

 

 

 

先に挙げたトキシック症候群のみならず、

 

 

 

 

子宮筋腫子宮内膜症・卵巣癌などのリスクにも

 

 

 

 

なり得ると言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

経皮吸収率は身体の部位によって異なると言われていますが、

 

 

 

 

前腕を1とした場合、陰部は50倍にも膨れ上がります。

 

 

 

 

その理由としては、皮膚で覆われている腕とは異なり、

 

 

 

陰部は粘膜がむき出しになっているために、当然、

 

 

 

薬剤はもとより化学物質の吸収率も上昇する、と考えられます。

 

 

 

 

 

つまり、合成繊維でできたものを陰部に直接当てること、

 

 

 

 

ましてや挿入することは、

 

 

 

 

女性の体にとって多大な悪影響を及ぼすことになります。

 

 

 

 

 

 

 

このことからも、

 

 

 

 

 

合成素材でできたタンポンやナプキンが市場に出回り、

 

 

 

 

 

多くの女性に使われるようになったと共に、

 

 

 

 

 

 

 

不妊子宮内膜症子宮筋腫などの婦人科系疾患が増加したことは

 

 

 

 

 

全く無関係だとは言いきれません。

 

 

 

 

 

 

 

<自分のために・未来を担う子どもたちのために

    タンポンやナプキンの正しい知識を>

 

 

 

 

トキシック症候群をはじめ、

 

 

 

 

月経トラブルや子宮系の疾患を防ぐためには、

 

 

 

 

まず、今使用しているタンポンや

 

 

 

 

市販の合成素材ナプキンの使用をやめることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

便利だと思って使っていたものに

 

 

 

 

思わぬ大きな落とし穴があること、

 

 

 

 

それが世間ではあまり知られていないという事例が、

 

 

 

 

実は身の回りにたくさんあります。

 

 

 

 

 

 

 

今回の合成素材でできた生理用品による危険性もまだ

 

 

 

 

 

一部の人にしか知られていません。

 

 

 

 

 

 

私からの提案です。

 

 

 

 

 

ケミカルなナプキンを使わなくとも、

 

 

 

 

 

 

他の選択肢があることをまず知ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

オーガニックの布ナプキンや使い捨てのナプキンです。

 

 

ただし、商品によっては、

 

 

 

 

 

「高分子吸収剤の使用を極力抑えた」などという記載が

 

 

 

 

小さくされているものもあるので、注意しながら購入してください。

 

 

 

 

 

 

 

布ナプキンのすすめ>

 

 

ケミカルナプキンから布ナプキンに変えたら

 

 

 

生理の辛い症状が改善されたという話をよく聞きます。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、布ナプキンは市場にたくさんでまわっていて、

 

 

 

 

どれを選んで良いのかわからないことも多いと思います。

 

 

 

 

オーガニックコットン・天然素材」と謳っていても、

 

 

 

 

製造過程で化学薬品を使用していたり、

 

 

 

 

 

可愛らしい柄に染色するために

 

 

 

 

合成着色料が使用されていたりすることも多々ありますので、

 

 

 

 

じっくり見極めて商品を選ぶことが重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてここが最重要ポイント

 

 

 

 

 

 

天然素材の紙ナプキンと布ナプキン、どちらを使用したとしても

 

 

 

 

 

大切なのは清潔を保つこと。

 

 

 

 

 

 

いくら布ナプキンを使っても、

 

 

 

 

経血をつけたまま何時間も放置していては

 

 

 

 

細菌が繁殖する原因になります。

 

 

 

 

 

 

 

もちろんケミカルナプキンよりははるかに安全とはいえど、

 

 

 

 

清潔を保つことは身を守るために必要最低限のことです。

 

 

 

 

 

 

こまめにトイレに行き、清潔な状態を保つこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忙しい現代女性ですが、月に一度の生理期間中くらいは、

 

 

 

 

ゆったりとしたていねいな暮らしを行い、

 

 

 

 

心身ともに健康に過ごしていくことが、

 

 

 

 

自分にとっても子ども達にとっても明るい未来へと繋がります。

 

 

 

 

 

「めんどくさい」「不便」

 

 

 

 

 

そう思う前に1度よく考えてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の健康を損なってまで

 

 

 

急いでやらなければならないことって何ですか?

 

 

 

 

 

子どもの健康を損なってまで

 

 

 

便利に暮らす必要ってありますか?

 

 

 

 

 

合掌お願い

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

食料品はもちろん、

 

 

化粧品や生活消耗品など、

 

 

身の回りの生活用品をオーガニックに!

 

 

 

 

 

オーガニック 先進国オーストラリアの厳しい審査をクリアした

 

 

安心安全なオーガニックの入手方法はこちら!!